もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

友人の久保田脳神経外科クリニック訪問

以前に記事に書いたのですが
管理人の私は、平成17年7月1日にこの東可児病院に
循環器科医として奉職しました.
それまでは、春日井市高蔵寺町の名古屋T会総合病院で
努めていました.
久保田脳神経外科の院長である久保田先生は
その前の職場での同僚でありました.
久保田先生は、先に平成17年5月より
久保田脳神経外科クリニックを
春日井市大留町(高蔵寺のすぐそばです!)に開業されました.

以来、久保田先生と親しくさせていただいております.
今回、久保田脳神経外科クリニックでも平成18年9月完成にむけて
新館の工事が進められています.

先日、完成間近のその新館を訪問してきました.

a0055913_2343449.gif





いろいろな開業医の先生方の診療所を
訪問させて頂いていますが
やはり院長先生の人柄がその建物に
現れるように思います.
医療への熱意というふうに言い換えても良いかもしれません.

久保田脳神経外科クリニックの新館は
その素晴らしい外観だけでなく
新館の内装も、久保田院長やスタッフの様々な思いが
こめられているように感じました.

脳神経外科クリニックですのでCTも最新のものが導入されています.

a0055913_23435299.gif


もちろん、医療画像配信のためのPACSも装備しています.
さらには、クリニックでありながら
大病院にもひけをとらない最新の電子カルテシステムが
導入されています.
電子カルテシステムについては、東可児病院も
今後導入を検討しており、ぜひ参考にさせていただきたいと思います.

脳卒中の患者さんのためのリハビリ設備も
非常に完備されています.
リハビリ室もデイケア室も明るい雰囲気で
中にいるだけで気持ちも明るくなり元気になりそうです.

a0055913_23474391.gif


久保田脳神経外科クリニックでは、新館オープンに伴い
有床診療所となるため入院病棟も作られる事になります.
入院の病室も、同じように明るく広い作りとなっています.
窓も大きくとってあり、ベッドに横になっていても
明るい光を浴びる事が出来ます.
ベッドサイドには、モニターが設置されており
患者さんが好きな角度でテレビが見られるように工夫されています.
もちろん、このモニターは、最新の電子カルテも使用できるように
なっています.

a0055913_23445827.gif


久保田脳神経外科クリニックには、久保田院長だけでなく
何人もの友人や元同僚がスタッフとして
明るく元気に働いています.
今後もできるだけ応援して行きたいと思っています.

こちらが久保田脳神経外科クリニックのホームページです.
http://www.kubota-bc.jp/kbc/top.htm

a0055913_23452738.gif


きたる平成18年9月2日(土)、9月3日(日)の2日間
久保田脳神経外科クリニックでは
新館の内覧会が開催される予定です.
私もこの内覧会に出席して医療講演などで
お手伝いする予定です.
もし興味のある方は、ホームページをご覧いただき
お気軽にご参加ください.

余談ですが、久保田先生や私を含めて
数多くの医療スタッフが、なぜ以前の名古屋T会総合病院を
やめることになったのか.
この話も詳しく書きますと
ちょっとしたノンフィクションとして興味深い読み物になると
思います.
またそのうち、気が向いたら記事にするかもしれません.
by yangt3 | 2006-08-18 23:45 | ニュース