もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

医療もゲームで学習?

シリアスゲームという言葉を
ご存知でしょうか.

ビデオゲームを「遊び」以外にも
活用するのがシリアスゲームです.

日本では、まだまだゲームは
子供の遊びという感覚が強いですが
外国では、こうした遊びや
エンターテイメント用途以外にも
広く用いられる事が増えてきています.

具体的には、医学や医療などの専門分野での
教育に、ゲーム技術(ビデオシミュレーション)を
応用していこうということです.

a0055913_0151043.gif





--------------iza! 報知新聞 2006.11.03
ゲームで学習が当たり前に?医療、軍事…米で広がる利用範囲
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/26085/

a0055913_016414.gif


 学習したり、医療・軍事などの技術を習得したり
 するためのビデオゲーム「シリアスゲーム」の
 展示会が業界とビジネス、学術関係者ら500人が
 参加して、バージニア州アーリントンで開かれた.
 業界には、ビデオゲームを娯楽以外に浸透させ、
 市場を広げようとの思惑がある.
 
 「ヒューマンシム/パルス/ネットストライク」
 は医師や看護師、救急救命士、兵士らが、
 緊急手当ての技術をビデオゲームでシミュレートし
 磨き直すためのもの.
 「リディストリクティング・ゲーム」は選挙区を
 仕切り直して、その影響をみるというものだ.
 また、「バーチャル・アストロノート」では、
 32人のプレーヤーが協力して、宇宙での任務を果たす.

 展示会を主催したシリアスゲームズ・イニシアチブの
 ベン・ソーヤーさんは「科学を本で学んで退屈であっても、
 科学のゲームをすれば楽しいものだ」という.
 マサチューセッツ工科大のヘンリー・ジェンキンズさんは
 「ゲームは驚くほど人をやる気にさせる」と話す.
 ビデオゲームの進化は著しいが、開発のための費用も
 かかっており、業界としては、家庭などで楽しんで
 もらうだけでなく、政府や企業などを顧客に教室用、
 職場用としての需要を勝ちとりたいところだ.

 現在、100億ドル(約1兆1500億円)の
 ビデオゲーム業界でシリアスゲームの占める割合は
 わずかだが、ソーヤーさんは「すぐに1割に届く」という.
 ブレーク・アウェー・ゲームズ社の創設者
 ダグ・ワトリーさんは、シリアスゲームがいずれ、
 従来のエンターテイメント系を逆転するとみている.
---------------------------------------------------------------------------

シリアスゲームは、これまでも個別分野において
シミュレーションや訓練などに利用されていました.
例えば、フライトシミュレーター、
宇宙船のシミュレーター、運転シミュレーターなどです.
医療用シミュレーションや、教育用シミュレーション、
それから軍事用シミュレーションもあります.

こうしたシミュレーションに利用されていた
ゲーム技術を、ひとつのまとまった分野の
技術として扱って研究していこうというのが
このシリアスゲーム分野です.

さまざまなノウハウの共有や人的交流を図り
研究を進めて行こうということです.

教育的な面からのバックグランドとしては

1:現実には危険、高コストな環境を低コストで再現できる
(例:フライトシミュレータ、医療実習用シミュレータなど)

2:学習者を引きつける効果がある
(例:内装などで変わる導線が反映される
レストラン経営シミュレーション
「レストランエンパイアなど」)

3:従来の教育手法では教育しにくかったことを教育できる
(例:大学経営シミュレーション「Virtual-U」など)

などの3点があげられます.

(ITmedia ニュース 2004.12.20
 米国で研究進む「シリアスゲーム」、
 応用範囲広がる——東大ゲーム研究プロジェクト
 http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/
 0412/20/news011.html より引用)

a0055913_0164592.gif


こと医学教育の面で、現役医師として
このシリアスゲーム分野について考えてみましょう.

まず医学部に入ると、解剖学、生理学、生化学、病理学
公衆衛生などの基礎医学の勉強が始まります.
これは例えば、世界史などの勉強と同じでして
解剖学の講義などは、臨床的な感覚もまだあまりない
新入りの医学部学生にとって
無味無乾燥な知識の羅列でしかありませんでした.

受験勉強に秀でたただの学生が
初めて医学部に入った事を感じるのが
解剖実習であり、医学の発展のために献体をされた方々の
解剖をさせていただいた時です.

実際の人体を解剖するに当たっては、解剖アトラス
(地図のようなもの)や図譜が参考にはなりますが
個々のバリエーションがあるということや
死亡されたあとの変化なども加わって
なかなか教科書通りには行かないという事を
学ぶわけです.

実際の人体に接する事で医師としての心構えもでき
臨床的な知識というものが
どういうものであるかも学ぶ事になります.

同様にして、病理解剖や法医解剖などでも
知識の意味を学ぶことができます.

余談ですが、実際の患者さんから離れて
ベッドサイドではなく、講義室で習った
医学知識は、今では、ほとんど消えてしまっています.
今、知識として残っているのは
医師免許をとり、実際の病を治療する場に
入って、患者さんと共に悩みながら
身に付けたものばかりです.

この記事にあるように
シリアスゲーム、シミュレーションの技術を用いれば
特に最近のビデオ、ゲーム技術、IT技術の発展を考えれば
昔の遊びのゲームではなく、十分に、
医師の教育に使用できる質の高い
教育ゲームが可能だと思います.

こちらの未熟さや処置のまずさで
患者さんを危険にさらすことなく
まずシミュレーションでしっかりと自分を
鍛える事ができます.
もちろん、入学時や入職時の
医師の適性を判断することにも
有用かもしれません.
(教習所の運転適性よりは
スマートなものが出来るのではないでしょうか)

昔Macを使い始めたころ、
Life and Deathという白黒の
医学シミュレーションゲームがありました.
外科医や脳外科医となって
患者さんを診察し、実際に手術を行うという
ゲームでした.
今のようなビデオやゲーム技術もなく
シミュレーションとしては、まだまだ
初期のものでしたが、十分に
医学の心は伝わったものでした.
失敗すれば、当然患者さんは
不幸な転機をとり
上司である外科部長に叱られてしまうのです.

救命救急、外傷治療、心肺蘇生などの
教育にもこうしたシリアスゲームを積極的に
取り入れる事で大きな成果が
あげられると思います.

ゲームのレベルを調整して
子供たちにもわかるようにすれば
小中学校の子供たちのゲーム世代にも
よりおもしろく興味がもてるように
シリアスゲームを通じて
心肺蘇生や医療の教育が行えるのでは
ないでしょうか.

これからの発展を期待しています.

a0055913_017374.gif

by yangt3 | 2006-11-07 00:18 | ニュース