もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

名古屋ハートセンターの先生方がいらっしゃいました!

この12月5日(金曜日)午後ですが
名古屋ハートセンターの先生方が
私たちの病院を訪問していただきました!

今回、当院に来て頂いたのは
名古屋ハートセンターの院長、副院長のお二人と事務長さんです.

a0055913_035866.gif


有名な外山先生と米田先生のお二人の間で
無理をいって写真を撮らせてもらいました.

ミーハーな行動で済みません(笑)
最近、こんなことばっかりやっていますが
なかなか貴重な写真です.

さて私が現在所属している東可児病院の循環器は
3年前からほとんどゼロの状態からスタートしたのですが
今回、こうして著名な先生方のご訪問を受けることができて
感慨もひとしおです.




さてこちらが名古屋ハートセンターの
ホームページになります.

 1)名古屋ハートセンター
 http://nagoya.heart-center.or.jp/

a0055913_045099.gif


米田先生のホームページはこちらです.

 2)心臓血管外科情報WEB
 http://www.masashikomeda.com/

私は循環器内科なので、内科的治療については
かなり詳しく説明できるのですが
外科的な治療については、教科書的な話になりがちです.

米田先生のこのページは、さまざまな心臓外科の治療について
わかりやすい開設が掲載されていて、とても参考になります.
添えられている図も、かなり細かい所まで触れられていて
私も勉強になります.

外科の話は、私に聞くより
米田先生のページを見た方がいいかもしれませんね.

a0055913_053697.jpg


2001年のMacワールドエクスポ基調講演で
スティーブ・ジョブスは「デジタル・ハブ」構想を提案しました.

「デジタルハブ」とは、私たちの日常を取り囲む
さまざまなデジタルグッズを
マックと一緒に使うことで、
もっと便利にもっと楽しくしていこうという構想のことです.

現在では、アップルのデジタル・ハブ構想の結果として
MacBook Airが生まれ、アップルTVが生まれ
iPhoneが誕生し、さらに魅力的な製品の発表が心待ちにされています.

私がMacユーザーだからだと思いますが
循環器のネットワークを考えるにあたっては
こうしたデジタル・ハブを参考にしたいと思っています.

私たちのような地方の民間病院にあっては
現在の厳しい医療情勢の中であらゆる科の専門スタッフを
多数集めることはかなり困難です.

逆に小さな病院の足回りの良さを生かして
地域の基幹病院や 名古屋ハートセンターのような専門施設との
連係プレーを確実なものとするほうが
現実的な戦略だと考えています.

つまりは情報ならぬ医療のデジタル・ハブ構想という感じでしょうか.

循環器をベースに、地域のポータルサイトのような病院を
構築していきたいですね.

もちろん将来、多くのスタッフに参加していただいて
循環器診療をより深く極めるという目標も密かに持ってます.

また機会があれば
さまざまな施設やカテラボを訪問させていただくつもりです.

名古屋ハートセンターへの見学ツアーも計画してますので
参加希望のスタッフは
私に声をかけてくださいね.

一緒に連れて行ったスタッフが浮気して心変わりしないように
私も循環器の仕事一生懸命頑張ります.
by yangt3 | 2008-12-06 00:06 | 一般