もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

心臓CT 導入 準備中!

新しい心臓CTの工事は順調に進んでいます.

今回 導入されるのは
心臓CT本体が
SIEMENS社のSomatom Definition AS+ 128Slice CTです.

128列ということで高画質な心臓CT画像がいまから楽しみです.

a0055913_022947.gif


さらに心臓CTの導入に合わせて画像解析ワークステーションである
ZIO システムも導入されます.
Macユーザーなので、MacBook Proで ZIOを使用するつもりです.

a0055913_025980.gif


128列CTとZIOのシステムが稼働を開始した際には
循環器疾患の診断に すごい威力を発揮すると思います.

これまで狭心症の疑いで 心臓カテーテル検査を勧められたのだが
カテは怖いからいやだ、という方も
心臓CTで狭心症の検査・診断が可能になります.

地域の循環器ステーションとして、近隣の開業医の先生方にも
心臓CT診断を十分に活用していただくため
これまで以上に、ネットワークの構築に
意を尽くすつもりです.

具体的な仕様については、逐一 ブログで紹介していきたいと思います.




新しい心臓CTの工事の進捗状況は
カテ室スタッフも、毎日 気にしています.
工事の合間に、中の様子をのぞき込んでいます.

a0055913_044028.gif


こちらが新しい心臓CT室の入り口になります.
まだ入り口はいじっていないので
殺風景な感じです.
数字のNo.5が、なんとなくサンダーバード的な感じでもありますね.

a0055913_053990.gif


旧アンギオ装置が撤去されてすぐは、殺風景で寂しげな感じでしたが
新たな心臓CTの導入にむけて、室内の内装も新しく施されて
見まがうほどの綺麗な空間に変身しています.

a0055913_04343.gif


すでに天井には、造影剤自動注入器設置のための器具が
取り付けられています.
旧カテ室が新しい心臓CT室に生まれ変わることを
改めて実感しました.

a0055913_05619.gif


2月初旬には、心臓 CT本体が運び込まれ
2月中旬までには、設置が完了する予定となっています.
同時に、ZIOワークステーションの準備、導入も進められる予定です.

私のZIO 専用マシンとなる新しい Macも
たぶんその頃には届くはずです.早くてもとに新しいMacが来て欲しいです(笑)

実際のCT稼働は、2月下旬から3月上旬を予定していますが
工事の進捗状況と、ZIOワークステーションの稼働状況によるので
まだ流動的です.

詳しいことは、循環器外来にておたずねいただけるよう
お願いします.

当院に通院中の方、当院でカテーテル治療を受けられた方には
まず優先的に心臓CT検査を行う予定です.

心臓CT 担当の若手スタッフが一生懸命頑張って
いっぱい検査をやってくれるそうなので
実際に稼働となった際には、飛び込みや緊急にも対応したいと考えています.

新規の患者さん、はじめて当院にかかられる患者さんにも
できるだけ心臓CT検査の要望に応えていきたいと考えてます.

今後の情報については、またブログを覗いて見てください.
先日も、心臓CTの問い合わせが実際にあって
本当にうれしかったです.
現在、スタッフ一同で鋭意準備をしていますので
またお願いします.

追伸;
1月29日(木曜日)夕方より
CCT参加のため 神戸に出張となります.

1月31日(土曜日)の循環器外来は休診となりますので
よろしくお願いします.
by yangt3 | 2009-01-28 00:06 | 一般