もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

血栓吸引カテーテル

急性心筋梗塞は、冠動脈の動脈硬化(プラーク)が
破綻し急速に血栓を形成し
その結果、冠動脈が血栓で閉塞し発症します.

a0055913_0132561.gif


通常の狭心症と違い急性心筋梗塞では
多量の新鮮な血栓が冠動脈病変に存在しており
安全で迅速な治療のためには
冠動脈を閉塞した血栓の処理が必要になります.

今回、ジョンソン・エンド・ジョンソン社から
新たな冠動脈血栓吸引カテーテルが発表されました.

a0055913_0142693.gif





ジョンソン・エンド・ジョンソン社
血栓吸引カテーテル ASPREY

a0055913_0154876.gif


従来の同様の血栓吸引カテーテルより
吸引面積を大きくとり、高い吸引力が得られるようになったとのこと.
さらにワイヤールーメンが従来より長く10cmとなったことで
カテーテルデリバリーが安定しました.
またカテーテルのシャフト部分も従来より強化され
折れにくくプッシャビリティーが強化されているそうです.

a0055913_017162.gif


実際に急性心筋梗塞の患者さんが来院され
緊急心臓カテーテル検査で閉塞した冠動脈が確認されると
すぐに治療となります.
閉塞した病変をガイドワイヤーで通過させたあと
引き続き血栓吸引カテーテルで
冠動脈を閉塞した血栓を吸引します.

血栓を十分に吸引した後
バルーンによる拡張やステント植え込みを行います.
急性心筋梗塞については、
血栓吸引カテーテルで頻回に血栓を吸引するのが
安全に治療を行うコツとなります.

今回発表されたASPREYは、こうした血栓吸引のために
使用するカテーテルです.
従来のものよりさらに性能が向上していることが期待されます.

通常の狭心症においても、バルーンによる拡張や
ステントの植え込みの際に動脈硬化の一部が塞栓となり
末梢の冠動脈に閉塞することもあります.

そのため末梢保護(Distal Protection)と呼ばれる
手技を併用することもあります.

国内でよく使用されているデバイスは
PercuSurgeと呼ばれるシステムです.
以前に、故 古高先生とふたりでこの末梢保護デバイスを精力的に
使用しました.メーカーの販売促進用のCD制作を行った事もあります.

a0055913_0181480.gif


最近このPercuSurgeシステムは、さらに改良され扱いやすくなりましたが
基本的には、かなり熟練した医師でないと扱いが困難です.
古高先生とふたりでこのPercuSurgeを使用した時には、あうんの呼吸で
末梢バルーンの閉塞時間もかなりの短時間で行う事ができていました.

現状では、急性心筋梗塞の治療には
先に紹介した血栓吸引カテーテルでほとんど必要な治療が完了します.
心臓病のカテーテル治療は
このような医療器具の絶え間ない改良や発展に支えられています.

もちろん、技術や知識の進歩に遅れないように
われわれ医療スタッフも、常に努力を怠らないようにしています.
by yangt3 | 2006-05-26 00:18 | ニュース