もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ドクターヘリの活躍!

ドクターヘリによる救急搬送により
心肺停止の3歳児の救命に成功したという事案は
救急、救命に関わるものとして
本当に明るいニュースです.

-------YOMIURI ONLINE 2008.01.23
愛知から静岡までヘリ搬送70キロ、心肺停止3歳児が回復
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080123-OYT1T00021.htm?from=navr

------- nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20080123-310709.html

 愛知県の山間部の池でおぼれ、心肺停止状態になった3歳児が、
 70キロ以上離れた静岡市葵区の静岡県立こども病院に運ばれて救命され、
 22日、元気に退院した。

岐阜県におけるドクターヘリの状況は、次の記事で
知る事ができます.

-------岐阜新聞Web 2008.01.05
ドクターヘリ 救命に欠かせぬ存在
http://www.gifu-np.co.jp/kikaku/2008/inochi/1/inochi_5.shtml

ドクターヘリは現在11道県12カ所の病院を拠点に飛んでいて、
1月内には大阪と福島でもスタートする、とのことです.

a0055913_1742140.gif






-------YOMIURI ONLINE 2008.01.23
愛知から静岡までヘリ搬送70キロ、心肺停止3歳児が回復
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080123-OYT1T00021.htm?from=navr

 愛知県の山間部の池でおぼれ、心肺停止状態になった3歳児が、
 70キロ以上離れた静岡市葵区の静岡県立こども病院に運ばれて救命され、
 22日、元気に退院した.
 一命を取り留めたのは愛知県田原市の会社員玉越立佳さん(42)の
 長男光(ひかる)ちゃん。
 県をまたいだドクターヘリでの迅速な搬送や治療が奏功し、
 後遺症もみられないという。玉越さんは「元の姿に戻れるとは思わなかった」と
 奇跡的な回復を喜んでいる.

 事故があったのは今月2日午前10時ごろ。愛知県設楽町の実家に帰省中、
 近くのため池に光ちゃんが沈んでいるのを玉越さんが見つけた.
 光ちゃんは心肺停止状態が10~30分間続いたとみられ、
 体温は28度に下がって危険な状態だった.

 通報で駆け付けた救急隊員が、救命処置をしながら、
 浜松市内に待機している静岡県のドクターヘリに出動を要請.
 同10時半すぎに到着したヘリは、1時間余りで、
 東海地区で唯一24時間体制の小児集中治療室がある県立こども病院に搬送した.
 病院では、脳機能を保護するため体温を33~34度に保つ脳低温療法が行われ、
 6日に意識が戻った。
 同病院の植田育也・小児集中治療センター長は
 「重症の子どもを24時間受け入れできる救急施設はほとんどない.
 全国的な整備を望みたい」と話している.
----------------------------------------------------------------------------------
ドクターヘリの一般的な知識については
ウィキペディア「ヘリコプター救急」が参考になります.

Wikipedia ヘリコプター救急
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘリコプター救急

要点としては
・日本においては、市町村の消防機関が救急搬送の責務を負っていること.
・ただし、市町村でヘリコプターを保有するのは一部の政令指定都市に
 限られていること.
・多くの場合、当該消防本部等の要請を受けて、都道府県の消防防災ヘリや、
 さらには自衛隊、海上保安庁のヘリが出動していること.
・国の機関である自衛隊・海上保安庁の出動に当たっては、
 都道府県知事からの出動要請が必要であること.

などです.

救急ヘリコプターの種類としては
1)消防・防災ヘリ
2)警察ヘリ
3)自衛隊ヘリ・固定翼機
4)海上保安庁ヘリ・固定翼機
となります.

岐阜県においては県の防災ヘリが2機、
各務原市の防災口腔センターに常駐しています.
救急時にドクターヘリ的運行を行うとされています.

各地の救急隊から出動要請があれば、
岐大付属病院の屋上ヘリポートへ向かい、
救急専門医を乗せて現場に向かう仕組みとなっています.

岐阜県防災ヘリの救急搬送活動としては
岐阜県と岐阜大学医学部付属病院が連携し、
医師が搭乗する「ドクターヘリ的運航」を2004(平成16)年6月に
スタートしています.
医師が搭乗しない事例も含めると、06年度には115件の出動があり、
うち中濃・飛騨地域からの傷病者搬送が77%を占めたそうです.

ドクターヘリが全国配備は救急医療の充実と向上に
欠かせないものであることは間違いありません.

本来であれば、滑走路を必要としないヘリコプターは
適当な空き地さえあれば、離着陸可能なはずです.
実際の運用に関しては、いろいろと難しい問題があって大変だそうです.

当院の広い駐車場の空き地を
救急ヘリコプターの離着陸可能なヘリポートにできればとも
考えるのですが
ヘリポートとして利用可能な条件が様々にあります.

当院も救急ヘリ事業に、ぜひ積極的に協力できるように
体制とスタッフの充実を図っていきたいものです.
by yangt3 | 2008-01-24 17:42 | ニュース