もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ革命

2005年10月に突然思い立って このブログを開設して以来
現在までどうにか細々と続けてくることができました.

ブログを続けるメリットとして、私自身もたくさんの本を読み
記事を書くためにちょっと勉強もできました.

ブログを続けたこの数年間で、病院のスタッフもブログを始めています.
私の影響を受けて、何人かはMacユーザーとなり
iPhoneを入手した人もいます.
まあまあのブログ効果ではないでしょうか.

このブログによって、日本中の先生方とお近づきになれました.
日々支えてくれている病院スタッフに感謝です.

このブログは当院でカテーテル治療を受けられた患者さんの皆さんの
情報源にもなっていますので、これからも頑張ります.

このように私のブログは地域密着型、地域限定的ブログとなっているのですが
海の向こうのアメリカでは、ブロガーたちの力は
すごいことになっているようです.

 ルポ 米国発ブログ革命
 集英社新書

a0055913_025821.gif


池尾 伸一 (著)




今アメリカでは、ブログがすごいことになっているそうです.

傘下にロサンゼルス・タイムズ等を持つトリビューン社破綻に
象徴される既存メディアの危機と大変動が話題となっています.

そしてそれとは対照的に、ブログや、
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といった
「個人発」メディアが、政治の場において
極めて強い影響力を行使するようになってきているそうです.

あのオバマ大統領の当選も、そうしたブロガーたちの存在と活躍ががなければ
決してあり得なかったそうです.

ある時、あるブログの「オフ会」に
バラク・オバマやヒラリー・クリントンをはじめ、民主党の大統領候補
8人中7人が参加するということがあったそうです.

アメリカでは、たった一人が始めたブログが
そのような大きな影響力を持つに至っているのですね.

ブログ革命が現実に進んでいるんですね.

読者参加型メディアの動向がどのようになっていくか.
池尾 伸一 氏の迫真のルポタージュです.

私のブログは、サブカルチャー的、マニアックな個人的内容だけで
ちょっと恥ずかしくて自慢できるような内容ではありません.

日本でも招来するであろう来るべきブログ革命にそなえて
私自身も自分の立ち位置をしっかりと固めて確認して
個人として医療者として、どのような情報発信をしていくか
今一度、再確認をしていこうと感じました.
by yangt3 | 2009-07-12 00:03 | 一般