もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

国立病院間の医師派遣制度も打ち切りに

以前に勤めていた病院は
誰でも知っている民間の全国病院チェーンの
うちの病院でした.

病院はたくさん造られてく割には
医師もスタッフも絶対数が不足しており
既存病院から、新しく作られた病院に
応援と称して多くのスタッフが派遣されて
なんとかやりくししているのが現状でした.

私自身も、山形まで応援に出かけた事があります.

短期間の応援では、医道の交通費だけで
ばかにならない経費がかかることに加えて
継続した、その地域に密着した息の長い
医療を行う事は到底無理だと思いました.

これまでは大学医局がこうした医師派遣を
なんとかやりくりしてきたわけですが
新しい臨床研修制度が始まってからは
医師派遣制度も崩壊状態です.

昨秋スタートした国立病院間の医師派遣も
半年で破綻したそうです.

a0055913_1112835.jpg





-----------------asahi.com 20.05.31
昨秋スタートの国立病院間の医師派遣、半年で打ち切りに
http://www.asahi.com/health/news/TKY200705300423.html

 国立病院でも深刻化する医師不足に対処しようと、
 全国146病院を管轄する独立行政法人・国立病院機構が
 「緊急医師派遣制度」を昨秋導入したものの、
 半年で中止に追い込まれていたことがわかった。
 一方、31日に医師確保対策を決める政府・与党は、
 「即効性のある対策」として、国立病院の医師らを
 地方の病院に派遣する制度を打ち出す。
 同機構は「国立病院間でも難しかったことなのに」
 と困惑している。

 同機構は昨年9月、都市部などの国立病院から
 地方の国立病院に医師を派遣する制度を導入した。
 東北などの病院で、医療法で定められる標準医師数に
 届かずに、病院収入となる診療報酬を
 カットされかねない恐れが出てきたためだ。

 派遣元となったのは、東京医療センター(東京都)など
 29病院。派遣医師に1万円の日当を上乗せするなどした。

 だが病院側からは、「医師が担当する患者のケアが途切れる」
 「チーム医療が維持できなくなる」などと断るケースが続出。
 それでも、応じた病院から、米沢(山形県)、釜石(岩手県)、
 八戸(青森県)の3国立病院に派遣された。

 医師数は延べ108人に上った。派遣期間が数日〜2週間と
 短期にとどまったためだ。それでも派遣元からは
 「継続困難」との訴えが相次いだ。
 同機構は、今年3月末に制度自体を打ち切らざるをえなかった。

 政府・与党が描く確保対策は、都道府県の拠点病院が
 地域の自治体病院などに医師を派遣しても足りない場合に、
 国立病院機構などがプールした医師らを数カ月〜1年間派遣する。
 国立病院の医師らを登録して派遣医師をプールする計画。
 さらに定年退職して間もない医師らも公募して登録してもらう。

 さらに医師への動機付けとして、派遣終了後のポスト確保や
 留学・研修といった「特典」も検討している。
 自民党幹部は、6月中にも最初の医師派遣をさせたい
 考えを示しているが、機構は
 「国立病院同士の調整すら難しい」としており、
 必要な医師数を集められるかは不透明だ。
-------------------------------------------------------------------

a0055913_11124889.jpg


国立病院をもってさえ
医師派遣制度の実施が困難な状況では
地域での医師の充足は、本当に大変だと思います.

その根底には
やはり医師の絶対数が足らないということがあると思います.

将来の医師数が過剰になるおそれがあると
一時期、政府は、大学医学部の定員を削減してきました.

ここにきて医師数の不足を認識し
前言を覆して
医学部定員の増加の政策を打ち出しています.

ある報告によれば
日本の医師数は現在約27万人となっています.
しかし、人口10万人当たりの医師数では
経済協力開発機構(OECD)30カ国で27位(2004年)惰走です.
加盟国の平均には実数で約12万人も足りないということです.

一方で都市部、大都市では、1都道府県に多くの大学医学部が存在し
地方の1県1医大のところとは
将来的に人口に対する医師数の格差が
広がる恐れがあります.

全体として医師数を増やし適切な人員配置を行うということは
言葉でいうのは簡単ですが、実現はかなり大変そうです.

地方の病院で働いている医師の現場の感覚でいえば
とにもかくにも忙しくてネコの手も借りたいという
状況です.

個々の病院毎の医師の待遇改善
具体的には手当増や給与増などでは
もう追いつかないような感じです.

自治医大方式を全国の医学部に拡げて
研修医にへき地勤務を義務づけようという方針もあるようですが
どうなる事でしょう.

いま現場で働いている医師、スタッフが
過労で倒れてしまう前に
即効性のある対策を、早く立てて欲しいと思います.

a0055913_11132080.jpg

by yangt3 | 2007-06-05 11:13 | ニュース