もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

余命

話題の映画「余命」をDVDで観ました.

a0055913_08433.gif


谷村志穂さんの小説を映画化した作品で,、松雪泰子さん主演です.

生と死を見つめた小説や映画は過去にも数多くありますが
この作品も心に残る作品となっています.

仕事のこと、家族のこと、友人や知人のこと
そして大きなこともなく流れる日常生活が静かに描かれる描写に
最初は違和感を感じたりもしますが
最後の結末まで見終わった後には、それこそが
本当のリアリティだと感じます.

人生にとって本当に大切な決断はこんな感じなのかもしれません.

映画では、時間の関係から家族や夫婦の関係が主に描かれています.

映画を観た後でも、原作の「余命」を読むと
また新たな発見や感動を見つけることができます.
映画ではカットされた細かいエピソードが小説の中にはあって
より深く「余命」という作品を理解することができます.

この作品の主人公の命をかけた決断をどう感じるかどうか.

主人公の立場に立たされた時、もしくは主人公の夫の立場に立たされた時
自分だったらどう考えて、どう行動するのだろう.

そんな風に、映画を見終わった後に、ずっと考えざるを得ないような
ちょっと重いくて深いけれど、暖かい宿題をもらえる感じがします.

最近、こうした生と死を真正面から描いた作品が増えています.

自分たちの物語として、目をそむけないで一度きちんと
考えておいたほうがよいと思います.家族のためにも.

a0055913_091026.gif

by yangt3 | 2009-07-05 00:09 | 一般