もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

話を聞くのも医療スタッフの大事な仕事ですね.

12月に入り、病院の中も患者さんがあふれ
また胃腸かぜも流行りだして、毎日たいへんです.

外来や病棟、検査、治療などの
日々の業務に追われ、なかなか一人一人の患者さんたちと
じっくり腰をすえてお話をする時間が
とれなくて本当に申し訳なく思っています.

もちろん治療や手術が必要な患者さんたちに
早く、確実で安全な処置、治療を施すことが
医療スタッフの一番の使命ではあると思います.

ただそれだけでは、片手落ちです.

医療スタッフは、病気を治すのではなくて
病気に苦しんでいる一人一人の人間を
支えていくからです.

忙しいからこそ、話をきちんと聞かなければいけないですね.

a0055913_17103720.jpg





------------SANSPO.COM 2006.12.13
「傾聴ボランティア」が高齢者の支えに
http://www.sanspo.com/tohoku/top/th200612/th2006121306.html
 
 普段話す機会が少ない高齢者に話すことで
 元気になってもらおうと、専門のトレーニングを
 受けた聴き手が無償で自宅や施設を訪問する
 「傾聴ボランティア」が広がっている。
 聴き手も高齢者が多く、
 地域の支え合い活動としても注目される。

 米国には約30年前に始まった
 シニア・ピア・カウンセリングという
 ボランティア活動がある。 
 カウンセリングを学んだ高齢者が、
 同世代の高齢者の不安や悩みの相談に乗るもので、
 同じような社会、歴史体験を共有できるため、
 理解し合いやすいということが特長になっている。

 この活動の理念とプログラムを、
 特定非営利活動法人(NPO法人)の
 ホールファミリーケア協会(東京都千代田区)が導入し、
 1999年に傾聴ボランティアの養成講座を始めた。

 協会の鈴木絹英理事長は
 「話し相手がほしい高齢者の心の介護をしたかった。
 元気なお年寄りには、知識や経験を社会のために
 役立てて喜びを感じてもらえれば、
 高齢者の相互支援にもなる」と話す。

 傾聴の対象者は、好きなことをゆっくり話したくても、
 死別や子供の独立などさまざまな事情から
 相手がいない人たちで、自宅や施設、病院で
 生活している高齢者が大半だ。

 ボランティアは主に中高齢者で、女性が7−8割。
 子育てに区切りがついた女性や定年退職前後の男性が、
 生きがいのある活動をしたいと携わるケースが目立つ。

 1回の傾聴は30分から1時間。初めはスポーツや
 世間話などの話題から入るが、数カ月たつと
 辛いことや自分の人生など内面に関する話が増えてくるという。
 鈴木理事長はこう考えている。
 「ほとんどの高齢者は話を聴いてもらいたいという
 願望を持っており、特に、自分が輝いていたころのことを
 話すと自信を取り戻す。ひとりの人間として
 しっかりと生きてきたことを認めてほしいのです」

 ボランティアが気を付けなければならないのは
 (1)話に口を挟まない
 (2)話をありのままに受け止め否定や反論をしない
 (3)解決策や助言を与えない−など。

 認知症や失語症、難聴の高齢者でも、
 背中をさするなど言葉を介しないコミュニケーションや
 筆談で対応することもある。これまでに、明るくなった、
 精神的に落ち着く、うつ症状が軽くなったといった
 声が寄せられている。

 協会の養成講座は定期のほか、地方自治体の依頼で
 開くことも多い。話し手と聴き手を役割分担して
 訓練する実技が中心で、これまで全国で約5000人が受講した。

協会は電話03・5297・7108(月−金の午前9時から午後6時)。
------------------------------------------------------------------
話を聞くということを
明日からでも、私たちも実践していきたいものです.

医療スタッフ、特に救急に関連する部門で働くスタッフは
日々、生死のはざまで仕事に追われ
さまざまなストレスにさらされています.

重症患者さんの治療、看護におわれ、不幸な結果となっても
悲しみや喪の仕事に費やす時間は、ほとんどなく
追われるように、次の仕事が待っています.

逆に、仕事から仕事に自分を追い込むことで
自分の心の弱い部分にフタをしてしまうというような
体を動かして、自分をごまかすというような
そんな気がします.

何も口をはさまず、ただひたすら
人の話を聞くということは、実は
自分自身としっかり向き合うということなのかもしれません.

忙しいからこそ
救急や、仕事に追われるからこそ
一人一人の患者さん、仲間たちの話をじっくりと
聞いていきましょう.

東可児病院でも、こうした傾聴ボランティア活動が
始められたら、とてもすてきなことですね.

a0055913_17105730.jpg

by yangt3 | 2006-12-14 00:43 | 一般