もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

黄砂が花粉症や喘息の原因に

毎年この次期は、中国から黄砂が飛来して
車も洗濯物も真っ黒になってしまいます.
この次期は、洗車してもすぐに車が汚れてしまうので
汚れたままで日々の通勤に車を走らせています.

この黄砂が花粉症や気管支ぜん息の原因になるという
記事があります.

a0055913_0561226.gif





黄砂で花粉症が悪化
国立環境研などがマウス実験で確認
中日新聞 
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060430/mng_____sya_____003.shtml

黄砂が肺に入ると花粉症や気管支ぜんそくなどのアレルギー症状が
悪化するというマウス実験結果を、
市瀬孝道大分県立看護科学大教授(環境毒性学)と
国立環境研究所などのグループがまとめた。

黄砂が呼吸器に影響を及ぼすことは指摘されていたが、
黄砂とアレルギーの関連を実験で確かめたのは初という。

市瀬教授らは、マウスの肺に、
アレルギー症状を起こす卵白アルブミン(卵の白身の成分)と
中国・ゴビ砂漠南部で採取した黄砂をカテーテルで注入し実験。
卵白アルブミンだけを入れたマウスと比較した。
黄砂は環境基準値の2−4倍の量とした。

卵白アルブミンだけでも気管支などに炎症が起きたが、
黄砂を入れた場合は炎症はより強かった。肺を洗浄した液体を調べると、
アレルギー性疾患で増える白血球の一つ好酸球は十数倍、
好酸球を増加させる生理活性物質「インターロイキン5」は100倍以上だった。

韓国の黄砂の量は日本の5−10倍とされる。
海外環境協力センターによると、
黄砂があった数日間は呼吸器や循環器の病気で入院した人が
それぞれ8%、4%増えたという韓国の大学の調査結果がある。

市瀬教授は「日本の黄砂は韓国と比べ細かく、肺に入りやすい。
微量でも吸い込むと花粉症やぜんそくなどが悪化する可能性があり、
マスクで防ぐことが必要だ」と指摘している。
--------------------------------------------------
今日も、この黄砂のなか、子供たちと公園に出かけてきましたが
やはりなんだか、のどががらがらした感じがしました.

花粉症や気管支ぜん息の症状があるかたは
この時期 黄砂による症状の増悪があるということを
知っておく必要がありそうです.

黄砂がアレルギーの原因になるということが
はっきりと動物実験で確認されたものであり
今後、こうした研究成果を
アレルギー、花粉症、気管支ぜん息の予防に役立てて行かなければなりません.

個人的な印象では、黄砂は
他の病気の増悪にも一役買っているような感じがします.

喘息だけでなく、循環器の持病のある方も
黄砂の次期は、外出をできるだけ控えるか
マスク着用が必要だと思います.
by yangt3 | 2006-05-04 00:56 | ニュース