もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ヒト皮膚から万能細胞の作成に成功

人間の皮膚から各種の組織のもとになる
万能細胞を作成することに成功したそうです.

このほど日本の京大と
アメリカのウィスコンシン大での2施設での
同時に発表された成果です.

-----asahi.com 2007.11.20
人間の皮膚から万能細胞 京大教授ら、再生医療へ前進
http://www.asahi.com/science/update/1120/TKY200711200405.html

----YOMIURI ONLINE 2007.11.21
ヒト皮膚から万能細胞…京大チーム
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20071121ke02.htm

移植医療、再生医療で問題となっていた
組織の拒絶反応を
今回の万能細胞を用いることにより
克服することができるそうです.

a0055913_1784267.gif






関連する情報として
骨髄中から直接採取した幹細胞を用いた治療の話もあります.

--------asahi.com 2007.11.15
幹細胞で脳梗塞治療 国立循環器病センターが臨床試験へ
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200711150051.html

 脳梗塞発症後に、患者さんの骨髄から直接採取した
 骨髄単核球細胞と呼ばれる幹細胞を分離して
 再度患者さんに注射します.
 肝細胞には、血管再生を促す働きがあり
 これによる症状の改善を期待するとのことです.

急性脳梗塞、急性心筋梗塞などの
治療にこうした幹細胞を用いて
血管再生を促す事による治療が期待されています.

今回の万能細胞を用いた治療では、
種々の拒絶反応を克服する事が可能となり
さらに広い範囲での臨床応用が期待されそうです.

今回の万能細胞は
これまで ヒト受精卵を壊して作成されていた ES 細胞と
異なり、材料となる卵子も不要であり
倫理的な問題もなく
ヒト皮膚から培養される人工多能性幹細胞であるとのことです.
(iPS細胞)

今後の再生医療の発展と
循環器分野へのいち早い応用を期待しましょう.

a0055913_179358.gif

by yangt3 | 2007-11-21 17:09 | ニュース