もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

全ては患者さんのために

2月22日(金曜日)のお昼に、突然
心臓カテーテルアンギオ装置の調子が悪くなりました.

取り急ぎメーカーメンテナンスを呼んで
修理となりましたが
結局、夕刻まで全く心臓カテーテルが使用不可能となり
循環器科開店休業の状態となってしまいました.

幸いに、重症の急性心筋梗塞や不安定狭心症などの
救急搬送などがなかったから、まだよかったのですが
本日、予定されていた心臓カテーテル検査は
急遽キャンセル、中止を余儀なくされてしまいました.

病状を鑑みて、当院の都合で心臓カテーテル検査を延期するのは
心配があるということで
私の古巣であります、高蔵寺の徳洲会病院の循環器科に依頼して
心臓CTを緊急で施行してもらいました.

患者さんには、せっかく当院で検査・治療の準備で病院に
来ていただいたのに、また別の病院まで御足労を願う事になってしまいました.
(もちろん送迎は、当院の事務長が行いました).

こんな時に病院のメンツだの、病院の都合にとらわれていて
患者さんに不利益があってはならないというのが、私の信念です.

それにしても機械は壊れるもの、寿命があるものとはいうものの
本当にタイミングが悪く、今日一日重い気分でした.

a0055913_03408.jpg






緊急でお願いした心臓CTの結果で
やはり狭心症として治療が行われる事になりました.
そのまま徳洲会病院での治療をお願いする事になりました.

なんといっても患者さんが一番だからです.

当院の心臓カテーテルアンギオ装置は、2月22日の夕刻には
復帰しました.
週末の緊急対応や、来週以降の予定のカテ、治療もあり
とりあえずほっとしたところです.

こと循環器の病気は、急な治療を必要とすることが多く
一つの施設では、スタッフ、設備ともに限りがあり
もし治療や検査が重なった場合
病院の都合で、必要な検査や治療を引き伸ばす事によって
患者さんに不利益が生じる事があってはならないと思います.

病院のメンツにこだわって、いたずらに時間を無為に過ごす事により
より大きな健康被害に繋がってはならないと思います.

病院経営者や病院のトップからみると
簡単に他病院に紹介するということは
あまり好ましく思われていないかもしれません.

私は、やはり医療を行っているのであって
最後は、やはり患者さん第一に行動したいと考えているので
たまにはぶつかることもあります.

今回、心臓カテーテルアンギオ装置の急なトラブルで
本当に気が気でなかったのですが
結果的にいろいろな方の支援もあって
患者さんが無事に検査・治療を受けられる事ができて
本当にほっとしています.

 見習いドクター、患者に学ぶ
 ーロンドン医学校の日々
 集英社文庫
 
a0055913_042072.gif

 
 林 大地 著

アメリカ医学留学体験記は、沢山ありますが
イギリス医学留学の本は本当にめずらしいので、さっそく読んでみました.

この手の本にありがちな、留学を鼻にかける感じとか
ちょっと自慢気な文章があまりなく
おそらく筆者の人柄だと思われるのですが
非常に素直な文章で、イギリス留学の日常の様子が
生き生きと描かれていて、一気に読了してしまいました.

教育というものは、書で学ぶだけでは不十分で
基本は、人から人へ伝えられるものであるという
当たり前のことを痛感しました.

イギリスのドクター達が普段着で描かれて興味深いです.

医師のみならず若手病院スタッフは、ぜひ一読をお勧めします.

イギリス医学教育が教えてくれた最も大切なこと、それは
ー病気を診ずして 病人を診よー
もしくは
ー検査を診ずして 病人を診よー

医療という仕事についている限り、この基本は
いつも時々は立ち止まって再確認することが必要だと感じました.

2月22日の夜は、近くの病院で開催された医療講演会に
出席してきました.

近々その病院に導入される320列CTについての講演会です.
検査が簡単にできる、きれいな画像がとれるとか
そんなことも大切かも知れませんが
なによりも、患者さんへの負担が軽減される
侵襲的な検査を受ける必要が少なくなる
レントゲンの被爆が少なくなるなど
患者さんへのメリットを一番に考えていかなければと
痛感しました.

当院もこの数年で、心臓カテーテルアンギオ装置を始めとして
さまざまな医療器械をリニューアルする必要があります.

ともすれば検査優先、機械優先となりがちなので
私たち医療者の基本は
CTを診る事ではなく、患者を見る事であると
そんなことを考えた一日でした.

直接に、私がカテーテル検査・治療を行う事はできませんでしたが
間接的な形にしろ
患者さんの役に立って、患者さんが元気になってくれれば
それが私の望外の喜びです.

さて心臓カテーテルアンギオ装置のほうは
修理も完了し、時間外、救急などこれまでどおり対応可能です.
スタッフの心のメンテもしながら
来週も頑張ります.
by yangt3 | 2008-02-23 00:05 | 一般