もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

悠久な銀河の果てに

地球から6200万光年も離れた
はるかな宇宙の果てで2つの銀河の合体が
ハップル宇宙望遠鏡で捉えられたそうです.

私たちのこの地球の上で絶える事のない
国と国との争いや、人と人との争い
そして悲しい出来事.

時が流れて、歴史が繰り返しても
人間の営みは、なんら変わる事はないのかもしれません.

正しい事がいつも正しく
良い事がいつも良い、そんな人間の営みこそ
貴重なものではないでしょうか.

a0055913_042291.gif





--------------asahi.com 2006.10.18
合体する「触角銀河」、ハッブル望遠鏡がとらえる
http://www.asahi.com/science/news/TKY200610180121.html
 
 米航空宇宙局(NASA)は17日、
 ハッブル宇宙望遠鏡でとらえた「触角銀河」の
 鮮明な画像を公開した。二つの銀河が合体して、
 長めに伸びたように見える部分を、
 虫の触角にたとえている。
 銀河の内部ではいまも数多くの星団が誕生しているという。

 触角銀河は、地球から約6200万光年離れた
 場所にある。NASAによると、2億〜3億年前に
 合体を始め、銀河が合体する際に何が起こるのかを
 知る手がかりを与えてくれているという。

 我々の太陽系がある天の川銀河も、数10億年後には
 隣のアンドロメダ銀河と衝突し、合体すると考えられている。
-------------------------------------------------------------

a0055913_05931.gif


悠久の宇宙の営みに比べれば
私たちの日々の暮らしは、なんと小さなものでしょうか.

これから吸う10億年の先に、我が銀河が
隣のアンドロメダ銀河と衝突するといっても
私にとっては、人間の寿命を遥かに越えたことで
想像もできないことです.

悠久の平和、恒久平和というものを
切に願うものではありますが
銀河の営みに比べれば、ささやかで短いこの命.

せめて自分たちの子供の世代に
この先の何十年、次の世代までの平和を
維持できるように.
自分の出来る事で微力を尽くしたいと思います.

医療という仕事を選んだ以上
自分の仕事で少しでも役に立てるように
頑張りたいと思います.

時に仕事に疲れたり、嫌な事が合った時には、
遥か離れた銀河に思いを馳せる事も
慰めになるかも知れません.

惜しまれて亡くなられた方々の住まう
天上界(ヴァルハラ)を重ね合わせて
また闘う勇気が湧いてきそうな気がします.

a0055913_055138.gif

by yangt3 | 2006-10-22 00:06 | 一般