もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

再び大阪に施設見学へ

7月24日(木曜日)は
またアンギオ装置の施設見学のため
午後より大阪に出かけてきました.

本日お伺いしたのは
大阪 医誠会病院です.
こちらには、島津製作所のアンギオ装置を
見学となりました.

午前中の春日井での灰本クリニックの外来診療を終えて
すぐに新幹線にて大阪に向かいました.

今日も名古屋も大阪も暑いです.

本当に最近よく新幹線に乗っています.

これからまだ何カ所か施設見学の予定があるので
頑張ります.

a0055913_21491733.gif






今回のカテ室リニューアルでは
古いアンギオ装置を交換して
新しいフラットパネルの最新の
血管造影装置を導入することが決まっています.

さらに同時に、心臓の評価が可能な
新しい心臓CTの導入も予定されています.

さらに心臓CT、アンギオ装置の画像解析のために
画像解析のワークステーションの導入も
予定されており
本当に楽しみです.

カテ室の責任者としては、こうした医療機器だけでなく
カテ室の足回りをさらに向上させるための
細かな周辺機器の導入もお願いしているところです.

さて春日井から新幹線を乗り継いで
大阪に着いたのが午後2時すぎでした.

訪問させていただいたのは、
大阪は東淀川にあります医療法人医誠会 医誠会病院の
心臓血管センターです.

おりしも心臓カテーテル治療の真っ最中でした.
デモ画像をみるよりも
実際の治療画面を見るのが100倍参考になりました.

医誠会 心臓血管センターでは
アンギオ装置が2台導入されており
うち1台は、島津製作所の
BRANSIST Safire でした.

月間、年間かなりの症例を、このアンギオ装置を使って
検査・治療を行っているということでした.

ユーザーとしてのご意見などを
心臓血管センター 副所長の山田先生にお話を伺うことができました.

カテーテル治療が終了してから
iPhone を使って、カテ室の写真撮影をさせて頂きました.

我がカテ室も、スペースに限りがあり、
iVUS、IABP、PCPSなどの医療機器も設置する必要があり
コンパクトで使い回しのよい、アンギオ装置が理想です.

おりしも心臓血管センターの山田先生、大島先生のお二人が
Macユーザーであることもわかり
しばしアンギオ見学を忘れて
Mac談義、iPhone談義となってしまいました(笑)

さらには大島先生が、私のこのブログを見て頂いているとのことで
ブログとMacが取り持つ縁といいますか、ネットワークに
ちょっとびっくりです.

これを機に、医誠会心臓血管センターの先生がたと
仕事やブログを通じて、よりお近づきになれたら最高です.
これからもよろしくお願いします.

アンギオ装置導入に向けて
本当に今日の見学ツアーは、参考になりました.

さて Macユーザーで、SCJ iPhone ユーザークラブの一員である
私としましては、最近、毎日
iPhoneの医療、循環器への応用を考えています.

アンギオ措置や心臓CTなどの画像を、
画像サーバーなどを介して
iPhone上のDICOM画像ビューアーで閲覧することができて
かつ簡単な画像解析ができるとよいと思うのですが.

現在、さまざまなメーカーの方に、この問題についての
回答、対応をお願いしているところです.
(近トラまでに返事をもらえるとうれしいです)

iPhoneの良さを生かした楽しくクールな使い方を
また提案していきたいと思います.

a0055913_21495611.gif

by yangt3 | 2008-07-24 21:50 | 一般