もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忙しすぎる外来

一日に339人もの患者さんを診察した医師の記事が
掲載されていました.

 1日339人診察の医師に衛生署が勧告、台湾
 http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2728445/5784691?blog=sonet

台湾で働く整形外科の先生の話だそうです.

台湾は高雄市の私立病院に勤務する整形外科医の話だそうです.

記事よれば昨年1年間に診察した外来患者が6万1366人だったとか.

計算すると一日あたり最大339人を診察し
一人あたりの診察時間が84秒になるそうです.

医師はこんなことを語っているそうです.
「わたしだってこんなに多くの患者を受け入れたくはない.
 ただ、来院した患者を診ないというのは不公平だと思ったまでのことだ」

これだけの患者さんが大挙して外来に来られるほど人気の先生なんですね.

私の外来に来られる患者さんの数は、これほど多くはありませんし
だいたい能力の限界もありますから
沢山の患者さんを診察するのはとても無理です.

ただこの医師の気持ちはよく理解できます.
私も出来るだけ外来に来ていただいた方には時間の許す限り
対応したいと思います.

a0055913_0131865.gif


それでもこんな時には本当に困ってしまいます.体は一つしかないのですから.

・外来診療中に病棟で、受け持ちの患者さんの急変で呼ばれた.

・外来診療中に急性心筋梗塞の患者さんが救急来院され呼ばれた.

・カテーテルの仕事中に、病棟から呼ばれた.救急外来から呼ばれた.

ほんと、どうしたらいいの?と途方にくれてしまいます.

外来で長らく待っていただいている方々には、本当に申し訳ないのですが
やむを得ずに、救急優先、重症の方優先で診療させていただいています.

おそらく日本全国の医師が毎日仕事に追われつつ
こうしたジレンマに悩んでいるのではないでしょうか.

状況が少しでも改善して欲しいと思います.
by yangt3 | 2010-05-22 00:01 | 一般