もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

そろそろ風邪の予防を

そろそろインフルエンザの予防注射が始まりました.
地域の病院、クリニックでも
インフルエンザの予約が始まっています.

東可児病院でも定期的に通院されている
患者さんの皆さんに インフルエンザワクチンの予約
および接種を開始しています.

風邪の予防は、高齢者の方々だけの問題でなく
家族、地域みんなで気をつけていかないといけません.

風邪ウイルスの部屋の中での付着と感染予防について
研究成果が発表されたので紹介いたします.

a0055913_04881.gif





-------------CNN.co.jp 2006.10.08
風邪ウイルスの付着、ホテル客室で実験 米研究
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200610080005.html

 サンフランシスコ(AP) 風邪をひいたホテル宿泊客の
 ウイルスは、テレビのリモコンや照明のスイッチなど
 客室内の至る所に付着し、数日後まで感染源となり得る——。
 米医師らによる研究で、こんな実験結果が報告された。

 研究を実施したのは、耳鼻咽喉科専門医の
 バージット・ウィンサー博士ら。このほど開かれた
 米微生物学会で成果を発表し、「ホテルだけでなく、
 家族が風邪をひいた時の感染予防にも役立つはず」と強調した。

 研究チームは、軽い風邪の代表的な原因とされる
 ライノウイルスに注目。感染が確認された患者15人に、
 最寄りのホテルで一晩を過ごしてもらい、退室後、
 それぞれの患者が「触れた」と申告した備品など
 10点をチェックした。ウイルスの付着が確認されたのは、
 ドアの取っ手(14件中7件)、ペン(14件中6件)、
 照明スイッチ(15件中6件)、テレビのリモコン(同)、
 水道の蛇口(同)、電話機(15件中5件)など。
 一方、水洗トイレのハンドルでウイルスが検出されたのは、
 10件中1件にとどまった。
 また、ウイルスは布に付着すると乾燥して活動が弱まるため、
 ベッドカバーなどの布製品は対象外とした。
 ウィンサー博士はこの結果について、
 「ウイルスは予想を上回る率で残っていた。
 放置すれば4日間以上存続するはずだ」と話している。
 (後略)
a0055913_045051.jpg

------------------------------------------------------

この研究を参考にしてホテルに泊まる時はもちろん
家庭でもドア、ペン、証明スイッチ、テレビのリモコン、水道の蛇口
電話機などなど、ウイルスが残存していると
思われる部分の消毒、そして基本の手洗い、うがいを
徹底して、インフルエンザを予防しましょう.

外国ではインフルエンザは始まっているようです.
----------------nikkansports.com 2006.10.06
高原インフルエンザでダウン
http://www.nikkansports.com/soccer/world/p-sc-tp3-20061006-99939.html

 フランクフルトFW高原直泰(27)がダウンした。
 インフルエンザから腹痛を訴え4、5日と連続で練習を休んだ。
 広報担当は「2日ぐらい安静にしていれば大丈夫だろう」と
 病状を説明した。チームは高原をはじめ病気や故障、
 代表招集などで主力の大半がおらず、6日に予定していた
 2部カールスルーエとの練習試合は中止になった。(西村友通信員)
-------------------------------------------------------
a0055913_052043.gif


これはあくまで外国の話ですね.
日本のインフルエンザの流行の状況やインフルエンザの
情報は、下記のホームページからみることができます.

国立感染症研究所
感染症情報センター IDSC
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/

ちなみにインフルエンザに関する日本医師会の
Q&Aが公開されています.

インフルエンザ Q& A
http://www.med.or.jp/influenza/inqa17.html

インフルエンザの外国での流行状況についてみると、
 インフルエンザは世界中で流行しており、
 温帯地方では冬に(南半球では7〜8月)流行が見られます.
 熱帯・亜熱帯地方では国や地域により様々で、
 年間を通じて低レベルの発生がみられる地域や、
 複数の流行をみる地域もあります.
 流行株は地域によって若干の差はありますが、
 大きな差はありません。世界の流行状況は、
 WHOが発行しているホームページ
 http://rhone.b3e.jussieu.fr/flunet/www/
 などで知ることができます.

備えあれば憂いなし、早めの予防、病院受診が確実です.
冬場は、インフルエンザだけでなく、
脳血管障害、心臓疾患なども増加する季節でもあります.
風邪にかぎらず、体の調子が悪い場合は
早めに医療機関を受診し
医師と相談しましょう.

a0055913_05468.gif

by yangt3 | 2006-10-12 00:05 | 一般