もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

改めて自己紹介など

今週は、これまでにもまして
多くの方々のブログ訪問をいただき本当にありがとうございます.

最近になってこのブログを訪問していただいている
新しいお客様のために、ここで再度自己紹介を
しておきたいと思います.

なんといっても最近Mac関係の記事が続いて
このブログは、Mac専用ブログか?と感じている人が
いるといけないので(それも一面の真実なんですが)

こちらは岐阜県にある民間病院の勤務医です.
限りなく愛知県に近く、愛知県内の病院とも病診連携しています.
循環器の仕事を専門としていまして
この病院で、心臓病の診療、心臓病の救急に従事しています.

a0055913_033230.jpg






以前は、救急病院に勤務しており、縁あって
2年前に、この地に赴任してきました.
医者一人で、循環器の仕事ができるわけもなく
私の秘密兵器として、カテ室スタッフだったレントゲン技師1名
人工心肺の経験もあるME技師一名、循環器病棟の看護士1名
さらには、同僚の優秀な内科医1名、そして私の家族といった
メンバーで異動してまいりました.

以来こつこつと仕事に励んでいます.

一応、このブログは、病院の公式ブログという位置づけで
私が自発的個人的に始めたものです.

ブログを始めるにあたって考えたことは
・病院職員への教育や啓蒙の場としてのブログ

・当院で治療された患者さんたちへの情報提供

・地域の皆さんへの私たちの病院の紹介
などを目的としていました.

ブログを続けていくうちに
多くの皆さんのご訪問を頂きまして
はては青森から、沖縄、大阪、兵庫、鹿屋などなど日本中の
皆様と、ブログを通じての交流が始まりました.

さらには、思いもよらぬ方から
ブログを見ていますよ、というお言葉をいただき
驚くことも多くなりました.

ブログを書き始めると
やはり我が師匠である故 古高 先生への思いを
記事にすることが多くなりました.
そういう意味では、このブログは
古高先生への追悼ブログでもあります.

さらにはブログを続けて
縁あって、アップルでこのブログを紹介していただく機会も
ありました.

医師として仕事を初めて以来、一環してMacを使っている
筋金いりのMacユーザーです.
最初に使用したMacは、知る人ぞ知るSE/30でした.
Macを仕事にどういかすか、というのも
私の一つのテーマであり、その記事が
アップルの担当の方の目に止まったようです.

学会や研究会などに出かけていっても
ブログやメールなどで交流がある先生とは
初対面のような感じがしませんでした.

個人的には、このブログを通じて
医療全般、そして救急について
より深く、様々なことを勉強するきっかけになったと思います.

地元の基幹病院の先生がたや救急隊の方々とも
このブログを通じて交流が深まったことも
さらにうれしいことでした.

このブログも足掛け3年.
始めた時と比べて、自分自身どれだけ進歩したか.

まあまだ勝負はこれからだと思っています.
うちのMEのI君にいわせると
先生、もっとがんがん行きましょう!
ということなので
さらにブログも仕事も頑張っていきたいと思います.

まあこれからもよろしくお願いします.
皆さんのコメントがなによりの励みになっています.
お気軽にコメントを寄せてください.

今年は、オフ会や勉強会など、昨年にもまして
さらにいろいろな活動を行っていきたいと思っていますので
応援をお願いします.
by yangt3 | 2008-04-12 00:04 | 一般