もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

医療支援ネットーe-doctorplusをためす

我が病院もずっと慢性の人手不足で本当に大変です.

地方の病院で勤務する医師の悩みとしては
こうした慢性の人手不足のために、日常の業務に追われて
学会や研究会などへの参加がなかなかできない、ということです.

この土曜日も本当は豊橋で開催の研究会に参加予定でしたが
代診もおらず、人手不足で参加できませんでした.

このままどんどん仕事に忙殺されて
時代遅れになっていくようなそんな危惧を感じます.

地方で仕事をしながら 手の空いた時間に
学会や研究会のライブなどを、ネットで見ることができれば
かなり便利なのですが、まだそこまで踏み込んだ
ネットサービスはないようですね.

ちょっと有望な歳とを見つけました.

 リンクスタッフ 医療研修ネット支援 名医の手術を動画で学ぶ
 http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200810300092a.nwc

若手医師、医学生を対象とした 手術やカテの動画を
供覧できる教育サイトです.

a0055913_1553447.gif






(以下記事より引用)
 ー医師や看護師ら医療関係者の人材紹介業最大手、
 リンクスタッフ(東京都港区)は、
 若手医師や医学生を対象に会員制サイトで
 最先端の医療技術が学べる国内初のeラーニング事業を始めた。
 著名な医師陣の全面協力を得て、
 名執刀医の数々の手術を解説付きで動画配信し、
 最先端の技法や医療機器の活用術を目の当たりにできるのが特徴。
 (中略)
  新サイト「イードクタープラス」(http://www.e-drplus.jp/)は
 入会金や年会費などは無料。
 入会時には、厚生労働省の医籍登録データを基に
 国家資格を持つ医師かどうかを調べ、
 学生の場合は学籍番号の照会などを通じて、厳格に身元確認をする。
 (中略)
 協力する医師陣は現在約40人。
 細い管状の医療器具(カテーテル)を血管に挿入する心疾患治療で
 “心臓カテーテルの神様”の異名を取る循環器内科の延吉正清氏をはじめ、
 人気漫画「ブラックジャックによろしく」の登場人物のモデルにもなった
 心臓外科の南淵明宏氏らそうそうたる面々ばかり。
 医師らの日常をつづるエッセーコーナーも設けた。
 (後略)

ということでさっそくこのサイトに登録しました.
医師の場合は、医籍登録番号が必要になります.

こちらがそのサイトです.

 e-doctorplus
 http://www.e-drplus.jp/

a0055913_15620100.gif


たしかにいろいろな分野の動画が供覧できます.
今の所、メインは、各学会でのライブの記録や、発表を元にした
動画が中心のようです.

循環基関係では、延吉先生の第14回小倉ライブのライブが
4症例掲載されています.

千葉西病院の三角先生のロータ症例1例と
末梢のエキシマレーザー症例が1例、掲載されています.

まだ始まったばかりだと思いますし、掲載症例は少ないですが
これからのコンテンツの充実を期待したいところですね.

ただ難点としては動画のサイズが小さいことです.
たぶん iPhoneやiPod touchなどで見る分には申し分ないのでしょうが
MacやPC上では、小さいサイズがちょっと
気になります.
サイズに関しては、今後の改善を望みます.

あと ドクター漫画として
根津 八紘先生、南淵 明宏先生、高須 克弥先生、三角 和雄先生の
漫画がネットで読めることです.
けっこう面白いですが、病院の中で目を通すのに
ちょっとだけ勇気がいりました(笑)

会員になると自分で作成した動画のアップロードも可能なようです.

さっそく病院の若手スタッフにも動画を見てもらいましたが
みんな、すごく参考になる、と目を輝かせて見ていました.

百聞は一見にしかず、教科書で、文章で勉強するよりも
手術やカテなどの最新技術をこうした動画で
勉強することは、本当に役に立つと思います.

現在、大きな学会などでは、学会記録のDVDなどを提供してくれますが
リアルタイムで、インターネットで
自分の職場にいながら、学会やライブの様子を
見ることができれば、というのが地方の医師の願いです.

技術的には、もう十分に可能だと思うのですが....
by yangt3 | 2008-11-01 15:06 | 一般