もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

研修医向けの患者ロボット

心肺蘇生の教育のために心肺蘇生人形が広く使われています.
実際の診療、診察を学ぶ為に
症状を答える患者ロボットが作られたとのことです.

a0055913_0223728.gif





答える患者ロボ 世界初 触ると「痛い」 岐阜大チーム開発
YOMIURI ONLINE 2006年5月2日
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/060502_1.htm

a0055913_02423100.jpg


医師の卵に触診の腕を磨いてもらうため、岐阜大大学院医学系研究科が、
頭や腹部を触ると、病気の症状に合わせて
「そこが痛い」などと応答する仮想患者ロボットを開発した。
内蔵センサーで触診個所を感知し、ロボットが様々な受け答えするもので、
同研究科によると世界初だと言う。

ロボットは人肌に近い感触のシリコン製で、頭や胴体に24個のセンサーを内蔵。
入力されている急性胃腸炎や虫垂炎など八つの症状に合わせて、
学生の問診と触診に音声で応答する。

例えば、学生が「おなかが痛いのですか」と聞くと、
「今朝から痛い」などと症状を訴える。虫垂炎の場合なら、
腹部のあちこちを触診するとセンサーが働いて、
虫垂炎と関係ない部位では「痛くありません」と答えるが、
右下腹部を押さえると「そこが痛い」と訴えるという。
今年度の授業から採用され、
学生には「実際の診察を前に自信をつけられる」と好評だ。

開発した高橋優三教授(57)は「センサーの感度を人に近づけるのに苦労した。
さらに改良し、より多くの症状に対応できるようにしたい」と話している。
---------------------------------------
昔Macの古いソフトで
外科医のシュミレーションソフトがありました.
同じく、虫垂炎や胆のう炎の患者をMacのソフト上で
診察、診断し、実際にソフトの上で手術をするというものでした.
その後何度がバージョンアップされて
私の友人のMacユーザーである外科医も、そのソフトを使っていました.

現在では、ニンテンドーDSのソフトに 研修医となって
診療をするというソフトがありますね.

医療は、しっかりとした理論と学問の裏付けが必須ではありますが
その実践においては、いかに現場をこなしていくかが重要です.

さらには、腹部エコーや、CT、MRなどの画像診断の進歩により
患者さんへの問診や、病歴、診察を丁寧に行うという
医学の基本がおろそかにされたり、十分に時間をかけられないという
現実があります.

ハイテク旅客機を安全に運行するために
パイロットは、シュミレーターで、なんども研修を受けます.
スペースシャトルでも、無重力のシュミレーション
シャトルの操縦のシュミレーションを行うわけです.

われわれが研修医のころは、自分が受け持った患者を丹念に診察させていただき
腕を磨いたものでした.

今回、岐阜大学で開発された患者ロボは、
実査の診察をする前のシュミレーションとして
おもしろい試みだと思います.

診察のみでなく、高度になった現場でのさまざまな医療技術や
手術、カテーテルの実際のテクニックなども
こうしたシュミレーション、患者ロボットなどが開発されて
スタッフの教育に利用できるようになればいいと思います.

新人教育、スタッフの技術アップは、東可児病院でも
現在もっとも力をいれているところです.
こうした、新しい試みやニュースに 今後も注目して行きたいと思います.
by yangt3 | 2006-05-03 00:28 | ニュース