もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

外国人医師の制限全廃へ、「へき地」などが自由に

外国人医師の制限全廃へ、「へき地」などが自由に (読売新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/politics/story.html?q=12yomiuri20060212i403&cat=35
Infoseekニュース 2月12日

法務省は、日本の医師国家資格を持つ外国人について、就労年数や活動地域に関する制限をすべて撤廃する方針を固めた。専門技術を持った外国人の受け入れ拡大策の一環で、医師不足を解消する狙いもある。これまで研修として就労を認めていた外国人の歯科医師や看護師については、研修年数を事実上延長する。3月末までに、出入国管理・難民認定法の在留資格に関する法務省令を改正する。現在、医療の在留資格で入国した外国人医師の活動は、〈1〉法相が認めたへき地での診療〈2〉大学卒業後6年以内の大学付属病院などでの研修——に限られている。政府が昨年3月に閣議決定した「規制改革・民間開放推進3か年計画」で外国人医療従事者の受け入れ拡大方針を打ち出したことを受けて、法務省は規制全廃を決めた。これにより、医師国家資格を取得した外国人は、就労年数、活動地域、開業医や勤務医などの就労形態を問わず、活動できるようになる。外国人の歯科医師は現在、大学卒業後6年以内の研修による就労が認められているが、今後は免許取得後6年以内とする。看護師に関しては、「学校卒業後4年以内」を「免許取得後7年以内」に改める。同省によると、医療での在留資格を取得した医師や看護師などの外国人は、2004年は117人。1999年の114人からほとんど変わっていない。
--------------------------
へき地の医師不足は深刻のようです.
法務省も、ついに外国人医師の制限全廃に
踏み切ったようですね.

とはいっても2004年で
医療での資格をもつ医師、看護師合わせて
117名程度とのこと.

これでは、まだまだ 全然足りませんよね.

もっと現実的には、外国人看護師も
免許取得後 7年以内にまで 延長されるとか.

まずは、外国の看護師さんたちが日本の
医療の一端をささえることになりそうです.

医療とか、法曹界のような
大事な部分に
もっと外国人を受け入れることが
国際化に繋がると思います.

可児市では、けっこう外国人(ブラジルの人が多いです)
沢山働いています.

普通に周囲に溶け込んでいます.

病院の中も ケアの人とか
介護の仕事に、ブラジルから出稼ぎにきている
おばさまたちがたまにおられます.

すごく元気です.私も見習わなくては.
by yangt3 | 2006-02-13 07:50 | 一般