もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ニュース( 262 )

スペイン・バルセロナのクリニック医療チームが
幹細胞を利用した気管支移植に成功したという報告が
英医学誌ランセット(電子版)に19日に発表されました.

 1)患者の幹細胞を利用し「気管支」移植に成功 欧州の医師
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN200811190030.html

 2)患者の細胞植え、気管支移植成功 拒絶反応なし、スペイン
 http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112001000264.html

 3)British doctors help perform world's first transplant
 of a whole organ grown in lab
 http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/3479613/British-doctors-help-perform-worlds-first-transplant-of-a-whole-organ-grown-in-lab.html

最後の記事は、英文ですけれど
より詳細な動画を見ることができます.

記事によれば、患者は、結核が原因で左の主要な気管支がつぶれ、
呼吸困難になったコロンビア人の女性だそうです.
 提供を受けた約7センチの気管支を特殊な方法で洗浄し
細胞を除去、結合組織の管だけにしたそうです.
女性の腰の骨から骨髄を採取し、その中から
軟骨などに成長する幹細胞を取り出して気管支に植え、
6月、女性の患部に移植されました.

移植した気管支は正常に機能し、女性は10日後に退院され、
通常は移植後に投与する免疫抑制剤も使用せず、
現在は元気にダンスを楽しめるほど回復したといいます.

幹細胞の技術の応用の進歩は素晴らしいですね.

a0055913_835872.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-11-21 08:38 | ニュース

さらば フェニックス

NASAの火星探査船 フェニックスが
その長い任務を終えることになったそうです.

 1)フェニックスの火星探査が終了 
 「音」とらえる試み断念
 http://www.asahi.com/science/update/1111/TKY200811110274.html

 ー米航空宇宙局(NASA)は10日、
 5月末に火星の北極付近に軟着陸し、
 地表近くに氷を発見するなどの成果を上げた
 無人探査機フェニックスが探査活動を終える、と発表した。
 火星の北半球の冬が近づいて日照時間が減り、
 太陽電池による十分な発電が難しくなった。
 次の春に起動を試みても、動く可能性は低いとみられている。

 探査期間は3カ月の予定だったが延長されていた。
 搭載されていたマイクロホンの起動にも失敗、
 火星の「音」をとらえる試みを断念したことも明らかにされた。

a0055913_001777.gif


 2)フォトレポート:お疲れ様、
 Phoenix--活動停止の火星探査機を振り返る
 http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20383572,00.htm

地球から遠く離れた 火星の地で、極寒の冬を
無人探索機フェニックスがひっそりとその任務を終える姿は
私たちに何かを訴えかけるような気がします.

人の営みにも始まりと終わりがあって、
それが歴史ということなのでしょうか.
by yangt3 | 2008-11-14 00:08 | ニュース

理念と現実

最近では、医療、救急関連の記事が毎日
ニュースとなっています.

救急の理念の達成のために現場のスタッフが手探りで
頑張っている姿も、またニュースとなっています.

ちょっと古いところですが...

 1)「苦闘」 理念実現 まだ手探り
 http://www.asahi.com/kansai/news/kyuukyuu/OSK200802130019.html
 
 救急患者を断らない、全ての救急対応をという理念達成のためには
 まだ様々な問題が山積しています.
 マンパワー不足はとりわけ深刻です.

 2)パネルディスカッション:救急医療どうする 
 医師らが苦悩の発言--倉敷 /岡山
 http://mainichi.jp/area/okayama/news/20081109ddlk33040389000c.html

 (記事より引用)ある民間病院の院長のコメント
 「夜間救急に対応できないため06年末に
 救急告示病院を取り下げた。当直回数が多いほか、
 若い当直医から『救急が来ても
 (専門医の)バックアップ体制がないと不安』などの声を受けた」

そんな中で救急を断らないという方針で頑張っている病院を作るためには
何が必要なのでしょうか.

a0055913_8344787.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-11-10 08:35 | ニュース
介護タクシーや民間救急は最近でこそ
数が増えてきましたが
なんと救命救急士を同乗させての民間救急が開始するそうです.

 介護タクシー:「ふたばらいふ」救命士同乗の民間救急搬送 
 県央地域で初 /神奈川
 http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20081101ddlk14040131000c.html

 ー厚木市戸室1の介護タクシー会社「ふたばらいふ」(廼島孝章社長)が
 11月1日、救急救命士を同乗させて患者を搬送する
 民間救急搬送を開始する。救急救命士が同乗する民間救急は
 神奈川県県央地域では初という。
 長距離搬送で患者の容体急変に対応するほか、
 軽症者の搬送や、緊急性のない非常識な搬送要請が増加する中、
 優先順位を判断する「トリアージ」の受け皿としても期待される。

こちらが「ふたばらいふ」さんのホームページです.
 ふたばらいふ
 http://www.futabalife.com/

a0055913_15315056.gif


ホームページに掲載された廼島 さんの言葉をみると
なかなか感じることが多いです.

救急、医療に民間も公立もなく、この状況下では力を
合わせていくべきなんですね.

私たちの地域でも、こうした救命救急士さん同乗の
民間救急が開始されることを望んでいます.
by yangt3 | 2008-11-02 15:32 | ニュース

質的過重

平成20年10月30日に大阪高裁である判決が下りました.
25歳の若さで過労のために亡くなられた看護師さんの
過労死認定の裁判です.

 1)看護師の職場改善を要求-村上裁判
 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/18884.html

 2)2審も看護師の過労死認定 大阪高裁、質的過重を評価
 http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103001000551.html

詳しくは個々の記事を見ていただくとして
今回の判決では
 勤務先の病棟は「恒常的に時間外勤務をせざるを得ない状況だった」
 不規則な夜間交代制勤務など質的な過重性も併せて認定されたことが
突起するべき点です.

医師と同様にマンパワー不足のため看護師さんたちの仕事も
より過酷な状況となっています.

勤務の都合によっては、医師と同様、もしくはそれ以上のハードな
勤務を余儀なくされているのが、現在のナースの方々の現状だと思います.

労働時間の量だけでなく、不規則な勤務で食事も睡眠も休憩も十分に取れず
少ない人数で常に神経をとがらせ、気も休まる暇もない
そんな医療の現場を、今回の裁判の判決を機に
少しでも改善できるように、と思います.

若くして亡くなられた村上さんのご冥福を心よりお祈りいたします.

a0055913_19143713.gif

花言葉は、別れの悲しみ...
by yangt3 | 2008-10-31 19:09 | ニュース

ERは何のために?

94, 88, 83, 89 ....
これは暗号ではなくて
この数日で、当院に救急搬送されたり緊急で
心臓のカテーテル治療を行った方々の年齢です.

最近特に高齢者の心臓病が増えています.
高齢者の方は、例え心臓病の治療を順調に完了しても
さまざまな身体的合併症があり
その後の治療にも苦労することが多く
治療に携わるスタッフとしては、本当に大変です.

幸いに皆さんの経過は、今の所順調であり
ほっとしています.

現場では、人手不足は本当に深刻です.
昨今の悲しいニュースを聞くと本当に心が痛みます.
最前線のスタッフは懸命に仕事を頑張っているのに.

 1)妊婦の命も救えずに 「東京五輪どころじゃないだろう
 http://www.j-cast.com/tv/2008/10/23029101.html

 2)また妊婦死亡 「ERって何のためにあるの?」
 http://www.j-cast.com/tv/2008/10/23029076.html

様々な問題が山積していますが
やはり医療問題は最重要、最優先課題だと思います.

私たちの小さな病院でも
やはり救急最優先で、スタッフが力を発揮できるように
力を合わせるべきです.

a0055913_2353381.gif

by yangt3 | 2008-10-23 23:51 | ニュース

スーパーおじいちゃん

受験で一生懸命に勉強したことで
今の仕事で役に立っていることっていえば
せいぜい英語くらいでしょうか.

とはいっても、受験英語であるため
英会話の役にたつトレーニングもなく
未だに英語は苦手です(笑)

仕事に追われて、ゆっくりする時間も精神的余裕もなくなり
いまさら新しいことにチャレンジする気分も
なかなかないのが本当のところです.

敬老の日につなんで全国の頑張る高齢者の話が報道されています.
「まだまだ若いものには負けない」とがんばる
方々に対して
ちょっと反省しなければならないかもしれません.

 目標は100歳で100メートル走 和歌山の94歳男性
 http://www.asahi.com/health/news/OSK200809150003.html

a0055913_031541.gif

(図は「みつこちゃんとスーパーおじいちゃん」という絵本です)

続きを読む
by yangt3 | 2008-09-16 00:05 | ニュース
「3匹のこぶた」プロジェクトというのがあるそうです.

 嵐に負けない家造り 「3匹のこぶた」プロジェクトが始動
 http://www.cnn.co.jp/business/CNN200809130001.html

 (CNN) 巨大ハリケーン「カトリーナ」が米ルイジアナ州を襲い、
 壊滅的な被害をもたらしてから3年。
 今シーズンも「グスタフ」「アイク」と、強いハリケーンが相次いで発生、
 「悪夢の再来」が懸念される中、カナダのウェスタンオンタリオ大学では
 8月末、暴風雨による被害を受けにくい住宅の開発を目指すプロジェクトが
 始動した。

a0055913_0121970.gif


難しいプロジェクトも、こうして親しみやすい名前をつけることで
注目が集まり、プロジェクトの意義や成果も
理解しやすくなりますね.

続きを読む
by yangt3 | 2008-09-14 00:14 | ニュース

100万マイル

アメリカのトラック運転手が
勤続22年で100万マイル(役160万キロ)を
走破したそうです.

 UPSトラック運転手、22年間で走行距離100万マイル突破
 http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200809050021.html

 テキサス州パレスティン(AP) 
 米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の
 トラック運転手、ブレント・ボイドさん(51)のトラックが4日、
 勤続22年で走行距離が100万マイル(約160万キロ)を突破した。

a0055913_2232482.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-09-07 22:33 | ニュース
うちの子供たちには、パパの古いMacを使ってもらっています.
知らないうちに使いこなしていて
小学生なのに、グーグルで検索していたり
YouTubeでお気に入りのビデオを見つけて
喜んでいたりします.

ちょっとびっくりです.

子供の適応能力というか、好奇心はすごいものだと思います.

学校の勉強もグーグルやYouTubeを使った授業ならば
もっと楽しかったのですが...

量子物理学という専門外には、難しい学問が
ラップに乗せたビデオでユーチューブに交換されて話題に
なっているそうです.

 粒子物理学はノリノリの「ラップ」で、ネットで大人気
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN200809020022.html

a0055913_23482011.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-09-04 23:50 | ニュース