もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

iLabー血管内超音波 IVUSのデモ

カテ室のリニューアルに向けて
カテーテル検査・カテーテル治療に使用する
様々な医療機器のリニューアルも検討しています.

6月6日は、カテーテル治療に必須の医療機器である
血管内超音波検査装置(IVUS)の
デモンストレーションがありました.

ボストンの iLabです.

a0055913_101163.gif


現在、私のカテラボではボストンの
ギャラクシーという血管内超音波装置を使用しています.
このiLabはそのバージョンアップとなります.

いろいろ見て触ってみました.
今回は、操作コンソールを中心に.
(モニターはデモ用のPCでした)




iLabの特徴としては
メーカーさんの話によると

・全ての操作が液晶タッチパネルになった
 (業界発とのこと)

・Macと同様のトラックパッド、クリックボタンシステム
 を採用したこと

・使用するIVUSプローブは現状のアトランティスのままで
 解析プログラムの改良により解像度の向上が
 測られているということ

 デモ製品であったため
 ちょっとクリックボタンが固い感じがしましたが
 これは慣れの問題でしょうね.

・計測アシストやダイナミックレビューなどの新しい機能で
 難しい症例のIVUS計測も楽々に!できますと
 メーカーさんの話でした.

近隣のハートセンターをはじめ
導入される病院も増えているそうです.

当院でもカテ室リニューアルに向けて
IVUS装置のリニューアルも検討中です.

なんと行っても今回も目玉はこれです.
テーブルサイドコントローラー(TSC)!
なんだか、昔の鉄人28号の操縦機みたいです.

a0055913_102238.gif


これで受ける人は、世代がわかりますね(笑)

カテ操作台の近くに取り付ければ
清潔でカテを行いながら
術者が自分で病変のIVUS計測ができるという
優れものです.

このコントローラーで再生、計測、ブックマークなど
治療に必要な操作はほぼできます.

実際にさわってみると、どうしてこれが
いままでなかったんだろうと
はまってしまいます.

古いMacユーザーにはお分かりだと思いますが
最初のPowerBookには
トラックボールというものがついていました.
マウスを逆さにしたようなデバイスが
トラックパッドについていました.

コントローラーの代わりに
トラックボールがついたバーションもあると
いいですね.

いっそのこと、術者の好みにあった
コントローラーがオプションで突けば
受けると思うのですが(笑)

血管内超音波(IVUS)は
カテーテル治療の要なので
いろいろ検討をしていきたいと思います.

これからもデモをしていく予定なので
また報告します.
by yangt3 | 2008-06-07 10:02 | 一般