もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

掃除で元気に

最近、仕事に追われていて(いつものことですが)
なかなか机の上が片付かないです.

自宅のほうは、家人がちゃんと面倒みてくれて
きれいにしてくれるので平気ですが
病院の自分の机は、自分でなんとかしないと
どんどん片付かなくて、乱雑になる一方です(笑)

病院で仕事をしていると、実に様々な書類や文献などが
次から次へと送られてきてはたまってきます.

油断をしていると、ついぞ目を通さないままで
机の片隅にどんどんと積まれていって一山つくるわけです.

中には、大事な書類もあるために、一応チェックしなければ
捨てるに捨てられず
かくして医者の机はいつも乱雑です(私だけ?)

もちろん、医師にもいろいろな性格の方がおられて
たとえば私の僚友である内科医先生は、いつもきちんと机の上を
整理整頓されています.

いちおう、机の上が乱雑なほうが私は気分が落ち着くからと
ここでは、負け惜しみを言っておきます(笑)

a0055913_013283.gif






体調が悪いとき、気分が落ちこんだ時に、
とにかく体を動かすこと、ちょっと環境を変えてみることで
少し気分もはれることがあります.

掃除で憂鬱な気分が晴れるという報告があります.

---------掃除で憂うつな気分も一掃 健康・美容海外ニュース
2008.04.09
http://www.e-expo.net/world/2008/04/post_253.html

 掃除などの家事をすることで、
 家がきれいになるだけでなく気分も高めるとの報告が、
 英医学誌「British Journal of Sports Medicine」オンライン版に
 4月10日掲載された。

 身体活動レベルが高いほうが有益だが、
 活動の種類にかかわらず、
 わずか週20分の身体活動がメンタルヘルス(精神的健康)に
 良い影響をもたらすという。
 
 運動が身体に有益であることはよく知られており、
 心疾患や2型糖尿病、高血圧症、一部の癌(がん)のリスクを低減する。
 運動は血流の改善や、うつ病や認知症に関連する炎症を
 軽減させると考えられているが、
 精神面にもたらす有益性はそれほど明らかでない。
 今回の研究は、どのくらいの運動量が精神面で
 よい影響を与えるかを検討したもの。

 英ロンドン大学ユニバーシティカレッジのMark Hamer氏ら 
 は、1995、1998、2003年に
 スコットランド健康調査(Scottish Health Surveys)に
 参加した約2万人の男女を対象に、
 身体活動と「心理的苦痛」に関する質問票に記入してもらった。

 その結果、家事やガーデニング、ウォーキング、スポーツなど、
 種類にかかわらず日常の身体活動によって、
 心理的苦痛のリスクが41%低下した。
 気分低下のリスクは、スポーツによって最も軽減した。
 ただし、研究者らは、今回の研究は
 因果関係を検討しようとしたものではなく、
 関連性を検討したに過ぎないとしている。

 米レノックスヒルLenox Hill病院(ニューヨーク)の
 Suzanne Steinbaum博士は
 「何かあると薬に頼りがちだが、今回の研究で、
 気分に良い効果をもたらすのは
 それほど大変でないことが示された」と指摘。

 また、米テキサスA&M大学健康科学センター(Temple)
 医学部精神医学助教授のJane Ripperger-Suhler博士は
 「今回の研究は、家事を少しやって
 スポーツをたくさんすることを勧めているもので、
 掃除を余分にすればよいというわけではない」と述べている。
------------------------------------------------------------------------
最近は、抗うつ剤の治療の進歩もあり
適応のある方の治療が随分と楽になりました.

ただし精神医学を専門としない一般内科医や他科の医師にとっては
どうしても薬に頼りがちという側面は否定できず
いわゆる精神療法は、精神科医師でなければ
難しいです.

憂うつな気分に、環境、日照、天候、湿度、温度など
さまざまな外的要因が関連することはよく知られています.

もちろん普段はどうもない 何気ない 他人の一言が
妙に気になったり、他人の目線が落ち着かなく感じたりします.

当直や病院の泊まり込みで、家になかなか帰れず
お日様にもなかなか あたれない生活を送っていると
やっぱりどんどん元気がなくなる感じがします.

ちゃんと食事をして、睡眠をとっても
しゃんと外に出て、陽に当たり、外の空気に触れないと
心も体も弱っていく気がします.

非常に忙しい当直明けの朝に、ちょっと外にでて
朝日を浴びると、一瞬ですが疲れも吹き飛ぶようです.

もちろん「お疲れさまー」の元気な一声が
さらに疲れを吹き飛ばすことはいうまでもありません.

a0055913_01596.gif


小学校の頃の掃除当番がなつかしいです.
by yangt3 | 2008-04-24 00:02 | 一般