もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Macとプレステーション3で医学研究を

2006年11月11日(土曜日)に
以前から話題のプレステーション3が発売
されました.
各地で長蛇の列となり、ほとんどの店で
完売したそうです.

-----------NIKKEI NET 2006. 11.11
新型ゲーム機「プレイステーション3」が発売・即完売
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/
hot.cfm?id=d1d1100811&date=20061111

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の
 新型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」が
 11日午前、発売された。家電量販店などでは若者を中心に
 長蛇の列ができたが、中核部品の生産遅れで
 出荷台数が少なく、ほとんどの店舗ですぐに完売した.
 
a0055913_023994.gif


この話題のプレステーション3で
医学研究に参加するプロジェクトがあるそうです.

a0055913_03513.gif





----------Engadget japanese
プレイステーション3がFolding@homeに参加
http://japanese.engadget.com/2006/08/23/
ps3-folding-at-home/

 スタンフォード大学とソニーの発表によると、
 タンパク質を解析して科学に貢献する
 分散コンピューティングプロジェクト
 Folding @ home にプレイステーション3が
 対応・参加することが明らかになりました.

 Folding @ homeは宇宙人を捜すSETI @ homeと
 並ぶ世界最大の分散コンピューティングプロジェクトの
 ひとつで、アルツハイマー病・狂牛病・がんなどの
 解明に貢献するためさまざまなプラットフォームを
 通じた「演算ボランティア」が参加しています.
 今回発表されたCure @ PS3ではCellプロセッサの
 パワーを活かして一台で100ギガFLOPS、
 1万台でペタFLOPスケールのパフォーマンス達成を
 見込んでいるとのこと.
 (後略)

a0055913_03388.gif

-------------------------------------------------------
「Folding@home」は、インターネット上に接続された
コンピュータの空いている演算パワーを利用し、
さまざまな大量な処理を行う事で
医療研究や科学研究に役立てようというソフトウエア
だそうです.

このように、インターネットに接続された
コンピュータの力を結集し、大量の処理を分散、
処理を効率化することを
「分散コンピューティング
(グリッドコンピューティング)」と
呼ぶそうです.1台のコンピューターでは、困難なことも
沢山のコンピューターパワーを集める事で
複雑な処理をするのが可能になるそうです.

この11月11日に発売された「プレイステーション3」も
ネットワークに接続することを前提に作られた
いわば「コンピュータ」というわけです.
その性能は、単なるゲーム機の範疇を越えていると思います.
価格もゲーム機としては高すぎます(笑)

ちなみにこちらがホームページです.

 Folding@home
 http://folding.stanford.edu/japanese/

a0055913_04730.gif


このページによるとFolding@homeの最終目標は
タンパク質の折り畳み、異常折り畳み及び関連の疾病の理解
ということです.

Folding@Home は世界中の人々が世界でも最大級の
スーパーコンピュータを形成するために集合するために、
ソフトウエアをダウンロードして実行する、
分散コンピューティングプロジェクトであり、
全てのコンピューターが私たちの最終目標へと
近付けてくれているとしています.

アルツハイマー病、狂牛病(BSE)、 CJD、 ALS、
ハンチントン病、パーキンソン病及び多くの癌と
癌に関連する症候群などを研究しているそうです.

医療に携わり、自分のPCを所有している人であれば
参加するべきかもしれませんね.

記事にあるようにプレステーションだけが
対象になるわけでなく
ほぼ全てのパーソナルコンピューターで
このプロジェクトに参加可能です.

Windows用もLinux用もあります.
もちろんMac用もあります.(OS X 対応です!)

実は、もう一つの同じような試みである
SETIプロジェクトには参加していました.
これは地球外生命探査計画というもので
宇宙から降り注ぐ宇宙線をMacで解析して
地球外の生命について探索しようとするプロジェクトでした.

一頃、私の医局でMacを持っている先生は
みんなこのSETIのスクリーンセーバーを
走らせていました.
その後、新たな発見があったという話は聞いていないので
残念ですが....

そういうことでMacを所有する医学徒として
このFolding@home プロジェクトに参加することに
なりました.
さっそく我がMacのスクリーンセーバーとして
組み込んだのがこれです.

a0055913_04332.gif


余談ですが、Macで
宇宙生命探索の研究もできるし、
たんぱく質の研究を通じて医学に貢献できるということは
これからMacを購入しようとされる
皆さんには、奥様への言い訳になるのでは
ないでしょうか(笑)
by yangt3 | 2006-11-13 00:04 | ニュース