もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

病院はコンビニなんでしょうかー病院に何を期待するか?

病院は、朝夕に外来診療を行っています.
こうした定期の外来には、高血圧、高脂血症や
糖尿病、狭心症などなど慢性疾患の患者さんが多く
いつも混み合っています.

たしかに会社勤めの方や学校に通っている方には
病院というところは、時間的な制約もあり
なかなか行きにくい所だと思います.

土日も病院がやっていたら、とか
夜遅くにも病院が空いていたら、とか
誰もが思っています.

実際には、救急や時間外診療があり
なんとか医療機関にかかることは可能です.

ただし注意しなければならないのは
こうした当直や時間外の時間の診療は
必ずしも専門医ばかりではないということです.
いやむしろ専門外の医師にかかることの方が
多いということを認識するべきです.

a0055913_0192340.gif





会社帰りや学校帰りとか夜遅くに
ちょっとした食事とか用足しにコンビニは
とても便利で手軽です.

同じ感覚でコンビニのような病院があれば
たしかにお手軽でしょう.
それでいいのでしょうか.

東京の大学生たちが、こうしたコンビニ的な
クリックが欲しいという願いを実現したそうです.

-------------------YOMIURI ONLINE 2006. 1..5
大学生「夢」の診療所設立、会社・学校帰り気軽に受診
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070105ik06.htm

 会社や学校帰りに気軽に寄れるコンビニエンスストアのような
 クリニックが欲しい——。そんな願いを大学生たちが実現した。

 東京のJR新宿駅前に昨年11月、オープンした
 「コラボクリニック新宿」の診察時間は午後6時から3時間。
 リピーターも増加しており、学生たちの発想は
 利用者の心をつかんだようだ。

 クリニックを考案したのは、東京大学、東京芸術大学などの
 学生約20人。東大1年の城口(きぐち)洋平さん(19)が
 受験生時代、かぜを引いても、昼間は学校があって病院に
 行きにくかった経験から、“コンビニクリニック”を
 思い描いていたのがきっかけだった。

 これを聞いた高校の先輩で、東大医科学研究所客員助教授の
 上(かみ)昌広さん(38)が関心を持ち、
 上さんの研究室が医療面でのアドバイスや医師の紹介など
 バックアップを約束。城口さんは賛同したサークルや
 ゼミの仲間とともに、
 〈1〉利用しやすい時間帯
 〈2〉通勤・通学に便利な場所
 〈3〉患者と医師が密接なコミュニケーションを取れる
 ——の3点を目指し、計画をスタートさせた。

 まず診療時間をサラリーマンが寄りやすい平日午後6時〜同9時に設定。
 昼間は研究や病院勤務をしている医師5人にアルバイトで来てもらい、
 診療体制を確保した。通常、クリニック開業には
 2000万〜3000万円かかると言われるが、
 通勤・通学客の多い新宿駅西口から徒歩1分のビルに
 格安の事務所を見つけ、医療機器もネットで格安品を
 買い集めるなどして、150万円に収めた。

 医師と患者が話す時間を増やすため、診察室は二つ設けた。
 2室を医師が行き来し、空いている方で、患者に衣服を脱いでもらうなど
 診察の準備を整えてもらっている。

 また、ネット上で無料公開されている電子カルテや診療報酬の
 請求システムを連動して使えるように改良。問診票をビジュアル化し、
 症状を正確に伝えられるようなデザインを企画した。
 利用者の男性会社員(38)は、
 「忙しい時は仕事から抜けられないので、
 この時間に開いているのは助かる」と話す。

 今年春には医療法人申請する予定で、「ビジネスとして面白い」と
 評価する企業人の協力も得られ、将来的にはフランチャイズ化を
 目指す。城口さんは「知識や経験がないからこそ、新しい発想で、
 自分たちが求める医療を実現して行きたい」と夢を語る。

 同クリニックの連絡先は
 03・3349・0831(新年は9日から)。
-------------------------------------------------------------------------------
a0055913_0193745.jpg


「コンビニ」クリニックというネーミングには
少し抵抗がありますが、発想についてはうなずけるものは
あります.仕事や学校のことを考えれば
遅い時間帯に病院に抱えるということは
それだけで安心感が得られます.

実際には、かなりのクリニックや病院で
夕診(夜診)が行われており
5時くらいから8時位まで外来診察が行われているところも
多いです.
東可児病院では、夕診は午後6時から午後8時までです.

昨年末も12月30日まで外来を行っていた
クリニックも多くありました.

多くの病院では、時間外診療を行っていますが
選任の担当医師がいるわけではなく
常勤、非常勤を含め、必ずしも専門ではない医師が
担当として診療にあたっています.

とりあえずの処置、とりあえずの薬、とりあえずの検査で
よいのであれば、こうした時間外診療、
コンビニクリニックを利用するのも一つの方法です.

病院に全然かかれずに、我慢したり放置して
病気がひどくなることを考えれば
応急処置、一次処置を受けられることの方が
優先るすと思います.

仕事や生活の多様化によって夜働いている人もいれば
日曜日、祝日、休日に勤務の人も沢山おられます.
病院の通常の外来診療には、仕事や学校を休まない限りは
かかれない人が多いのも確かです.

理想論をいえば、どこかの医療チェーンの合言葉では
ありませんが、いつでもどこでも24時間 最高の医療が
受けられるというのがよいでしょう.

たとえば仕事帰りの夜に
胃カメラや大腸ファイバーの検査が受けられる.
脳ドックやいろいろな健診が受けられる.
いろいろな専門の医師の診療が受けられる.
などなど、夢のような病院です

もし実際にそのような病院の体制を作ろうと思うと
ただでさえ人手不足の医療界にあって
さらにもっと沢山の人員、人材が必要となります.
特に医師、看護師は絶対的に不足となります.

たいていの病院は、それだけの人件費や維持費を
支えることはできないでしょう.

医師や看護師、スタッフが充足している病院は少なく
たとえば当直業務や夜勤業務のあとでも
そのまま次の日も通して仕事をしたりすることも多いです.

特に医師の場合は、当直明けで
睡眠不足や疲労をかかえたままで、翌日も
平常通りの業務が待っており、手術や検査
外来業務などを行います.

たとえば、当直の夜、救急車や時間外診療のために
一睡もできず、翌日朝には外来診療.
午後から手術.夕方に手術が終わっても
その後の術後管理や指示出し、家族への説明などで
夜遅くまで帰宅できない丸々2日の
ぶっ通しの仕事.

これが今の病院勤務医の平均的な姿だと思います.

新臨床研修制度によって大学病院でさえ
研修医や若い先生の不足があり
40代、50代のベテランと呼ばれる医師たちでさえ
こうした当直業務に借り出されていきます.

現場を支えているのは、こうしたスタッフの
気力と精神力と体力なのです.

当直を交代で回している病院勤務医師は
ほとんど疲労に打ちのめされている状態です.

すべての医療職種が3交代制となり
常に万全の体調で仕事に臨めるようにすることが
医療の質を高めることにもなります.

新しい2005年心肺蘇生のガイドラインでも
心臓マッサージは2分毎に交代するように
書かれています.

どんなに体力に自信があったとしても
2分以上の連続の心臓マッサージは
効率が落ち、適性な心肺蘇生が行えないという
人間の限界をきちんと明文化したものだと思います.

医療の現場では、しかしいまだに
精神論的なものがまかり通っています.

コンビニのように、夜遅い外来で
患者さんの利便性は高まるのでしょうが
それ以上のことも、同時に考えていかないと
だめだと感じます.

病院は、外来業務で、日常的な診療を行うだけでなく、
日々、入院患者さんの療養治療もあり、
手術やカテーテル治療や、その他さまざまな検査もあります.
寝たきりとなったお年寄りの介護から
人工呼吸器をつけて重症の患者さんまで対応し
合間で次々と搬送される救急にも対応しなければなりません.

限られた医師数、スタッフでこれらの業務をすべてこなすのは
本当に大変です.

地域の医療資源を無駄遣いせずに
業務を共有、分担していくことが必要だと思います.

もし自分の家族が心筋梗塞になったら
もし自分の家族が脳卒中になったら
生命にかかわる重大なことであれば
やはり私は、専門の医師や病院にかかりたいと思います.

そしてもし可能であれば、当直あけで疲れ切った状態ではなく
きちんと休養もとって万全の体制にある医師に
診療をして欲しいと思います.

それができないのが今の問題ではないでしょうか.

現在の状況では、たとえばどこの病院にどれだけの当直医がいて
専門はなにかとか、経験はどれくらいかとか
専門的な病気に対応できるのかどうかとか
患者さん向けの情報開示はあまりないのが現状です.

風邪などのありふれた症状から隠れた病気を見つけ出していく仕事と
専門的な重症患者の治療の仕事とは、また別のことです.
医師の能力や体力に限界がある以上
これらを同時にこなすことは、無理なことが多いです.

東可児病院のめざすべき方向は
やはり急性心筋梗塞、脳卒中、外傷などの2次、3次救急など
重症患者さんの救命が可能な施設と体制を整えることだと
私は思っています.

地域全体としては、重症救急だけでなくその他の様々な
ニーズに対して近隣の医療機関と協力して
ネットワークができればと思います.

必要な時に地域の医療状況がネットでさっと検索できて
一番適切な医療機関にかかれるようになるのが
便利ではないかと思います.
外科系医師はどこの病院で当直中とか
内科系医師はどこ、小児科の当直がいる病院はどことか.
小児科医がオンコールで対応可能とか
専門外であっても、この程度までは対応可能であるとか
そうしたもっときめ細やかな情報開示こそが
夜間、休日の急病の時に役に立つと思います.

ネット検索が無理でも
地域の救急隊や、保健所、市役所などが中心に情報を集めて
電話での情報提供を行っていけば本当に安心ですよね.

本当のコンビニというのは、そういうことではないかと思います.
いずれにせよ人材は全然足りません.

皆さんの協力をお待ちしています.

a0055913_0201629.gif

by yangt3 | 2007-01-07 00:13 | ニュース