もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:皆さんに紹介したい本( 87 )

暇があると本を読んでいるか、ビデオを見ているか
昼寝をしているかです(笑)

「神様のカルテ」という面白い本があるのですが
皆様はもうお読みになりましたか?

くわしくは次の記事をごらんください.

 「神様のカルテ」面白いです!
 http://yangt3.blog.so-net.ne.jp/2009-09-14

忘れていた気持ちを思い出させてくれる本です.

a0055913_91450100.gif

by yangt3 | 2009-10-23 09:15 | 皆さんに紹介したい本
週末の研究会の行き帰りの新幹線の中で読んだ本です.

週末のフール

a0055913_0125882.gif


 伊坂 幸太郎 著 集英社文庫

 8年後に小惑星が地球に衝突し、地球が滅亡する.
 そう予言されてから5年過ぎた頃.
 つまりはあと3年で地球が滅亡するという
 そんな世界を描いた話です.

明日、地球が滅びるとしたら、もちろん私は家族とともに
静かに最後の時を過ごすでしょう.

でも終末まであと3年あるとしたら.3年後の確実な避けられない終末.

この本では、さまざまな人間像が描かれます.

私は、自分の好きなことを、自分に嘘をつくことなく
家族にもちゃんと説明できて自慢のできることを
淡々と続けていきたいと思いますね.

最後の時を過ごすそのやり方に、その人らしさがでるんですね.

結局のところ、明日のことは、誰にもわかなないので
現実の世界でもやはり同じように
淡々と自分のやるべきことをやるのがよいでしょうね.

「たとえ明日地球が滅びるとも、 君は今日りんごの木を植える」」
という有名なフレーズのように、です.

最後まで、カテ室でカテの仕事をして、Macをさわって
そして家族のそばにいたいものです.
by yangt3 | 2009-08-04 00:14 | 皆さんに紹介したい本

ジャンボ機長に学ぶ

Kimさんに紹介したい本です(笑)
ちなみにKimさんは、飛行機が好きなので、そのあたりの話も
8月6日の講演会の時に聞いてみてくださいね.

 ジャンボ機長の状況判断術

a0055913_035191.gif


坂井 優基 著

元国際線のジャンボジェット機機長として活躍された坂井氏が
長年のパイロットとしての豊富で貴重な経験を元に書かれた本です.

本のカバーに書かれた内容紹介を見てみると

 ーたった一つのミスが大惨事につながるパイロットの世界.

  いかなるトラブル、故障が発生しても、限られた時間のなかで、
  自ら状況を判断して、最善の行動を選択する――

  失敗の確率をかぎりなく小さくするために、
  世界の機長たちが苦労して編み出した方法、
  マニュアルに書けない知恵があるのだ.

  ビジネスマンにとって、日常の仕事で必ず役にたつチェックリスト、
  判断基準点、ルックバック、スタンダードオペレーション、  
  CRM、LOFTなど、パイロットが極限状態で使うために生み出し、
  磨き抜かれたさまざまなシステムを紹介する.
  
どうでしょうか.まさしく筆者の意図したとおりに
仕事に役立ちそうな感じがしませんか?

同じく命を預かる仕事として、失敗されることが許されない仕事として
さらには個人ではなくチームオペレーションとして組織として
きちんと仕事をしなければならないという点においても
我々医療関係者がパイロットの世界から学ぶべき点は非常に多いと感じます.

続きを読む
by yangt3 | 2009-07-29 00:04 | 皆さんに紹介したい本

キップをなくして

子供の頃は田舎の山の中で暮らしていて
遠くの小学校に通わなければならず、通学はバス通学でした.

子供たちでバスに乗って最寄りの駅で降りて、さらにそこから
皆一緒になって小学校までの20分あまりの距離を歩いたものです.

中学校は幸いに自転車で通える距離でしたが
高校はまた電車通学でした.

毎朝、本数の少ない電車に乗り遅れまいと
自宅から駅までの道のりを自転車に乗って
すごい勢いで走り抜けたものです.

いつも冷や冷やしながらも、高校3年間、一度も電車に乗り遅れず
遅刻がなかったのが今となっては不思議な気がします.

地方の田舎の少年にとっては、遠出といえば、自家用車ではなく
バスは電車でした.

だから駅や鉄道というものに、ある種の旅愁と懐かしさと
ノスタルジーを感じてしまいます.

大人になって一人で出張の時も、子供たちに悪いな、
と思いつつも鉄道に乗る前は、なんとなくそわそわ 
うきうきした気分になります.

福島にでかけるために やまびこ 
に乗車した時もどきどきしてしまいました.

そんな少年時代を思い出してしまう作品です.

 キップをなくして

a0055913_005592.gif


池澤 夏樹 著

続きを読む
by yangt3 | 2009-07-11 00:01 | 皆さんに紹介したい本
「東京バンドワゴン」、「スタンド・バイ・ミー」などの小説で
ちょっと最近気になっている小路 幸也 さんの新作です.

空を見上げる古い歌を口ずさむ

a0055913_015048.gif


 みんなの顔が“のっぺらぼう”に見える―.
 息子がそう言ったとき、僕は20年前に姿を消した兄に連絡を取った.
 そんな兄から語られる家族みんなで暮らした懐かしいパルプ町での
 生活の思い出.

小説の舞台となるのは、昭和三十年代から四十年代です.
連合赤軍の時代や、ボウリングブーム、札幌でオリンピックが開催されて
横井さんがグアムで発見されて、
テレビでは仮面ライダーの一号と二号が跳んでいた.そんな時代の話です.

私的には、この時代が自分の物語として大いに共感を持って
読み終えることができました.

ノスタルジックな雰囲気だけではなく一流のミステリーとして
小路 幸也 さんの新たな魅力を発見して得した気分です

のっぺらぼうの謎については、ぜひ本書を手にとって見てください.

「東京バンドワゴン」も「スタンド・バイ・ミー」も傑作です.
by yangt3 | 2009-07-09 00:02 | 皆さんに紹介したい本
医師生活のかなりの期間を東海3県の中で過ごしたため
私の懇意にする同僚や、病院スタッフのほとんどが
中日ファンです.

以前務めていた病院では、交通の便が良かったこともあり
時折、病院の中日ファンたちがこぞって
ドームに試合観戦にでかけていました.

私は、それほど熱狂的な野球ファンではないのですが
周囲のスタッフたちが野球に熱中している様を見ていると
知らないうちに、いろいろと影響されています.

昔、一緒に働いていたとても優秀な外科医の先生の場合
難しい顔をして考え込んでいたかと思うと「あっ!」と
突然、大声をあげて周囲を驚かせていました.

「どうしたんですか?」って聞くと
「今日の中日の先発が気になって、気になって」

それぞれの各球団のファンの人たちがさまざまなジンクスを有しており
ある先生は、自分が直接、試合を見ると負けてしまうので
試合を見ることなく応援していました.

こんなに皆を夢中にさせるのですから、野球は本当に素晴らしいスポーツです.

書店でこの本を見つけた時に、迷わず購入しました.

 133キロ怪速球

a0055913_016348.gif


山本 昌 著

2008年に史上24人目の200勝投手となった山本 昌投手の本です.

アラフォー世代として現役で頑張っているという点では
野球ファンでなくても、夢中で読める内容です.

山本 昌 投手の「小さな努力をコツコツと」という言葉に勇気づけられます.

a0055913_0165445.jpg

by yangt3 | 2009-05-29 00:16 | 皆さんに紹介したい本
小山 薫堂 氏の著書を書店で見かけて
思わず買ってしまいました.

その書名にも ちょっと心惹かれるものがありましたし.

 もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる!
 幻冬舎新書

a0055913_738651.gif


 小山 薫堂 著

小山 薫堂 氏といえば、最近 話題の人です.
私の身近な若い人に、小山 薫堂さんって知っている?と聞いてみると
わかりません、といわれて ちょっとがっくり.

でもあの有名な「おくりびと」の映画脚本を書いた人といえば
誰でも「ああっ!」とすぐにわかります.

映画「おくりびと」を見た人も、見ていない人も
この本を読んで いろいろと得ることは多い本です.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-27 07:39 | 皆さんに紹介したい本

東濃クレイマー!?

映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」や「チーム・バチスタ」で
有名となった、海堂 尊 先生の 新作です.

 極北クレイマー

 海堂 尊 著

a0055913_0353947.gif


今回は、財政破綻にあえぐ沈没寸前の地方の赤字病院が舞台です.

赤字5つ星(!!)の極北市民病院に
大学から赴任した外科医・今中 先生が今回の狂言回しの主人公です.

財政破綻にあえぐ架空の街 極北市を舞台としています.
唯一の市民病院では、院長と事務長は対立し、衛生でカルテ記載もずさん.
病院の中は、閉鎖的で複雑な人間関係で余所者や新参者に冷たい....

これ以上の詳しい話は ネタバレになるので
ぜひ本作をご覧になってください.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-23 00:35 | 皆さんに紹介したい本
島田荘司氏の 御手洗潔シリーズの一作です.

 最後の一球
 島田 荘司 著

a0055913_012951.gif


 ー「母親が自殺を計った。幸い命はとりとめたのだが、
  理由を知りたい」山梨から来た青年に、相談を受けた御手洗潔。
  彼は翌日現地を訪れ、原因が母親の巨額の借金にあることを突き止める。
  無知につけ込み、法を悪用して暴利を貪る金融業者。
  仮に裁判をしても敗訴は必至―さすがの御手洗も頭を抱えるが、
  後日突然彼女の訪問を受け、あまりに意外な顛末を知らされる…。ー

著者の言葉には、こうあります.

 ー以前から、一度言いたいと思っていた.この作は、無数の御手洗潔作品に
  埋もれて標準作と思われているだろうけれども、
  自分としては、代表作のひとつだと言いたいくらいに
  好きな作品だ.

  生涯を二級で終える選手.人はひと握りのトップにだけ拍手を送るが、
  そのスポーツへの思いに、一流も二流もない.

  大勢の声なき声に背を押されるせいか、この作はするすると
  筆が進み、書くのがひどく楽だった.

  二流選手の、人知れぬ生涯ただ一度の煌めき.

  こんなあり方が、自分は最も好きだ.ー

最後の一球 という言葉が何を意味しているか.
作品を読んで、それを理解した時に大きな感動を覚えます.

私も そんな 最後の一球の、最後の煌めきのために
生涯を送っているのかもしれません.
by yangt3 | 2009-05-21 00:02 | 皆さんに紹介したい本

再生へ

刺激的なタイトルに惹かれて
ちょっと読んでみました.

「医療再生はこの病院・地域に学べ! 」

 平井愛山 , 神津仁 , ほか 著

a0055913_0385.gif


医療崩壊で危機に陥った病院の再生の取り組みを
8つの地域の例をあげて紹介した本です.

千葉県東金市、京都府京都市、宮崎県宮崎市、北海道江別市
岩手県遠野市、東京都世田谷区、兵庫県丹波市の
医療機関の取り組みが取り上げられています.

医師不足や医療費削減という決定的な足枷があるなかで
それぞれの医療機関が懸命に努力している姿が描かれます.

巷のハウツー物のように、こうすれば絶対に大丈夫というような
魔法のような処方箋はないということが
逆に浮き彫りになったように感じます.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-19 00:05 | 皆さんに紹介したい本