もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ペースメーカー勉強会

ペースメーカー勉強会
恒例の院内勉強会として
平成18年2月28日(火曜日)午後1時半から
ペースメーカー勉強会が開催されました.
今回は、ペースメーカーのメーカーである
Medtronic 社のスタッフに講師をお願いしました.
普段、ペースメーカーの植え込みに立ち会いをお願いしている
方で気心もしれたスタッフの1人です.
当日は、40名以上の職員、スタッフが
勉強会に参加していただきました.

a0055913_15132057.jpg


今後、ペースメーカー植え込み治療も
東可児病院にて積極的に導入していく予定です.
ペースメーカークリニックや
ペースメーカーの交換なども当院で行うことが可能です.

今回の勉強会では、ペースメーカーのみならず
現在、話題に上っている再同期療法についても
触れられていました.
さらに AEDについてもデモが行われ
参加したスタッフは、実際にAED機器に触れて
知識を深めることができたようです.

ゆはりAEDへのスタッフの関心は非常に高く
実物にふれながら熱心に機器に触れていました. 

a0055913_15133783.jpg


質疑応答でも活発な質問があり
スタッフの知識への情熱が感じられた勉強会でした.
by yangt3 | 2006-02-28 15:14 | 学会、勉強、研修など
インフルエンザ峠越す 6県は警報レベル

共同通信社

【2006年2月27日】
 インフルエンザの流行について、国立感染症研究所は24日の感染症週報で、今年の第5週(1月30日-2月5日)と6週(2月6-12日)の2週連続で患者報告が減り「全国的には流行のピークが過ぎた可能性が高い」と発表した。例年並みだが、感染研は「流行は続いており、依然注意が必要」としている。最新の第6週の時点で、全国約5000カ所の小児科と内科の定点観測で1カ所当たりの平均患者数が警報レベル(30.0)を超えているのは愛知県(45.3)、長野県(37.0)など6県。第4週(1月23-29日)には27県で超えていた。今シーズンの累積患者は67万8195人で、定点当たりでは宮崎県(278.3)、福岡県(208.1)などが多かった。患者は14歳以下が全体の69%。分離されたウイルスは、症状が重くなることが多いA型が99%だった。
--------------------------
このリポートによると
インフルエンザは、峠を越しつつあるようです.
日々の外来は、相変わらず、風邪の患者さんであふれていますが
インフルエンザが陽性となる人は減っている印象です.
別のリポートで
インフルエンザワクチンを投与することにより
高齢者の死亡率を
0.4%減少させることが報告されています.
今年は、可児市内でも積極的に
高齢者の方々がインフルエンザワクチンを接種されています.
例年に比べても、高齢者のインフルエンザによる入院も
少ないような印象です.
このままインフルエンザの流行が終焉するまで
皆さん健康に留意して
冬を乗り切りましょう.
by yangt3 | 2006-02-28 09:00
救急外来、循環器救急の場においては
中心静脈ルートの確保が必要になることがあります.

東可児病院では、桜井院長の理解を得て
新しいテルモ社の中心静脈注射用カテーテル CV レガフォース SX を
導入していただきました.

 --中心静脈注射とは、胃の手術後など、口から栄養摂取ができない患者さまに、一日に必要な栄養素と水分を直接血管(中心静脈)内に点滴注入して補給する方法です。心臓近くの太い静脈に、直径約1〜2mmのカテーテルを留置し、カテーテルから栄養を点滴します。また、セルジンガー法はおもに首の内頚静脈からガイドワイヤーと呼ばれる金属線を挿入した後、カテーテルをワイヤーに通しながら目的の場所に留置させる方法です。---(テルモ社 ホームページより)

a0055913_0151784.jpg


従来の中心静脈穿刺キットの大きな違いは
細い穿刺針と細いガイドワイヤーが使えることです.
穿刺針は21Gと非常に細いです.
もし一回目の穿刺が不成功に終わっても止血も問題なく
合併症も少ないようです.
穿刺後のガイドワイヤーも0.015 インチで
ほぼ心臓カテーテル治療で使用する冠動脈用のガイドワイヤーと
同レベルの細さです.(心臓用は、0.014 インチ)
これも細いガイドワイヤーを用いることによって安全性が高まっています.
このガイドワイヤーは、皆さんがご存知の
細いラジオフォーカスのような感触です.
使い慣れた感じですね.

a0055913_015391.jpg


細いガイドワイヤーで内頚静脈を穿刺したあとは、カテーテル内に
ダイレーターとなる内筒がセットになっており
細いガイドワイヤーでもカテーテルの血管内への
挿入は全然問題なくスムーズです.
カテーテルも人工心肺、血液回路と同等の
ポリマーコーティングがされているそうです.

a0055913_016613.jpg


当院では、最近の内頚静脈穿刺は
全例 このテルモのCV レガフォース SXを使用して行っています.
大きな合併症もなく
全例一発で カテーテル留置に成功しています.
カテーテル留置の所要時間は10分もかかりません.

メーカーでは、内頚静脈用となっていますが
カテーテル操作になれた先生であれば
鎖骨下静脈、大腿静脈への使用も全然問題ありません.

中心静脈カテーテルは、直接患者さんの治療に直結するものであり
使いやすく、安全性の高いカテーテルを使用するように
心がけています.
by yangt3 | 2006-02-27 00:16 | カテーテルの話題

当直の長い夜

今日は、当直です.
病棟では、心不全の悪化された方がおられ
利尿剤、ハンプ投与で改善しています.
私が循環器科として東可児病院に赴任してから
微量ポンプ(シリンジポンプ)の使用が増えたように思います.
看護スタッフの負担は増えて
申し訳ないですが
患者さんがよくなるためですので よろしくお願いします.

心不全の患者さんは、夜には、改善して呼吸困難も消失していました.
よかった.

夜間帯に CPA (来院時心肺停止)の方がこられました.
高齢の方で、CPR、蘇生のかいなく、自己心拍は再開しませんでした.
病歴からは、急性心筋梗塞と考えられました.
来院時には、PEAの状態で、心室細動は認めませんでした.
懸命にCPRを行ったのですが、残念です.

まだまだ当直の長い夜は続きそうです.
by yangt3 | 2006-02-26 20:10 | 一般
共同通信 2月24日
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2006022401002406
 夫や妻がいない人の冬が最も危ない−。
厚生労働省が24日に発表した脳血管疾患と心疾患で死亡した人の統計から、
こんな傾向が浮かび上がった。
厚労省は「配偶者がいないと食生活が不規則になったり、
ストレスが重くなったりするのが影響しているのではないか」と分析している。
 厚労省によると、2004年の全死亡数約103万人のうち
心筋梗塞(こうそく)や心不全などの心疾患は約16万人。
脳梗塞(こうそく)や脳内出血などの脳血管疾患は約13万人。
2疾患は循環器系疾患で、合計するとがんの32万人に匹敵する。
 月別でみると、2疾患とも1月が最も多く、冬に集中。
6月から9月の各月は1月の61−73%にとどまっている。
冬は血管の収縮が激しい上、病状悪化の引き金になる
風邪をひきやすいためで、がんに比べて季節の影響を受けている。
---------------------------------
少子化、高齢化の時代を迎えてa0055913_081699.gif
このリポートは深刻です.
特に病をかかえて1人暮らしのお年寄にとっては
長く寒い冬を越すのは大変なことです.
私の外来でも、高齢でもご夫婦で暮らしておられる方は
お互いにささえあって、なんとか
病院通いしながらでも、お元気ですごされています.
長くよりそった伴りょのささえは、
どんな薬よりも 効果があるように感じます.
精神的なささえだけではありません.
病気がちの高齢者の方にとって
寒い冬、お風呂に入るのも大変です.
自宅で1人で 体調が悪くなってもa0055913_085622.gif
助けをよべないこともあります.
救急車を呼べないこともあります.
もしかしたら、我慢して寝ているうちに
どんどん、体調が悪くなり動けなくなってしまうかもしれません.
特に脳卒中や、急性心筋梗塞、心臓病においては
迅速な治療が必要となるのに.

体調の悪い方、病気が思わしくない方は
病院の方に入院して治療を受けていただくにしても
地域の病院のベッドが限りがある以上
全てに対応できないのが現状です.

できるだけ細めに病院の方に来ていただき
地域の先生がたや、地域の皆さんと協力して
一人暮らしのお年寄を孤立させない工夫が必要になってくると思います.

みなさんの知恵をお貸しください.
by yangt3 | 2006-02-26 00:09 | 一般

急性心筋梗塞の1例

久しぶりに症例を提示します.
70台の男性の方です.高血圧、心房細動などで
外来通院されていた方です.
今回、胸痛にて来院されました.
心電図で以前の心電図と比べて、明らかに
前胸部誘導で、ST上昇があり
急性心筋梗塞と診断しました.
ただちに緊急心臓カテーテル検査を行いました.
カテーテル検査にて左前下行枝の起始部に 
90%狭窄を認めました.病変には、不安定な血栓を
認めています.

a0055913_23421328.jpg


ただちにカテーテル治療を施行.
治療は、右手首の血管から行っています(右橈骨動脈).
6Fr のガイドカテーテルで左冠動脈を選択.
ガイドワイヤーにて左前下行枝の病変をクロスします.
Thrombusterと言う名前の特別なカテーテルで
病変の血栓を吸引しました.
中等量の赤色血栓を吸引除去しています.

a0055913_23433731.jpg


血栓吸引後、血管内超音波で病変の状態を観察.
残存狭窄に対して治療を続行.
バルーンによる十分な拡張のあと(前拡張)
Cypherステント(薬剤溶出ステント)を植え込みしています.

a0055913_23505440.jpg

Cypher 3.0 x 23 mm 14 気圧にて植え込み

ステントは、さらに3.25 mmサイズのバルーンにて
十分に冠動脈血管壁に密着するように拡張を行っています.
(後拡張)
治療にて病変は良好に拡張し、冠動脈の血流も改善.
胸痛も消失、心電図変化も改善しました.

a0055913_2346727.jpg


急性心筋梗塞の急性期にあっては
胸痛も持続し、多彩な不整脈も出現します.
速やかな治療、閉塞した冠動脈の血行再建を行わなければ
容易に心室細動、ショックなどに移行することもあります.
いかに早く、心室細動などの重症不整脈を起こさずに
カテ室まで搬送し、いかに早く閉塞した冠動脈を開くかどうか.
循環器の治療においては、病院の全てのスタッフが
一致協力して、自分の役割を果たすことが重要です.

a0055913_23471135.jpg


今回の症例は、幸いにも、心室細動、ショックなどは併発することなく
無事に治療が終了.その後の経過も良好です.
by yangt3 | 2006-02-24 23:47 | カテーテルの話題
遺族支援のセンター発足へ 過労死問題で医師、弁護士
共同通信 2月23日

過労死、過労自殺の予防などに取り組んでいる
医師、弁護士らのメンバーが25日に、
長時間労働に悩む労働者や過労死の遺族らを支援する
「過労死・自死相談センター」
(代表・上畑鉄之丞 聖徳大教授)を発足させる。
 過労死の労災認定は、年間300件前後と依然高水準。
自殺全体も7年連続で3万人を超えており、
企業に対策を義務付けた改正労働安全衛生法が4月に施行される。
 具体的な活動としては、電子メールでの相談や、
労災申請、訴訟を支援する。
このほか、過労予防やメンタルヘルス対策を
どのように実行したらいいか、産業医や保健師らが企業、
労組に対してアドバイスすることも検討している。
 同センターは、1985年に発足した
「ストレス疾患労災研究会」が母体。
これまで、過労死、過労自殺の研究が中心だったが、
実践的な過労対策が必要だと判断。
一般の人からの相談も受けられる態勢に衣替えした。
 25日は、記念シンポジウムを東京都内で開き、
働き過ぎの社会の在り方や改正労働安全衛生法の実効性を議論する。
------------------------------------
a0055913_1973220.jpg


過労死、過労自殺は、大切な問題です.
「下流社会」、格差の問題がマスコミを賑わせていますが
働きすぎによる過労死、過労自殺の問題は
まだまだ対策や支援が不十分な状況です.

以前に、大学病院の研修医が研修中に過労死した件は
記憶に新しいことと思います.
医療現場でも、小泉首相の医療費削減のあおりを受け
現場のスタッフの労働はより過酷なものとなっています.
もちろん、それ以上に患者さん、家族への
負担も増加しています.

少子化、そして近々定年を迎える団塊の世代の
大量のベテランの職場からの離脱.
これからますます、職場、現場では、
職場環境の悪化が心配されます.

今回「過労死・自殺相談センター」が発足されることで
この問題が改善されることを期待したいところです.

病院でも同僚の医師、看護師さんたち、パラメディカルのスタッフたちは
本当によく働いています.

心臓カテーテルチームのスタッフも、夜間、緊急の呼びだしに
嫌な顔ひとつせず、駆けつけてくれます.

自分の体のことは、自分で責任がもてますが
回りのスタッフまで 過労をし入らざるを得ない状況は
心苦しい限りです.

病院としても、ケア、医療レベルは向上させ
働く職員が過労の負担がかからないように
考えて工夫をしていく必要があります.
by yangt3 | 2006-02-24 19:08 | 一般

眼科医からのメッセージ

眼科医からのメッセージ
糖尿病網膜症について 東可児病院眼科 萩原 葉子先生に
お話を頂きました.

糖尿病網膜症は成人の失明の原因の第一位です.
目をカメラに例えると網膜はフィルムに当たる部分で繊細な血管が
網目のようになっています.
糖尿病は糖の代謝異常によって全身の血管を置かしますが、
網膜の血管もしばしば障害されます.
糖尿病網膜症は3段階に分けられます.

軽症なものから
・1.単純糖尿病網膜症
   毛細血管瘤や小さな出血

a0055913_14304542.jpg


・2.前増殖性糖尿病性網膜症
   虚血による白斑の出現

a0055913_14311587.jpg


・3.増殖性糖尿病性網膜症
   新生血管や増殖膜の出現や視力に影響するような大きな出血や
   網膜はく離

a0055913_14313959.jpg


です.
糖尿病が重症であるほど、糖尿病の羅病気管が長いほど、
網膜症も重症になる確立が高いです.

重症なものでは緑内障や網膜はく離のような合併症も引き起こします.
軽度であれば経過観察のみ、
進行していくとレーザー治療(網膜光凝固術)、
さらに進行すると手術(硝子体手術)となります.
硝子体手術を行う医師・病院が限られていたり(当院では困難です)、
白内障の手術と異なり手術を施行しても現状維持にとどまり
視力が回復しないこともしばしばあります.
しかし、全ての症例が末期の経過をたどるわけではなく、
早期の段階で定期健診を受けられれば視力に影響しないことが
多いのです.
糖尿病と診断されたら眼科受診をお勧めします.
検診は最寄りの眼科で可能です.
なお眼底検査の際は点眼で瞳を開きますので(散瞳)
帰りの車は運転できません.
どなたかに付き添っていただくか公共の交通手段でいかれた方が
いいと思います.
糖尿病はその他にも、白内障の進行、ピント調節障害などを
きたすこともあります.

ブログ管理人より
眼科定期検査のために
東可児病院眼科 萩原先生を受診しましょう.
優しい女医さんです.(そして美人です)
by yangt3 | 2006-02-24 14:32 | 一般
英国医師協会がネクタイの着用禁止呼びかけ
Exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081140470053.html
[ロンドン 20日 ロイター] 
英国の医者はネクタイや伝統的な白衣の着用を止めなければならない。
なぜなら、それらが超強力な細菌を蔓延させている可能性があるからだ。
英国の医師の4分の3が加盟している英国医師協会(BMA)は
月曜日に発表したレポートで、
ネクタイは患者の治療に際して特に効果がないだけでなく、
めったに洗われないので細菌の巣になっている可能性があると述べた。
英国だけでも毎年5000人もがMRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)などの
院内感染症で死亡しており、
国民保健サービスは対策に莫大な予算を費やしている。

医療スタッフがきちんと手を洗うことが、
「スーパーバグ」と呼ばれる超強力な細菌の蔓延を防ぐのに
最も重要な対策となる。

しかし、医師がネクタイをはじめとする
「効用の無い」服装をやめるといったような措置も、
院内感染の危険を最小限にする助けになると、
英国医師協会・科学委員会の副議長ピーター・マグワイア氏は述べた。

「手を洗い、清潔で目の細かい木綿など感染の可能性を最小限にする服装をし、
そしてネクタイのような意味のない慣習をやめれば、
大きな違いが出るはずです」とのこと。
---------------------------------------

a0055913_9445942.gif


ネクタイ、白衣が細菌の蔓延の原因になっているという
リポートがでました.
英国医師協会では、ネクタイ着用の禁止を呼びかけているそうです.

外来診療でのネクタイ着用はまだしも
病棟や重症患者の回診、処置、集中治療室での
ネクタイは、院内感染の原因になりそうです.

さらにいえば、聴診器も、1人の患者さんを診察するごとに
きちんと消毒をするべきで
それを怠れば、聴診器も、細菌蔓延の原因になるかもしれません.

医師がきちんとネクタイをして入る姿は
外目には、格好のよいものですが
それが細菌の蔓延の原因となるとしたら
みなさんは、どう思われるでしょうか.

現代の医療現場は、機能的であるべきであり、かつ
院内感染の危険を最小限にするように
いろいろと考えるべきです.
by yangt3 | 2006-02-23 09:45 | 一般
先日2月19日(日)に、
病院STAFF有志(Dr・事務・レントゲン・リハビリ・看護師)で
御岳ロープウェイスキー場へ行ってきました。
今回は院長が息子の遼君とともに参加されました。
さらに、夏季は看護師、冬季はスノーボーダーという異名を持つ
田口健太君もこのツアーに参加してくれました。
彼の妙技は本当に目を見張るものがありました。

a0055913_23252051.jpg


午前中は数回リフトに乗り、その後ゴンドラで
山頂から約4000mを滑走しました。
天気もよく非常に気持ちよかったのですが、
ゲレンデコンディション自体はイマイチで、
たまにある急勾配なコースでは多々苦戦をしいられていました(^^;)
 午後からはなんと!院長が遼君とともに
初スノーボードにチャレンジしていました!!
初めてにもかかわらず、院長、遼君ともに
驚異的な進歩をみせられました。
さすがスキーのベテランですね☆上達が早いです。
そして夕方までコンディションの悪い中、みんなで楽しく滑りました。
最終的にはみんな来たときよりも確実に進歩していました(^^)v

a0055913_23261766.jpg


  こんな感じで、例年に比べて雪は少ないですが、
もう1回みんなでいけたらいいなと思います☆
by yangt3 | 2006-02-21 23:26