もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

医療とパワードスーツ

パワードスーツというと皆さん何を思い出すでしょうか.

ある人は、機動戦士ガンダムのモビルスーツを.

ある人は、サイボーグ009を.

これで年代がわかってしまいそうですが
パワースーツは、SFやアニメだけの中にとどまらず
現在では、パワーアシスト機器もしくはパワーアシスト装置として
さまざまに実用化が進んでいるのは、皆さんご存知の通りです.

特に医療分野において、介護点医療機器としての開発が
注目を浴びています.

この分野で有名な研究者である 山海嘉之氏 の記事には
人体密着型ロボットスーツ「HAL」への思いが
語られています.

 山海嘉之が挑む、介護でロボットスーツ「HAL」実用化/Tech総研
 http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000743


a0055913_085619.gif




パワードスーツをWikipediaで検索してみると
ー2000年代現在進行する少子高齢化や老老介護では
 介護市場の労働力不足も懸念されており、
 横抱きによる介護者の体力的負担も、
 家庭から病院での介護においての大きな課題となっている。

 こういった問題の解決に於いて、
 パワードスーツないしパワーアシスト機器は
 重量物の運搬や介護現場で非力な介護者が
 要介護者を抱きかかえて運べるようにする活躍が期待され、
 民生分野での開発がすすんだ。
 屋外作業では雨風や埃・熱といった過酷な環境での
 使用にも耐えなければならないが、
 屋内など限られた環境で限られた機能だけに特化する方が、実
 現しやすいためなのだろう。ー

パワードスーツ、ロボットスーツとして有名なHALが
どのようなものか.
次の記事に詳しく書かれています.

 HAL(Hybrid Assistive Limb)について - CYBERDYNE
 http://www.cyberdyne.jp/robotsuithal/index.html

a0055913_093266.gif


この記事によると
 HAL(Hybrid Assistive Limb)とは、体に装着することによって、
 身体機能を拡張したり、増幅したりすることができる
 世界初のサイボーグ型ロボットだそうです.

 HALは、生体信号から人間の意思を先取りし、
 人間の思い通りに動く「随意的制御システム」だけではなく、
 人間のような動作を実現することができるロボット的な
 「自律的制御システム」の二つの制御系が混在した
 サイボーグ型ロボットだそうです.
 
 生体電位センサの他にも、
 関節角度を測定する角度センサ、
 重心の位置を検出する床反力センサ等が取り付けられているとか.

 HALの応用分野は幅広く、
 医療福祉分野ではリハビリテーション支援や身体訓練支援、
 身体機能に障害がある方への自立動作支援、
 介護支援、工場などでの重作業支援、
 災害現場でのレスキュー活動支援、エンタテイメントなど、
 幅広い分野での適用が期待されているそうです.

このロボットスーツ「HAL」は量産工場の建設も開始されたとか.

---------ITmedia News 2008.04.17
ロボットスーツ「HAL」量産工場の建設開始
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/17/news035.html

  大和ハウス工業とサイバーダインは4月16日、
 人体に装着して使うロボットスーツ「HAL」の
 量産工場の建設を茨城県つくば市で始めた。
 10月予定の稼働開始以降、年間500台の生産を目指す。

----------------------------------------------------------------------------------
近いうちには、この HALが医療・介護施設などへのリースも始まるそうです.

医療分野にいよいよパワードスーツ、ロボットスーツの導入なんて
全く夢のような話です.

もし自分の施設に、この「HAL」が
やってきたらどのように活用するか
具体的な想像をしてみるのもよいかもしれません.

記事にもあるように介護やリハビリの支援には
かなり現実的な効果が期待されると重います.

大型災害でのレスキュー活動でも同様に
即時的な効果が期待されそうですね.

あとは、例えば少ないスタッフで心肺蘇生をしなければならないときに
この HALがあれば
持続的で途切れることのない、効果的な心臓マッサージと蘇生を
続けることも楽になりそうです.

いきなり夢のようなシステムを与えられて
すぐには思いつかないですが
HALが現場に投入されることにより
確実に医療現場や救急現場が変わる予感ああります.

HALのようなロボットスーツの仕様が当たり前になれば
さらなるよりよい活用方法と、さらなる技術の向上が
スパイラル効果で進んでいくことになるでしょう.

個人的な趣味は置いておくとして
医療の仕事に、皆さんは、このHALをどのように使いたいと
思いますか?

追記;

おりしも テレビでは
救急戦隊ゴーゴーファイブというのがやってますね.
救急、レスキューがテーマなので
子供よりも大人が夢中になりそうです.

平時の訓練の時に、人形を使った心肺蘇生の訓練をしていたりと
けっこうおお!と思う救急戦隊です.

HALを身にまとった訓練された救急隊の方々による
実際の救急戦隊の編成も、それほど遠い未来ではなさそうですね.

a0055913_1132041.gif

by yangt3 | 2008-04-22 00:10 | ニュース