もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

勉強会の翌日は...

nozakoji先生との合同企画も無事に完了し
お互いの学会活動も無事に完了し
月曜日は、心機一転また仕事でした.

まるでその予定を見透かしたように
月曜日の朝からばりばりの大変な症例が救急搬送されました.

おりしも月曜日の午前中は、可茂地区の救急搬送が重なってしまい
救急車が全車両、出払ってしまうという大変な事態に!

それでも金曜日の nozakoji先生の講義と
土曜日の研究会によって
スタッフのモチベーションが上がっていて
頑張れ!、頑張れ!のかけ声のもと、救急、救命に力を尽くしました.

頑張れば頑張るほどに、自分たちの足りない部分が見えてきます.
スタッフ不足はしょうがないにしても
これがあればとか、あれがあればとか
どんどん救命のレベルが上がれば上がるほどに
納得のいく結果が得られなかった時の悔いも強くなります.

現場から、いっぺんに全てを変えることはできませんが
少しずつでも良い方向に進むように
循環器救急の救命のさらなる向上という
同じ目標を目指していきたいものです.

a0055913_082639.gif






実は、この5月11日は、子供の誕生日だったので
子供たちを連れて誕生日プレゼントを買いに出かけていました.

今年は、なんとテント一式、アウトドアセット一式を
購入してしまいました.
もはや子供の誕生日プレゼントの枠を超えていますが
まあ家族でつかうものだから...(笑)

家族全員が入れる大きなテントはもちろんのこと
シェラフ(寝袋)も家族全員の分を購入しました.
けっこう大変な買い物でした.

さて大人用のシェラフ(寝袋)をあれこれと
選んでいるときのこと
製品の説明にこんな言葉が...
「キャンプや合宿、急な職場のお泊りにも
 これがあれば安心です.....」

そうだったのか、知らなかったのは私だけでしょうか.
緊急で病院に合宿することが多い私にとっては
寝袋が必須だったんですね.

今だから話せますが
病院の新築前は、当直室は一つだけで
当直以外で、緊急で泊まろうとすると、本当に部屋がありませんでした.
枕をもって、夜の外来診察室やら内視鏡室やらを
うろうろして仮眠できるスペースを探していました.

こんな時に寝袋を持っていたら、どこでも寝られたのに...
残念.

そんなわけで今は、大人用の寝袋を見事手に入れたのですが
新病棟が完成して
夜間、仮眠を取るスペースも出来たので
今は、寝袋の出動の機会はないですね(笑)

とはいうものの、患者さんの病状によっては
ベッドサイドのすぐ横で仮眠をとることも必要になるかもしれず
そんな時には、いつか必ず
今回用意した寝袋が活躍することと思います.

一度、オフ会でキャンプを計画しましょうか.
とりあえず真面目な勉強はあとにして(笑)
by yangt3 | 2008-05-13 00:08 | 一般