もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大は小を兼ねる...

今年は北京オリンピックですね。
我が家でも、子供たちがWiiで遊びながら
ひとあしさきに北京オリンピックの気分を満喫しています.

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック

a0055913_0371.gif


それを見ているこちらも、知らず知らずのうちに
オリンピック気分が高まります.

純粋にスポーツを楽しむことだけでなく
お隣の国での大きなイベントということもあって
中国の救急や災害への準備や対応にも注目したい所です.

さっそく中国らしいニュースを見つけました.

1)超大型救急車 北京で稼働
http://www.people.ne.jp/a/20641aba0db740909a5ae7effb950f29




a0055913_093814.gif


 北京五輪などの大型のイベントで発生する
 伝染病、食中毒などの突発事故・事件に対し
 速やかな処置ができるよう、北京市で初の
 大型の医療物資供給車がこのほど正式に稼動された。
 世界でも初となる、この「ビッグ救急車」は
 体積が普通の救急車の3倍あり
 100人分の救急医療物資を積載できるだけでなく
 車上での手術を行うことも可能だ。
 北京の日刊紙「京華時報」が伝えた。
-----------------------------------------------------------------------------------
超大型救急車というのが、すごいですね.
記事の続きを見てみると

 ビッグ救急車の設計者である、
 120救急センター車管科の王鉄民科長によると、
 このビック救急車は、全長9.2m、幅2.4m、高さ約4mで、
 主に、伝染病、食中毒などの突発事故・事件の医療現場の救援に際し、
 医療物資の補充、救急手術などを行っていく。

 車内には、広げれば底面が40㎡になるドームテント3張の外、
 担架10台、エアマット20個、救急箱6個、
 各種機器や医薬品を含む医療物資が100人分装備されている。

 120救急センター救急科の何永年医師によると、
 このセンターは、頑強な身体を持つ、23歳前後の医師を10人選び、
 このビッグ救急車に同乗させることにしている。

 その10人の医師に対する訓練は主に、
 200kgの重さのドームテントを素早く車内から出し、
 空気を注入して広げ、折り畳みの簡易ベッドやテーブル・椅子などを広げ、
 ドームテントの中に並べることだ。
 それらの一連の作業は10分以内に行わなければならない。
----------------------------------------------------------------------------
すでに年齢制限で引っかかって、
私はこの救急車に同乗することはできません(涙

さらには、10分以内に200キロのテントを準備して
仮設テントを造るなんて、今の私の体力では絶対無理ですね.

中国で救急医師として働くには
こうした自衛隊員や救急隊員のような
強い強靭な肉体が必要なのでしょうか.

狭い日本の国土の狭い道路事情では
こうした超大型救急車は、取り回しがちょっと大変そうですね.

ぜひ一度、見学をお願いしたいと思います.

さらには北京オリンピックにそなえて
オリンピック総合病院も建設されるそうです.

2) オリンピック総合病院、まもなく着工
 http://japanese.china.org.cn/olympic/2007-04/30/content_8326185.htm

 完成すると、救急車200台、932人に上る救急チームの要員が配備される
 とのことです.すごいです.

3)救急医療で日中の協力関係進む…日本の福祉もアジアへ
 http://akagani.noblog.net/blog/e/10484882.html

愛知万博で責任者を努めた愛知医大野口宏教授らも
北京オリンピックに備えての救急のハード、ソフトの充実をはかっているようです。

日本で、急速に広まりつつあるAEDの中国での普及や
心肺蘇生を市民に拡げる事、などなど
北京オリンピックまでの、こうした救急面での準備も
医療関係者としては、目が放せない所ですね.

北京オリンピックに備えて市民向けの応急処置マニュアルも作成されたそうです.

4)「北京版応急マニュアル」発行、メンタル面の救助も
 http://japanese.china.org.cn/olympic/2007-08/06/content_8638044.htm

医療関係者としては、スポーツを楽しむだけではなく
こうした医療や救急の面でも、関心の深い北京オリンピックだと思います.
そういう意味では、救急医療の総決算ということになるかもしれません.

北京オリンピックをめぐっては
いろいろな問題があるとは思いますが
平和の祭典として無事に行われる事を願っています.

a0055913_045164.gif

by yangt3 | 2008-03-30 00:05 | ニュース