もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

転職か転身か

相変わらずくらいニュースが続きます.
医療崩壊の波はとどまるところを知らないようです.

全国で救急病院が減少しているそうです.

--------中日新聞 2007.07.01
救急病院、33都道県で減る 大都市も医師、看護師足りず
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007070190151823.html
 
 急病人や事故の負傷者などの搬送先となる救急病院の数は、
 2007年4月の時点で、大阪府を除く46都道府県で
 3838となり、3年前に比べ142減ったことが
 共同通信の調べで分かった。
 全体の7割に当たる33都道県で減少。理由としては、
 医師や看護師の不足などが多かった。
 これらの中には東京や愛知が含まれており、
 医師確保の厳しさが地方だけの問題でないことが示された。
 残った救急病院に急患が集中して負担が増し、
 救急指定を返上する病院がさらに増える悪循環も懸念されている。

a0055913_1245214.gif





 一方、京都、兵庫、沖縄など8府県では増加したものの、
 人口10万人当たりの病院数でみると、沖縄は1・8と最少。
 最も多い佐賀の5・6の3分の1以下だった。
 調査は4−5月、都道府県の担当者に調査票を送付して実施。
 地方の医師不足のきっかけになったとの指摘がある
 臨床研修制度が始まった04年と比較した。
 診療所と病院の区別なく集計している大阪は除いた。
 救急病院の数が最も減ったのは埼玉で21病院、
 次いで東京の16病院。減少率で見ると、
 岩手、徳島の15%減が高く、愛媛、福井も
 2けたの減少率となっている。
 理由としては、「救急担当医の欠員」「夜間スタッフ確保が困難」
 といった人材不足のほか、「病院の廃止」「施設の規模縮小」
 「病院から無床診療所への転換」などもあり、
 救急医療体制の維持が困難になっている実態がうかがえた。
 人口10万人当たりの病院数では佐賀のほか、
 福井、和歌山、香川が多く、少ないのは沖縄のほかは
 神奈川、静岡などが目立った。
-------------------------------------------------------------------------------
日本の医師不足、看護師不足による
医療崩壊は、いまのところ打つ手がないという状況でしょうか.

現場スタッフが、日々の仕事をなんとか
やりくりして頑張っているというところです.
これから5年先、10年先、15年先、将来のことは
あまり考えたくもない気分でもあり
将来の不安は、大きいです.

ちょっと古い話で恐縮ですが
かのフィリピンでは、せっかく勉強して医師になったのに
看護師として転身して高賃金を求めて海外流出するという
状況が出現しているそうです.

--------看護師への転身を希望する医師は、6000人
〜高賃金を求めて海外へ。
国内は、医師不足と医療体制崩壊の危機
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2005_9/philippines_01.htm

 2005年8月4日、ドゥケ保健省長官は、
 「現在、看護師になるための勉強をしている医師は6000人にのぼる」
 と発表。看護師への転身を希望する医師は、2004年の2000人から、
 三倍に増加したことになる。「看護師となって海外で働けば、
 高収入が得られる」というのが、その主な理由。
 こうした現象の背景には、低賃金等、
 医師の就業環境の悪さが存在する。
 ドゥケ長官は、このままでは
 「国内の医療は、『破局』に直面することになる」と警告した。

 フィリピン大学が実施したある調査によれば、
 2000年から2003年の間に、海外で働くために国を去った看護師は、
 5万人以上。看護師不足に悩む先進諸国の需要もあり、
 その数は年々増加しているといわれる。
 しかし、ドゥケ保健省長官は、
 「看護師よりも、医師の海外流出の方が深刻な問題」と指摘する。
 現在、国内では、看護師の数は充足しているのに対し、
 医師の数は大幅に不足している。海外での高収入を望み、
 医師を辞めて、看護師の資格を取得し、
 国を去る医師が増えているためだ。

 なぜ医師たちは、看護師に転身してまで海外へ出ようとするのか。
 そこには、低賃金、ハードスケジュール等、
 国内の医師の就業環境の悪さが存在する。
 特に、賃金については、海外で働く看護師よりもかなり低い。
 例えば、フィリピンの国立病院で働く医師の月収は、
 およそ446ドル(約25000ペソ)。
 もしこの医師が、海外で看護師として働けば、月収は8000ドルにもなる。
 この高収入に惹かれた医師達が、看護師への転身を目指し、
 そして、国を去るというケースが後を絶たない。

 こうした状況は、「国内の保健医療体制の危機的状況を
 つくり出している」とし、同長官は、「特別委員会」を設置して、
 「フィリピン人医師が海外で働くには、少なくとも3年から4年、
 国内で働くことを条件とする」という法案を作成したことを
 明らかにした。しかし、同法案が、医師の海外流出の歯止めとなるのか。
 こうした条件を設定したとしても、この「3年から4年」という間に、
 「このまま国内に残り、医師としてやっていこう」と、
 彼らが思えるような就業環境の整備が実現しなければ、
 現在の状況に大きな変化は望めないといえよう。
 (後略)
---------------------------------------------------------------------------
フィリピンで起っているこの医療崩壊が
日本で将来現実にならないという保証はどこにもありません.

医療においてもグローバル化が進み、
現に優秀な医療人の海外流出は現実に起っています.

大相撲でモンゴル出身の横綱が活躍しているように
将来、医療界においても、海外出身の医師、看護師、医療スタッフが
活躍しているのかもしれません.

日本出身の医師、看護師が海外流出することなく
立ち去り型サボタージュすることなく
日本のこの医療現場に踏みとどまって
頑張り続けるためには、さらなる方策が必要なようです.

やはり転職、転身といえば華麗に行きたいものです.

世の中には、努力の人がおられます.
------------MSN.ニュース 2007.06.14
自動車整備士から医師に転身、夏目寿彦さん /北海道
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hokkaido/
hito/news/20070614ddlk01070660000c.html
 
 むかわで医療に尽力−−夏目寿彦(なつめとしひこ)さん(43)
 2年前に胆振管内むかわ町に移住し、
 同町国保穂別診療所の医師になった。転職を繰り返し、
 地域医療に携わるまでに至った原動力は「勉強したい」
 との向学心だった。
 愛知県新城市出身。県内の工業高校を卒業し、
 機械いじりが好きだったので自動車販売会社の整備部門に就職した。
 この当時は医者になることなど考えていなかったが、
 当時は自動車業界の景気が悪く、
 先輩が辞めていくのをみて将来に不安を覚え始めていた。
 医療現場に初めて接したのは、84年、友人に誘われて
 豊橋市の病院に看護助手として就職した時だった。
 働きながら定時制の准看護学校で2年間勉強し、
 分かることが次第に面白くなっていった。
 さらに正看護師になるため、看護専門学校で勉強を続け、
 卒業後は名古屋市の病院に勤務した。
 医師を目指すきっかけになったのは、南米ボリビアでの体験。
 91年に青年海外協力隊の看護師として赴任。
 そこでは人がいとも簡単に死んでしまう現実があった。
 住民たちは「金がかかるから」という理由で病院に来ない。
 実際に受診するのは手遅れになってからだ。
 「医師や看護師が病院で待っていても役に立たない」と痛感し、
 積極的に外へ出るようにした。
 94年に帰国し、32歳の時に宮崎医科大に合格。
 6年後、念願の医師になった。
 むかわ町に来たのは北海道が好きだったからという。
 現在は妻(37)と子供3人の5人暮らし。
 「地域に暮らし、継続的に患者を診察できるので
 適切な治療ができる。緊張感もあるが、信頼されるのはうれしい」と、
 地域医療の魅力を語った。
-------------------------------------------------------------------
自動車整備士から、看護師を経て医師に転身したというのは
本当に素晴らしいですね.
これだけのことをやり抜くための、ご本人の確固たる意思と
そして並々ならぬ努力に脱帽です.
さらには、こうした努力を支えてきたご家族の苦労も
大変だったと思います.

これからの日本の医療を支えていくのは、こうした
純粋な医師を志す心なのかもしれません.
いいかえれば、地域の患者さんからの信頼ということでしょうか.


おなじくキャリア官僚から町医者に転身した人もおられます.

----YOMOURI ONLINE
町医者にやりがい 官僚から医師に転身 河辺啓二さん 
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/kikaku/036/1.htm

 この記事で紹介された河辺啓二さんは
 愛媛県出身。東大工学部卒業後、農水省入省。
 総務庁に出向、課長補佐級で退職し、
 東大医学部に入学。現在、新田町の「木崎クリニック」院長。
 著書に「受験で転身 官僚から医師」「おじさん医学生奮闘記」がある。
 1男3女の父。だそうです.

 キャリア官僚として農水省、総務庁(当時)に計十年勤めた後、
 三十三歳で医学部に入り直した。開業医になって十年。
 「十年ぐらいたてば、その仕事がどんなものかだいたい分かる」と、
 実体験を基に昨年十二月、「官僚と医師はなぜ同じ過ちを犯すのか」
 (主婦の友社)を出版した。
 悪い意味でのエリート意識、国会の答弁書作成や患者への
 説明などに共通する「言質を取られまい」とする気質。
 官僚と医師、とりわけ大学病院勤務医とは「あまりにも姿がそっくり」と
 切り捨て、「国民や患者といった弱者への眼が欠けている」と
 意識改革を訴える。

 官僚を辞める際、周囲から「華麗な転身おめでとう」と
 声をかけられる一方、一部の同僚や親族からは
 「今さら学生に…」とも言われた。だが、迷いはなかった。
 「官僚たちの夏」(城山三郎著)を読み、
 学生時代から憧れた官僚の仕事だったが、現実は違った。
 「国民のためより、既得権益の維持や先輩の天下り先確保に追われた」。
 嫌気がさしていた。

 仕事を続けても、一握りの同期を除けば五十歳過ぎで
 「肩たたき」にあう。関連団体に出向するなど、

 早期に事実上の引退を迫られるのも癪だった。
 「長く働くなら自営業。特別な才能がない自分でも、
 社会にプラスになるような仕事を」と、
 開業医を目指して医学部受験を決意した。
 (後略)
-----------------------------------------------------------------------------
人材運用の本質というものは、
結局のところ、適材適所ということだと思います.
これまでのように、学校の勉強ができるからとか
模擬試験での偏差値がよいからとか
親の意思で医師を目指すということでは、
これからの、きびしい医療の現場を
乗り切る事は、難しいと思います.

そんなわけで、私にも3人の子供がいますが
無理に医学部に進ませようとは思っていません.
父親の仕事をみて、もし自分もやってみようと思えば
それでよいのだと思います.

医学部に進んでも、もし医師に向かないのであれば
早期に、自分に向いた仕事に替わるべきであると思いますし
逆に他の分野に進んだ人でも、今回の記事にように
真摯な医療への思いがある人を
もっと医療への道が開けるようにするべきだと思います.
そういうことが、医師、看護師不足の解消に繋がるように思います.

日々、苦しい仕事に追われて、体力的なことよりも
心理的な負担が強く
時々発作的に「ドラえもん!」と助けを呼びたくなります(笑)

地道な仕事をするしか能のない自分ですが
世の中には、別の華麗な転身をされた方もおられるようです.
長文でしたが最後にご紹介させていただきます.

--------iZa 2007.06.13
「役所辞めて役者に」 49歳官僚が異例の転身
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/other/56747/

 「おれ、役所を辞めて役者になる」-。
 12日に農水省農村政策課長への出向を解かれた
 国土交通省キャリアの坂本武さん(49)が13日、
 26年間の官僚人生にピリオドを打ち、プロの俳優に転身。
 「早坂実」として来月12-16日、
 東京都墨田区のアサヒ・アートスクエアで初舞台
 「贋作(がんさく) 春琴抄」を踏む。

 東大法学部を卒業後、1981年に建設省(現国土交通省)に入省、
 国交省道路局総務課道路資金企画室長などを経て、
 昨年八月から農水省に出向。50歳を前に
 管理職としての将来に疑問を感じ、
 「やりたいことをやらないと後悔する」と転身を思い立った。

 俳優を選んだのは「高校時代に学園祭で
 喝采(かっさい)を浴びたステージの感動が忘れられなかったから」。
 昨年秋から半年間、芸能事務所などを巡りオーディションに合格した。

 「政治家になると思っていたら、役者とは…」。
 国交省の竹歳誠官房長ら周囲はあぜんとする。
 東洋学園大学教授の妻ひとみさん(49)は
 「予想していなかったのでびっくりしたが、
 情熱を燃やせるものを見つけたんだから頑張って」と
 エールを送っている。
 (後略)
--------------------------------------------------------
49歳をして、官僚から役者の世界へと
全く畑違いの道に飛び込んだ 彼の勇気に脱帽です.
同じく、夫にエールを送る奥様にも脱帽です.

実際に転身しようとか、転勤しようとか
そのような趣旨の記事ではないのですが
結局のところ、転身や転勤には、本当に大きなエネルギーが必要です.

自らを偽って生きるには、人生はあまりにも短いというところでしょうか.
自らだけでなく、若くして身罷った大切な人たちを
偽る事はできない、とそんなところが私の日頃の原動力です.

我が故 古高先生が、まるでゲゲゲの鬼太郎の
目玉の親父のように (変なたとえでしょうか(笑))
いつも背中で見守っているように感じながら
大切なことを偽る事ないように
そう思っています.

a0055913_1255546.jpg

by yangt3 | 2007-07-03 01:26 | ニュース