もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

道の駅

病院から車で少し行くと
道の駅「昭和村」があります.
中村 玉緒さんのCMで有名なところです.

子供も大人も楽しめる施設も沢山あり
懐かしい駄菓子や食事もあって、さすが地元の
道の駅という感じです.

見知らぬ土地への旅の途中で
こうした道の駅は、たしかにほっとする場所であり
一息つきながらも、その土地のことを
いろいろと知る事もできて、けっこう気に入っています.

先日、こちらのご当地の温泉に来られていた方が
宿は苦衷の深夜に急性心筋梗塞を発症し
当院に救急搬送されました.

当院の救急外来を受診された時には
心原性ショックの状態で、一刻を争う状態でした.

すぐにカテチーム招集となりました.

a0055913_004356.gif






緊急カテでは、右冠動脈の起始部での完全閉塞病変を認め
病変は、多量の血栓でつまっているような状況でした.

a0055913_012526.gif


ただちにカテーテル治療に取りかかり
苦労した末に
血栓吸引やバルーン拡張、ステント植え込みを駆使して
最終的には良好な冠動脈血流の再開を得る事ができました.

a0055913_014345.gif


カテーテル治療後の心不全の治療には
少し苦労はしたものの
なんとか独歩退院にまでこぎつけることができ
10日ほどの入院期間で無事に退院となりました.

実は、この方ははるばる千葉から
岐阜の地にまで温泉に来られていた方で
深夜に発作を起こして苦しんでいるところを
一緒に旅行をしている友人の機転によって
迅速な救急要請、病院搬送が可能となり
結果的に、迅速なカテーテル治療となったのです.

良く言われる事ですが
急性心筋梗塞においては、とにかく時間が全てであり
症状発言からいかに早く救急車を要請して
いかに早く病院に搬送して
いかに早く閉塞した冠動脈の血流を再開するかが
全てです.

日々、カテチームは、カテコールから
一分一秒でも早く、カテーテルが始められるように
日々努力を重ねています.

病院での努力のみならず
病院前ケアが非常に重要であることは
もはや自明の理です.

このお正月に、実は、無事に治療が完了して千葉に
帰られたこの患者さんから
年賀状が届きました.

年賀状には、千葉に帰って元気に過ごされている様子が
記されていました.

日頃カテの仕事に追われているスタッフには
本当に素晴らしいお年玉となりました.

また機会があれば、今度は病気に悩まされる事なく
温泉療養や旅行を楽しんで欲しいものです.

いわば「道の駅」のように
旅の途中で急病になっても
すぐに緊急対応ができるような
そんな病院に、循環器科になりたいと思っていましたが
少しはその勤めを果たす事ができたでしょうか.

それぞれの部署で、それぞれの職場で
病院の中でも病院の外でも、職種を問わず、地域を問わず、所属を問わず
日々、いろいろな人たちが
今年も頑張っています.

今年も、昨年以上に
循環器救急への対応を充実させることが
当面の目標です.
by yangt3 | 2008-01-12 00:02 | 一般