もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

交通事故の主婦が放置され死亡

研修医のころは
内科、外科関係なく、当直の夜は
全ての患者を診療します.
内科系の研修医にとっては
外科、整形外科の急患は、ちょっと
どきどきします.

古い話で恐縮ですが昔
1993年1月から3月24日まで
織田裕二の主演で「振り返れば奴がいる」という
病院を舞台としたドラマが放送されました.
(ご存知、三谷 幸喜さんの脚本です)

織田裕二の他に石黒賢、加賀丈史、千堂あきほ
松下由樹、西村雅彦、中村あずさ、佐藤B作など
壮そうたるスタッフが名を連ね
ここだけの話、病院関係者も、けっこう
見ていました.

主題歌のYAH YAH YAHをチャゲ&飛鳥が
担当していることも話題の一つでした.

a0055913_8501085.gif





その第5話では、ガス爆発事故で、現場から
次々と患者が運ばれてくる場面があります.
石黒賢扮する石川がトリアージを行い
2人の重症の患者のオペに入ります.

その手術の間に比較的軽症と思われた
患者が、突然倒れます.
すぐにCTスキャンで再検査を行ったところ
重症の骨盤骨折でした.
そこはドラマの設定のことですから
緊急手術となりますが
(通常は骨盤骨折の出血に対しては
カテーテルによる動脈塞栓療法が施行されます)
織田裕二扮する司馬の
奮闘もむなしく、患者さんの心臓が止まってしまいます.

骨盤骨折については、外科系のオーベンから
日頃、骨盤出血について厳しく指導されていましたが
こんなドラマをみて、気をつけようと思ったりしました.

余談ですが、その後、骨盤骨折のカテーテルによる
動脈塞栓療法ができるようになり
骨盤骨折に伴う骨盤出血に対してのみ
手術が行われる頻度は減少しています.

前書きが長かったのですが
改めて骨盤骨折の怖さを思い知らされるような
事件がありました.
(もちろん怖いのは、骨盤骨折だけではないのは
いうまでもありませんが)

--------iZa (報知新聞社) 2006.10.30
交通事故の主婦が放置され死亡 救急搬送拒んだが…
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/25422/

 大阪府枚方市の主婦(58)が同市内で
 交通事故に遭いながら、救急搬送を拒否し、
 約8時間後に自宅で死亡していたことがわかった.
 
 主婦を車ではねた同府交野市の女性店員(28)は
 主婦を自宅に送った後、110番通報したが、
 枚方署は事故の状況から緊急性はないと判断、
 主婦と接触していなかった.
 調べでは、主婦は26日午前8時ごろ、
 店員の乗用車にはねられた。主婦が
 「警察と消防には連絡しないで」と強く拒んだため
 店員は主婦を自宅に送り、同署に届け出た.
 ところが同日午後7時半ごろ、主婦の夫(58)が
 帰宅し、主婦が死亡しているのを発見.
 司法解剖の結果、事故が原因の骨盤骨折による
 出血性ショックのため、事故の約8時間後に
 死亡していたことが判明した.
--------------------------------------------------------
a0055913_8511323.gif


あたらめて骨盤骨折の怖さを
思い知らされるニュースです.
(この事態にいたった過程と経過も
恐怖ではあると思いますが)

亡くなられた方のご冥福を
心よりお祈りしています.

一般向けの骨盤骨折については
次のページに簡単な記事が載っています.

 骨盤骨折 goo ヘルスケア
 http://health.goo.ne.jp/medical/search/10580100.html

研修医、医療スタッフ向けには
次のページが役に立ちそうです.
 
 Primary-care Trauma Life Support 医学の歩き方
 http://pearls.medu.jp/cont/ptls.html

a0055913_8514920.gif


ご存知 nozakoji先生の 「救急医療って難しい...。」にも
骨盤骨折に関する記事があります.

 救急医療って難しい...。
 本当に足の外傷だけなのか?「全身観察」の重要性を改めて感じた症例
 http://nozakoji.exblog.jp/3624135/

nozakoji先生の詳細な記事と写真を見てもらえば
整形外科、救急医でもない循環器医が
なにもつけたすことはありません.
ぜひご覧下さい.

内科、外科を問わず、その時の症状の有無に
関わらず、常に全身を見るということを
決して、忘れてはならないということですね.

私もnozakoji 先生の記事を、これから勉強したいと思います.

a0055913_8522156.gif

by yangt3 | 2006-10-31 08:52 | ニュース