もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:カテ室リニューアル!( 43 )

当院では透析患者さんが多数通院されているため
透析患者さんのカテーテル治療も必然的に数多くあります.

透析患者さんのカテーテル治療については
冠動脈にしても末梢動脈にしても、動脈硬化の治療に
いつも頭を悩ませています.

透析患者さんのカテーテル治療でとりわけ大変なのは
「どこから穿刺するか?」です.
透析のためのシャントにより両方の上肢は基本的に使用ができません.

そのため両側の大腿動脈穿刺ということになります.

末梢動脈、とりわけ下肢動脈の治療を行うときに
血管穿刺の選択の余地が限られるため
できるだけ低侵襲に、スレンダーに治療ができるようにと思います.

末梢動脈の治療に使う専用の血管シース・対側シースには
どれも帯に短し、たすきに長しで、あまりぱっとしませんでした.

・デバイスが固くて追従性が悪く対側の病変まで進められない.

・シースの氏血弁のできが悪くて、 PPI中の血液のリークが無視できない.

・追従性がよくなると、逆に血管でのサポートが悪くなり抜けてしまう.

などなど末梢動脈のカテーテル治療の時には、カテ室スタッフとともに
悩んでいました.

今回、細径のシースレスガイドである
メディキットの Parent Plus 45 ーペアレント プラス45ーを
使う機会がありましたが、これは本当に素晴らしかったです.

a0055913_0101518.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-24 00:13 | カテ室リニューアル!
先日の CTO Clubにて、かの齋藤先生が紹介されていた
新しいガイドワイヤーである 「WIZARD(ウィザード)」を入手しました.

この WIZARDガイドワイヤーは、ポリマーコーティングされ
ワイヤー先端から 4 cmまでが 0.010に細径化されています.

a0055913_043532.gif


主な使用用途としては、対 CTOということになりますが
ポリマーワイヤーでありながら、他の CTO 専用ワイヤーと同様の
極小シェイピングが可能となっています.

トルクコントロールの改善により、CTO のマイクロチャンネルを
狙いやすくなったそうです.

次回、 CTO(慢性完全閉塞)病変の治療に挑戦する時には
ぜひこのガイドワイヤーを使ってみたいと思います.

当院では、スレンダー(細径システム)に特化したカテラボとして
こうした新しい役に立つ道具(デバイス)を少しずつ
そろえています.

子供の頃の秘密基地の感覚で、いろいろなスレンダー関連グッズがそろってくると
なんだかとてもうれしい気分です.

ずっとカテ室にこもって仕事をしても、夜中の仕事も
これで大丈夫です.

スレンダークラブジャパンの会員となって、諸先輩方の指導により
積極的にスレンダーシステム(細径カテ)による治療が
当院カテラボで主流になりつつあります.

可児のスレンダーセンターとして、これからも有用な道具を取り入れて
使いこなしていきたいです.

a0055913_05647.gif

by yangt3 | 2009-06-20 00:05 | カテ室リニューアル!
またアップルから新製品が発表されましたね.

MacBook Pro、MacBook Airもリニューアルされパワーアップしました.
13インチモデルのMacBook Proも登場しすごく気になります.

個人的には、新しくなったiPhone3G Sの登場を注目しています.

まだ現行機種を一番に購入して2年経っていないのですが
機種変更するかどうか、6月26日(金曜日)の
iPhone 3G S発売日まで多いに悩みそうです.

たぶん月末には、近くのソフトバンクに出かけていくと思います(笑)

そんな新しいものづくしの今日この頃
ジェネシス; Genesis という新しい腎動脈ステントも
触る機会がありました.

いえいえ実際に症例で使ったわけではなく
本当に触ってみただけです.

a0055913_1535169.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-10 01:55 | カテ室リニューアル!

病院見学

6月5日(金曜日)には、なんと当院循環器科に
見学のお客様がいらっしゃいました.

昨年末に当院に導入されたアンギオ装置の見学のためです.

a0055913_0105791.gif


当院に導入された新しいアンギオ装置は
フィリップス社のフラットパネルです.

 新カテ室始動開始! 
 http://tomochans.exblog.jp/7762677/#7762677_1

思えば、私たちも、アンギオ装置と,心臓CTの導入のために
去年の今頃は、機種選定のために、さまざまな施設を訪問して
カテ室見学ツアーを頑張っていたものです.

今年は、新しいアンギオ装置で、スレンダーシステムで細いカテで
治療を頑張っていました.

なんだか こうして見学に来ていただけると、うれしくなりますね.
カテ室スタッフにも、随分と励みになったと思います.

今日は、午前中は、一時ペースメーカー留置の処置があり
午後からは、カテ治療が2例ありました.

なんとか2例ともスレンダーシステムで治療を完了しました.
余計なお世話と思いましたが、スレンダークラブへの加入を勧めました.

実は、見学に来ていただいた循環器の先生は、以前の職場で
お知り合いという、実に世間は狭い という関係でした.

またお知り合いの輪が広がって、うれしいです.

本当にお疲れ様でした.これからもよろしくお願いします.

a0055913_0112877.gif


カテーテル治療後のため、髪の毛ぼさぼさです(笑)
by yangt3 | 2009-06-06 00:11 | カテ室リニューアル!

ありがとう 心臓CT

心臓CTが導入され稼働を始めて3ヶ月になりました.

心臓CT担当の放射線科若手の不眠不休の頑張りで
沢山の検査を行うことができました.

導入当初は、新しい機械にも慣れず
また検査後の、心臓CTの解析にもけっこう時間が
かかりましたが、最近は、検査から結果の出力まで
かなりスピードアップされました.

全ての検査というわけにはいきませんが
必要がある場合には、緊急にも対応が可能となってきました.

もちろん狭心症の症状がある場合には
まず循環器科を受診していたたくのが最初です.

日本全国の標準の循環器の先生がいわれているように
心臓CT検査の導入により、冠動脈カテーテル検査は
かなり少なくなりました.

そのかわり かなり早期の狭心症をいち早く発見できた症例が
増えてきました.
そのため切羽詰まって緊急でカテーテル治療を行うという症例が減って
症状的にも余裕がある段階でのカテーテル治療も可能となりました.

心臓CTの導入により、重症の狭心症も未然に発見することができています.
緊急に至る前に、それぞれの方に適切な治療を行うことが
可能となりました.

ありがとう心臓CTという感じです.

日々、心臓CTに頑張ってくれているスタッフにも感謝、感謝です.

a0055913_933883.gif

by yangt3 | 2009-06-01 09:03 | カテ室リニューアル!

ホームネットワーク

最近、カテーテル治療はほとんど8割の症例で
スレンダーシステムによる治療を行っています.

カテ室スタッフも細いカテに細いガイドワイヤーに
随分となれてきました.

今日の症例も、なんとか5Fr システムにて無事に治療が
完了しました.

最近の悩みはというと、病変の10ワイヤーの通過、前拡張、
そしてステントの持ち込み、植え込みまでは
まあまあ問題なく治療を勧めることができるのですが
最後の仕上げの後拡張となって、バルーンが通過しないというような
事態に遭遇することです.

スレンダーシステムに対応したよりよい後拡張バルーンを
いま探しています.皆さんの情報を教えて下さい!

a0055913_0182213.gif


さて今日は、全ての仕事が完了したあとに
自宅に帰ってちょっと秘密の作業をいたしました.
お供は、病院のSEさんのKAさんと、ザイオの担当者の方です.

a0055913_0185228.gif


自宅での小一時間あまりの作業で、とある機械が無事に
設置されました.
といっても私は、横でMacをいじりながら見ているだけでしたが(笑)

これが次なる画像ネットワークの仕掛けの手始めとなります.
詳しくは、また記事で紹介します.

a0055913_0191465.gif

by yangt3 | 2009-05-28 00:19 | カテ室リニューアル!

どっちでしょうか?

カテ室での一こまです.
ご存じ、MEさんIT君の後ろ姿です.
Macとポリグラフの前で仕事をしているところです.

a0055913_062769.gif


果たしてこれは、カテの前でしょうか、カテの後でしょうか.

哀愁に満ちた後ろ姿からは
なかなか どちらかはわかりませんね.

答えは、予定のカテが終わって
もっとカテの仕事がしたいなあと、考えているところでした.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-14 00:07 | カテ室リニューアル!
最近、心臓カテーテル治療は
ほとんどの症例を 橈骨動脈から5Frシステムにて行っています.

2008年12月に新しい心臓カテーテル装置が導入されるまでは
血管造影機械の性能のこともあって
まだ6Frガイドカテーテルの使用がほとんどでした.

アンギオ装置が高画質となり、心臓CTも導入されたことに会わせて
この3月に一気にスレンダーシステムに変更しました.

現在は、複雑病変、慢性完全閉塞、多刺病変など
ちょっと治療が困難と予想される症例を除いては
心筋梗塞症例も、現在は、5Frスレンダーシステムにて
治療を行っています.

カテ室スタッフが驚いたのは
普段使用している 0.014 ガイドワイヤーに比べて
スレンダーシステムのガイドワイヤーが0.010(テンワイヤー)なので
「なんでこんなに細いの~!」ということでした.

カテ室の仕事がご無沙汰なスタッフは
ちゃんとカテ室に来ないと、どんどん置いてけぼりになりそうと
最近、カテ室スタッフの目の色が変わっています.

a0055913_727637.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-05-07 06:00 | カテ室リニューアル!

心臓CTが活躍しています

新しい心臓CT検査ですが、平成21年2月に導入されて以来
順調に稼働しています.

新しい心臓CTは
シーメンス社の新しい心臓CT Definition AS + 128 Slice であり
画像ワークステーションの ZIOも導入され活躍中です.

心臓CT検査には、放射線科の若手スタッフが連日
夜遅くまで、プライベートな時間を削ってまで
検査に、画像解析に頑張っています.

狭心症や冠動脈疾患を診断するためには
きれいな心臓CT画像を撮影することだけではなく
ZIOワークステーションによる、さらなる画像解析処理が不可欠です.
ちょうど映像製作でいうところの ポストプロダクションが
心臓CT検査のキモです.

循環器診療を行う病院としては、心臓CTの導入は
決して早くはないのですが、遅く始めた分、事前の準備と
若手のやる気だけはバッチリで
導入三ヶ月で、標準的な心臓CT画像は出せているのではないかと思います.

こちらに関連記事です.
 1)心臓CTカンファレンス
 http://tomochans.exblog.jp/8004967/

a0055913_0163395.jpg


心臓CTの積極的な活用によって、緊急カテ症例を減らしていき
心臓CTによる事前の診断と早期の治療が可能になっています.

続きを読む
by yangt3 | 2009-04-27 00:20 | カテ室リニューアル!

CTOもスレンダーで

スタッフ全員がスレンダーにを合い言葉に
一気にスレンダークラブジャパンへの入会を果たした、我がカテ室です.

今日もスレンダークラブ会員のみでカテがありました.

症例は、発症時期不明のCTOでしたが
なんとかスレンダーシステムだけで
つまりは、5Frガイドカテと0.010ワイヤーを使って
慢性完全閉塞病変の通過に成功しました.

事前に心臓CTを行って、病変の状態を検討し
しっかりと作戦を立てて治療にの臨んだのが良かったのだと思います.

ささかやかな地方の民間病院ですが
その分カテ室スタッフの小回りも気配りも良いわけで
スレンダーPCI順調です.

a0055913_7591556.gif


治療の後のワイヤーは、激しい戦いの様子を彷彿とさせます.
このワイヤーで2枝を治療しましたから.もちろん 0.010ワイヤーです!

a0055913_7583928.gif


あとは、カテ室スタッフのMac、iPhone、iPod浸透を
さらに強化していくだけです!

続きを読む
by yangt3 | 2009-04-11 08:02 | カテ室リニューアル!