もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

山越え

今月は、なぜか末梢動脈のカテーテル治療が多いです.

心臓、狭心症のカテーテル治療は PCIと呼ばれます.
Percutaneous Coronary Intervention;経皮的冠動脈インターベンション
という意味です.

末梢動脈、下肢動脈の治療は、PPIと呼ばれます.
Percuntaneous Peripheral Intervention;経皮的末梢動脈インターベンション
という意味です.

そんなわけでいまの時代、気管内挿管というと、年代がわかってしまうように
末梢動脈治療のことを PTAと呼ぶと、時代とか世代がわかってしまいます.

ベテランの看護師さんとか、気をつけましょうね(笑)

今日の症例では、透析患者さんの末梢動脈のカテーテル治療で
さっと細い道具で、さっと治療が完了するつもりで始めたのですが....

そうはあにはからんや.

健常側から対側シースで山越えで治療側の総腸骨動脈に進めようとした所
左総腸骨動脈の狭窄が思いの他、きつくて、そこからとても苦労いたしました.

a0055913_7394251.gif


バルーンやガイドワイヤーを変えてみたり、シースを変えてみたり
結局はステントを入れてみたり、末梢動脈治療も、複雑病変であれば
本当に大変です.

なんとかカテ室スタッフみんなで頑張って、最終的には予定通りの治療を行い
無事に末梢動脈のカテーテル治療が完了しました.

今回の教訓としては、
 ・透析患者で石灰化も強く、強い屈曲もある狭窄病変では
  どんな道具も通過は困難であること.

 ・押してもだめなら引いてみな.細いカテがだめならサイズを変えて.
  末梢動脈ステントは、けっこう通過性がよいってことです.

今月は、末梢動脈のカテーテル治療が多く、カテ室スタッフ一同
よい勉強になっています.これを機会に PPIを極めていきましょう!

もちろんBGMは「天城越え」で.

a0055913_7402128.gif

by yangt3 | 2009-07-08 07:40 | 一般