もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1.4キロの新生児の心臓手術が成功

1.4キロの新生児の心臓手術が無事に
成功したそうです.

---------------共同通信 06.06.20
1・4キロ新生児心臓手術 国内最低体重で成功
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006062001004155

  日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)は20日、
 1378グラムの低体重で生まれ、生後13日目の女児に、
 人工心肺を使って大動脈などをつなぎ換える手術を成功させた
 と発表した。この種の手術では国内で最も低体重での成功という。
 同センターによると、女児は都内の別の病院で4月4日に生まれたが、
 本来とは逆に右心室から大動脈が、左心室から肺動脈が出ている
 「完全大血管転位症」と診断され、同センターに運ばれた。
 同月17日、大動脈などを本来の接続につなぎ換える手術を実施。
 手術は5時間かかり、途中、
 人工心肺を使って心臓を80分止めたという。

a0055913_01408.gif





体重わずか1.4キロのこの子供の心臓手術を成功させるために
どれほど多くのスタッフや医師たちが
努力を傾けた事か.
医療不信がマスコミでさかんに叫ばれていますが
一方で、こうしてしっかりと小さな命を救うために
頑張っている医療スタッフがいるということを
もっともっと知る必要がありますね.

たった一人の命を救うのが
どれほど大変なことか.
沢山のスタッフが懸命の努力を重ねても
それでも救命出来ずに不幸な結果をたどることもあります.

こうした過酷な現場から一歩も逃げずに
立ち向かって努力を続ける人たちがいるということは
本当に勇気をもらえるものです.

先日の新聞記事では、初期研修が終わった研修医たちが
仕事の楽な科を選ぶ傾向があると書かれていました.

私の子供が成人する頃には
日本の医療を取り巻く環境がどうなっているか
大きな心配の種です.

a0055913_061145.gif


医療崩壊が叫ばれる中、立ち去り型サボタージュという
言葉も生まれています.
過酷な医療の現場から、どんどんスタッフが辞めて行ってしまうという
現実もあります.

私自身は、循環器科医師として
まだまだ頑張って行くつもりではあります.

大学病院や、大きな公立病院に比べれば
東可児病院は、まだまだ小さな病院ですが
現場から逃げない、医療から立ち去らないをモットーに
仕事を続けて行きたいと思います.

ニュースになるような新しい治療や、手術とは無縁ですが
自分たちにできることを
確実に地域の医療スタッフとして行っていきたいです.
by yangt3 | 2006-06-21 00:03 | ニュース