もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンギオ装置のデモ

心カテ室のリニューアルに向けて
さまざまな医療機器のデモが続いています.

メインは心臓カテーテル治療の要である
血管撮影装置(アンギオ装置)です.

確実で安全な治療のために
高機能、高画質でよりスピードの早い
アンギオ装置は揚力な武器になります.

よりよい医療のために
少しでも質の高いカテーテル治療のために
よいアンギオ装置を導入したいと思います.

カテ室スタッフ一同で
いろいろなメーカーさんのデモをみて
検討中です.

a0055913_23192326.gif






まずは島津さんとTOSHIBAさんのデモがありました.
血管造影装置を丸ごと
デモで持ってくる訳には行きませんので(笑)
モニターのみのデモです.

1)BRANSIST SAFIRE ー 島津製作所

a0055913_23202487.jpg


製品の特徴としては

・Power-RSM filter による超高精細FPDime-jingu

・スピーディな画像操作、高速レスポンス

・低線量システム
とのこと.

a0055913_23205566.jpg


有名なS先生の意見が開発に取り入れられているとか.

ペリフェラル(末梢血管)の画像は
たしかにきれいです.

a0055913_23213798.jpg


できればS先生の治療環境をそのまま
再現できるプログラムがあれば
ちょっといいかも、と感じました.

CTO アシスト機能とか、Retroアシスト機能とか.

2)Infinix Celve-i ー 東芝

a0055913_2322932.jpg


全身血管対応システムとのことで
脳血管治療、心臓治療に対応の機種のデモです.

画像は最新のフラットパネルであり
画像処理、デジタル処理により
各メーカーともにきれいで高画質の画像となっていました.

a0055913_23224959.jpg


東芝さんのアンギオ装置は
C アームの高速回転や
C アームの横手移動など TRIなどにおいて
橈骨動脈穿刺際のC アーム移動に工夫が感じられました.

東芝さんは、アンギオ装置だけでなく
心臓CTとパッケージングでのデモとなりました.

今回プレゼンがあったのは
Aquilion 64 列マルチスライスCTです.

マルチスライスCTによる心臓検査の有用性、必要性については
私もこれまでの記事でなんどかお伝えしてきました.

カテ室リニューアルに向けて
ぜひ心臓CTの導入も、同時にと考えています.

心臓CT、マルチスライスCTの進歩と技術革新は
とどまる所をしらない感じですが
導入のための価格もけっこうなものです.

心臓CTのほうも、各メーカーさんのデモをみて
これから検討予定です.

さて東芝さんのCTについては
今回 320列CTの発表を受けて
従来の 64 列CTにおいても最新のテクノロジー
ソフトウエアによるアップデートが利用可能になるとか.

まあ例えていえば、最新のMacBookと、MacBook Proの関係か.
いやまたは、MacProと、iMacの関係みたいです.

多いに悩む所ではあります.

a0055913_23232826.jpg


まだ導入されてもいない機械のことを
あれこれ書くのもなんですが
新しいアンギオ装置、心臓 CT装置の導入によって
カテ室は確実にリニューアル、パワーアップが
可能になります.

カテ室スタッフのモチベーションも多いに上がることと思います.
もちろん私もとてもうれしいです.

新しいカテ装置が導入されれば
・スレンダーシステムの本格的な導入
・3Fr診断カテの導入
・CTO症例への積極的なアプローチ
などを考えています.

その日が来ることをいまからわくわくして待っています.

カテ室の環境が整えば
ご高名な諸先輩方、諸先生方を、この地に
お招きすることも可能になると思いますので
頑張っていきたいです.

各施設でのご経験を教えて頂けると幸いです.
by yangt3 | 2008-06-11 23:23 | 一般