もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

スーパーおじいちゃん

受験で一生懸命に勉強したことで
今の仕事で役に立っていることっていえば
せいぜい英語くらいでしょうか.

とはいっても、受験英語であるため
英会話の役にたつトレーニングもなく
未だに英語は苦手です(笑)

仕事に追われて、ゆっくりする時間も精神的余裕もなくなり
いまさら新しいことにチャレンジする気分も
なかなかないのが本当のところです.

敬老の日につなんで全国の頑張る高齢者の話が報道されています.
「まだまだ若いものには負けない」とがんばる
方々に対して
ちょっと反省しなければならないかもしれません.

 目標は100歳で100メートル走 和歌山の94歳男性
 http://www.asahi.com/health/news/OSK200809150003.html

a0055913_031541.gif

(図は「みつこちゃんとスーパーおじいちゃん」という絵本です)





(記事続き)
 100歳で100メートルを走る――。
 こんな目標を掲げた94歳の現役陸上選手がいる。
 和歌山県紀美野町鎌滝の奥博一さん。
 歩きを中心に体力作りを始めて1年だが、
 和歌山市で昨秋開かれた60歳以上限定の
 マスターズ陸上国際大会走り幅跳び(90歳以上の部)で
 優勝するなど壮健だ。
 宮崎市で26日に始まる
 「第29回全日本マスターズ陸上競技選手権」
 (日本マスターズ陸上競技連合、朝日新聞社主催)では、
 県内11人の最高齢選手として活躍が期待される。

 (後略)
a0055913_04476.gif

----------------------------------------------------------

ビートルズの曲に
When I'm 64(64歳になったら)というのがありますが
私も64歳のみならず94歳になっても
この方のような元気とバイタリティを保ち続けたいものです.

日々の仕事でも、常に新しい知識や技術が導入されて
それについていけなければ、いわゆる精神的リタイア
ということになります.

たえず押し寄せてくる新しい知識や技術の習得を
楽しいと感じるか、つらい、負担と感じるか
年齢的、体力的な年齢ではなく
精神的な若さが必要になりそうです.

学生の頃は、根拠のない万能館(オールマイティ)に
我が身を包み、なんでもできるような気がしていましたが
現実はきびしいです.

大リーグと同じで、若い人のほうが
体力も柔軟性もあり、逆にかえって
こちらが学ぶことも多いこの頃です.

頑張っている若い人、できる若い人を見ては
同年齢の頃の自分と比べて反省することしきりです.

年齢に臆することなく元気な年配の方をみては
自分が同じ年齢に達したときに
がんばれるのだろうかと、やはり反省します.

年齢に関係なく、自分にあきらめの口実を与えているのが
一番よくないのでしょうか.

最近、読んだ本です.

 上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書) (新書)

 岡本 浩一  著

a0055913_04351.gif


 本書で想定されているのは、普通の生活をしている私たちが、
 人並みの適性のある技能に、そう無理ではない練習量で、
 まあまあ一人前のレベルに達しようとする過程であります.

  本書によると、上達は単に鍛錬の量や時間だけで決まるものではなく、
 上達の法則という理にかなった鍛錬が効率の良い上達を生むことが
 理論的に記載されています.

 記憶心理学、学習心理学、記憶心理学などをベースに、
 上達法を科学的に分析した結果をみて
 おもわず、私もまだまだこれからという気分に
 させてくれます.

 努力が報われるためには、やみくもに行動するのではなく
 きちんと科学的な努力が必要なのだと感じました.

そんなわけで、若い人の体力には、もはや かないませんが
少しは経験値がある分
若い人よりは、上達の方法や努力の方法を知っているということが
私たちの世代の強みであると思います.

あとは、そういう高いモチベーションや
上達への意欲や、高い好奇心を保ち続ければ
スーパーおじいちゃんや スーパーおばあちゃんに
なれるのかもしれません.

私の場合、子供たちが独り立ちするその日までは
若い人たちに負けないように頑張りますよ!

子供が独立したら、あとは好きなことをして暮らしたいです.

とりあえずは、マック三昧の日々...って
今もマック三昧でした(笑)
by yangt3 | 2008-09-16 00:05 | ニュース