もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

携帯電話 にマイカルテ

私の先輩の先生のクリニックでは
携帯電話での診察予約システムを
導入しています.

携帯電話を持っていない高齢者の方でも
電話一本で予約をとっています.
もちろん一番最初には、実際に
診療、診察を受けて名前やIDを登録する
必要はあります.

病院の診察予約が携帯などで簡単に
できるということは、病院、医療への
敷居が低くなり
より病院にかかりやすくなると思います.

残念ながら東可児病院 では
まだこうした便利な予約システムは導入
されていませんが、今後できるだけ早く
取り組んでいきたいと考えています.

a0055913_18592851.jpg





--------iZa! 2007.01.15
携帯電話に「マイ・カルテ」 初診も安心
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/35007/

 携帯電話に自分の病歴や治療記録などを入力し、
 「マイ・カルテ」を作成するネットサービスを
 IT(情報技術)ベンチャーの
 ウィアー・エンジニアリング(大阪府堺市)が
 開発した。病院を代わっても、マイ・カルテを
 医師に見せればスムーズな引き継ぎができる。
 将来は病院と連携することで主治医がネット上で
 定期的にデータを確認し、健康チェックを
 することも目指している。

 サービス名は「医療・福祉・介護ナビ」。
 KDDI(au)と、PHSのウィルコムの
 サービスに採用され、2月から運用を始める。
 
 マイ・カルテは、病歴や身体機能に関する
 質問など画面上に表示される項目に利用者が
 答えていくことで作成。医師が患者の症状を
 判断するうえで必要な情報を記録する。
 血糖値や脈拍などの健康データも入力できる。
 介護保険の要介護度に関する質問も設け、
 介護サービスを受ける際に役立てることも可能という。

 サービススタート時には、カルテ情報をもとに
 医療ソーシャルワーカーと電話相談できる
 サービスを始める。医師や病院の紹介、
 社会福祉制度の説明などを行う。
 医療ソーシャルワーカー派遣業の
 ビザージュ(同市)との共同事業となる。

 導入コストが高く、ソフト会社の製品間に
 互換性がないため、普及が進まない
 電子カルテの代替手段としての需要を見込む。
 将来は医療機器と携帯電話を接続し、
 計測した数値を自動的にデータベース化することも
 計画しているという。

 ウィアー・エンジニアリングの麻生邦夫社長は
 「携帯電話で、医療が身近なものになると思う。
 病院の空床情報なども提供し、
 患者に病院を紹介するサービスも考えたい」と
 話している。料金は月額300円。
---------------------------------------------------------
私は、パソコンの方では
ブラインドタッチで、けっこう速く
キーボードが打てると思っています.

携帯では、今の若い人たちのようには
メール打ちができません.
もしかしたら子供並です.

学生の方や、仕事で忙しい人にとっては
日中の診療時間内に電話することも
ままならない人もいると思います.
学校や仕事から帰ってきたら
すでに診療時間が過ぎている...
ということもあると思います.

こうした忙しい人への診療を行うことは
また別の問題です.
ただし深夜でも時間外でも
携帯やネットで急に思い立って
すぐに気軽に診療予約ができれば
とても便利ではないでしょうか.

携帯だけでなく、たとえば
提携しているコンビニとか駅や公民館などで
いろいろな場所で、ちょうど銀行の
キャッシュコーナーと同じ感覚で
病院の診療の予約ができたら
本当に便利だと思います.

一人暮らしの高齢者の方々には
介護担当の職員などが代行して
診療予約をしてあげるとか
いろいろなアイデアで
より病院が身近になると思います.

病院に来ると、やっぱり
緊張してしまって、あれこれ相談したいことの
半分も口にできず、医師や薬剤師からの
説明も話半分で、自宅に帰ってから
ああ!と思うこともあるでしょう.

携帯にしろパソコンにしろ
あらかじめネットで
自分の症状やマイカルテを作成することができれば
より細かい診療が可能になると思います.

可能であれば、病院で行った採血や
いろいろな検査などの個人情報も
銀行などのネットでの残高照会と同様に
パスワードでネット上で
検査結果が確認できるとなお便利ですね.

携帯電話の多機能化がどんどん進化しています.
いずれ自分の健康情報も、ドックの結果も
マイカルテも携帯電話の中に
全て納められるようになるかもしれません.

医療とネット、PC、IT技術との融合は
これからどんどん進んでいくと思います.

開発するほうは大変でも、
現場のスタッフや患者さんにとっては
利便性が高まっていくと思います.
もちろんセキュリティも忘れずに.

a0055913_1924689.gif

by yangt3 | 2007-01-16 18:55 | ニュース