もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

待ち時間短縮の取り組み

病院での待ち時間については、以前より問題になっています.
ただでさえ病気のしんどい症状で、病院に来ているのに
病院に来てまで、待ち時間が長くかかるのは
非常につらいことです.
多くの病院では、予約システムを導入し
待ち時間の短縮を図っていますが
実際には、うまく機能していないのが実際です.
会津中央病院で、駅で外来予約を行い、待ち時間の短縮を図る
システムが導入されたそうです.

a0055913_12292653.gif




会津中央病院、駅で外来予約・待ち時間短縮
日経ネット 3月29日 
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006032808820h1

会津中央病院(福島県会津若松市)は、
昨年4月に全国に先駆けて導入した、
JRなどの駅から外来診療を予約するシステムの
利用状況の調査結果をまとめた.
昨年末に利用者145人にアンケートを実施したところ、
8割弱の人の待ち時間が短くなった.
システムはJR会津若松駅など同地域主要5駅に設置した
専用端末を介して外来診療を予約する.
診察券を入れると受付時間を印字した受付票が出る.
病院に着いたら院内の端末に診察券を通し、
到着したことを病院に知らせる仕組み。
 病院への移動時間を待ち時間に充当できるので、
特に遠方からの患者に便利になると期待されていた.
約半数は「待ち時間を30分以上短縮できた」と回答、
30分未満を含めると時間短縮は8割弱に達した.
--------------------------------
多くの病院で予約システムが導入されていますが
実際のところ、うまく稼働しているところは少ないようです.
予約の患者さん以外に、緊急の紹介患者さんや
突然の症状での飛び込みの患者さんの診療にも対応する必要があり
余裕をもった予約にしても
いつしか待ち時間がどんどん延びて行ってしまいます.

国立がんセンター中央病院は、こうした現状から「完全予約」に
切り替えるそうです.
--------------------------------
国立がんセンター中央病院が「完全予約制」導入へ・4月から
日経ネット 3月21日
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006032007312h1

国立がんセンター中央病院(東京・中央)は20日、
初診患者を含めてすべての外来患者に予約を求める
「完全予約制」を4月から導入すると発表した.
予約患者でも待ち時間が最長で8時間に達するほどの混雑を緩和する狙い.
予約患者の完全予約制は一部の私立病院などで
導入するケースはあるが、国立では初めて.
最先端のがん研究や高度な治療を提供する
全国の中核施設として設立された同病院は、
他の医療機関からの紹介患者を中心に治療している.
最近は質の高い医療を求めて紹介のない患者が増加.
外来患者は1999年で1日約800人だったが、2004年には同約1100人に達し、
予約患者の診察が大幅に遅れていた.
------------------------------
最先端の国立病院でさえ、待ち時間の解消には苦労されているようです.
地方の病院や、民間病院では、様々な患者さんのニーズに答える必要があり
待ち時間の解消には、まだまだほど遠い現状です.
待ち時間の解消を期待されて導入される電子カルテシステムも
職員、スタッフが慣れるまでには、かなりの時間を要して
逆に待ち時間が延長していたりします.
待ち時間の解消のためのマンパワーの充実を図るにも限界があります.
小児科、産婦人科医師の不足に看護師の不足.
とても短時間に解決できる問題ではありません.

そういう意味で、会津中央病院の取り組みは
参考にするべき点が多いと思います.

東可児病院でも、患者さんの待ち時間の改善のために
今後、さまざまな取り組みを始めて行きたいと考えています.
その根幹にあるのは、やはりトリアージでなければならないと思います.
緊急を要する患者さんがいち早く必要な治療を受けられる外来であること.

またみなさんのお知恵をお貸しください.
by yangt3 | 2006-03-31 12:30 | 一般