もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

AEDで生徒の命を救った高校の先生

AEDの設置が全国的に進んでいます.
学校への設置も進められています.

徳島県内の高校で、生徒が突然
心肺停止となり
駆けつけた高校の先生が心肺蘇生と
AED使用にて 無事に救命したそうです.

突然の心室細動で心肺停止となった場合
身近にいる人が1秒でも早く
心肺蘇生を始める事が非常に大切です.
そして適切、迅速なAEDの使用が
救命率はさらに高まると思います.

a0055913_0114978.gif





---------------徳島新聞 2006.09.04
AEDで生徒の命救う 県内の高校、一般人の使用で初
http://www.topics.or.jp/News/news2006090406.html

 徳島県内の高校で二〇〇五年十一月、生徒が突然、
 心肺停止状態に陥ったものの、校内に設置された
 自動体外式除細動器(AED)による
 心臓への電気ショックや教職員らの心肺蘇生措置で
 一命を取りとめていたことが分かった。

 医師や救急隊員ら医療関係者以外の一般の人が
 AEDで救命したのは県内で初めて。
 同校では同年四月、スポーツ部の活動中に倒れた生徒が、
 駆けつけた救急隊員によるAED使用で助かった。
 半年余りで相次いだ二件の不測の事態。
 一例目を契機にした教職員の危機意識の高さが、
 二例目の救命につながった。

 〇五年十一月のケースは、休み時間中に教室で
 同級生と会話していた生徒が、床に置いていた
 荷物を取ろうと姿勢をかがめたときに様子が急変した。
 駆けつけた養護教諭は、生徒が
 心肺停止状態になっていることを確認して蘇生法を施した。
 同時に、教頭がAEDが有効な状態と判断。
 体育教官室に置いてあったAEDが生徒のもとに届けられ、
 養護教諭がAEDの電極パッドを生徒に装着して
 スイッチを入れた。

 AED使用と同時に生徒から、うめき声が漏れた。
 通報で到着した救急隊員が心肺蘇生を続け、
 生徒は病院に搬送される途中で息を吹き返した。
 意識はなく予断を許さなかったが、治療の結果、
 生徒の命は救われた。

 同校の高い危機意識の背景には〇五年四月の経験があった。

 このときは、体育館で部活動中の生徒が突然倒れた。
 治療した医師らによると、胸への衝撃か何かで、
 生徒は心臓がけいれんする心室細動状態になったとみられる。

 体育館にいた部活指導の教員二人が協力して心肺蘇生を行った。
 まだ同校にAEDはなく、教諭は心臓マッサージや人工呼吸を
 繰り返し、到着した救急隊によるAED使用で
 生徒は息を吹き返した。

 二人の生徒は、これまでに大きな病気になったことがなかった。
 二人は倒れてから三十五−五十日後に退院し、
 元気に学校生活に復帰している。

 AEDは〇四年七月、医療従事者だけでなく、
 一般市民にも使用が解禁された。〇五年四月のケースで
 AEDの必要性を痛感した同校は同六月に一台を独自に購入。
 今年一月には、県教委の予算でさらにもう一台が設置された。
 設置後は、教職員や保護者を対象に使用法の講習も行っている。

 首から提げる名札ケースに緊急時の対応方法を記したメモを
 入れている同校の校長は
 「預かった生徒の生命の安全を考えるのが学校の使命。
 高い意識を持ち続けることが大切だ」と話している。

 徳島大学大学院(救急集中治療医学)の福田靖講師は
 「身近にいる人、救急隊、病院のすべてが
 救命の連鎖となった理想的なケース。
 誰かが倒れたとき一秒でも早く蘇生を始めることが大切で、
 心臓マッサージだけでも意義深いが、
 AEDがあれば救命率はより高まる。AED設置の拡大と、
 使用方法の普及に社会全体で取り組む必要がある」
 と指摘している。
---------------------------------------------------------------------------------
以前の記事で心臓震盪という病気を紹介しました.
↓↓
心臓振盪とAED
http://tomochans.exblog.jp/3193429/

心臓振とうは胸への衝撃で心筋が小刻みにけいれんする
心室細動を起こし心停止に至るものです.
骨が軟らかい子どもに多くみられ、症例が
100件を超す米国では下手投げの球が
グローブをはねて当たっただけで発症した例もあるそうです.

基本的な病態は、結局 心室細動であり
胸部への衝撃で心臓震盪を通じて
心室細動を起こすことを知っていれば
あとはいかに早く AEDによる処置を行えるかどうかです.

このように学校では、胸部、心臓への打撲、衝撃によって
子供さんが心臓振盪、心室細動を起こすことがあります.
教育現場への AEDの設置は、急務だと思われます.

さらにいえば、子供の運動やスポーツの場にも
AED設置と周囲の大人の心肺蘇生への理解と実習が必要です.

今回、先生が生徒を救命したこの徳島の高校では
AEDの必要性、重要性を痛感して独自の判断で1台目を購入
したそうです.
こうした生徒の命の安全を第一に考えるという
校長や先生の熱意が大切なことで、本当に頭がさがります.

私も仕事だけでなく
地域や家族の一員として
身近な人を守る為に、一人ひとりが
AEDを使いこなせるように、と思います.

いまさらAEDのこと聞けないと言う人は
ビデオでAEDを用いた心肺蘇生の説明ビデオを紹介します.
↓↓
大阪ライフサポート協会
http://www18.ocn.ne.jp/~osakalsa/

このページでSAMPLE MOVIEとして
AEDを用いた心肺蘇生の方法が配付されています.
Windows用もMac用も配付されています.

a0055913_0122358.gif


ぜひ一度ご覧になって、勉強しましょう.
忙しくてなかなか講習に参加できない
病院スタッフの人たちは、必見です.

もしダウンロードがうまくいかない、ビデオがうまく
みることが出来ない時は、私のほうまで
いちど相談してください.

a0055913_0123573.gif


以前にも紹介したのですが
くるみさんのブログ
AEDで子供を救おう
http://loveaed.blog31.fc2.com/blog-entry-84.html

も関連する記事がたくさんあります.
ぜひ訪問してみてください.
by yangt3 | 2006-09-05 00:13 | ニュース