もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

質的過重

平成20年10月30日に大阪高裁である判決が下りました.
25歳の若さで過労のために亡くなられた看護師さんの
過労死認定の裁判です.

 1)看護師の職場改善を要求-村上裁判
 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/18884.html

 2)2審も看護師の過労死認定 大阪高裁、質的過重を評価
 http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103001000551.html

詳しくは個々の記事を見ていただくとして
今回の判決では
 勤務先の病棟は「恒常的に時間外勤務をせざるを得ない状況だった」
 不規則な夜間交代制勤務など質的な過重性も併せて認定されたことが
突起するべき点です.

医師と同様にマンパワー不足のため看護師さんたちの仕事も
より過酷な状況となっています.

勤務の都合によっては、医師と同様、もしくはそれ以上のハードな
勤務を余儀なくされているのが、現在のナースの方々の現状だと思います.

労働時間の量だけでなく、不規則な勤務で食事も睡眠も休憩も十分に取れず
少ない人数で常に神経をとがらせ、気も休まる暇もない
そんな医療の現場を、今回の裁判の判決を機に
少しでも改善できるように、と思います.

若くして亡くなられた村上さんのご冥福を心よりお祈りいたします.

a0055913_19143713.gif

花言葉は、別れの悲しみ...
by yangt3 | 2008-10-31 19:09 | ニュース