もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

書を捨てて現場に出よう

「書を捨てよ、町へ出よう」とは、寺山修司氏の有名な著作のタイトルです.

〜平均化された生活なんてくそ食らえ.
 本も捨て、町に飛び出そう〜という
寺山氏の本当に有名なメッセージです.

無限の可能性を秘めながら、まだまだこれからの
発展途上の新人さんや若者たちには、非常に刺激的なアジテーションでしょう.

いつしか中堅、ベテランと呼ばれる世代になって
ふと気がつけば現場は若手に任せて、書類の中に埋もれている
自分に気がつきます.

ふと疲れて外の景色に目をやって「書を捨てよ、町へ出よう」と言う言葉が
自然に思い出されます.

私たちにとっての「町」は現場であって、さらには
今の職場も越えて外のいろいろな所や、いろいろな人たちと多いに
交流して行動しなければならないと思うのです.

随分と文学的な前置きになりましたが
人は行動してこそ身も心も健康になれるのだと思います.

 座っている時間が長いほど寿命が短い
 http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20100729hj000hj

a0055913_1913465.jpg


座って過ごす時間が長いほど平均寿命が短くなることが
新しい研究により示されたそうです.

その原因としては心臓疾患が多かったとのことです.

仕事のために座っている必要があるならば
それは仕方がないことですが、
できるときには外に出て運動するべきであるようです.
by yangt3 | 2010-08-17 19:14 | 一般