もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2006年 03月 ( 56 )   > この月の画像一覧

待ち時間短縮の取り組み

病院での待ち時間については、以前より問題になっています.
ただでさえ病気のしんどい症状で、病院に来ているのに
病院に来てまで、待ち時間が長くかかるのは
非常につらいことです.
多くの病院では、予約システムを導入し
待ち時間の短縮を図っていますが
実際には、うまく機能していないのが実際です.
会津中央病院で、駅で外来予約を行い、待ち時間の短縮を図る
システムが導入されたそうです.

a0055913_12292653.gif


続きを読む.....
by yangt3 | 2006-03-31 12:30 | 一般
来春導入の次世代新幹線も全車両禁煙に

来春導入の次世代新幹線も全車両禁煙となるそうです.
公共の施設を始め駅構内なども
禁煙となって久しいですが
ついに新幹線内も客室内では完全禁煙となります.

a0055913_7512533.gif


もっと続きをみる.....
by yangt3 | 2006-03-31 07:52 | 一般
この春、東可児病院でも沢山の新人のかたが入職されます.
新たに仲間になる人たちのための
研修、教育カリキュラムの見直し、リニューアルのため
平成18年3月29日に
院内研修委員会が開催されました.

続きをみる....
by yangt3 | 2006-03-30 10:04 | 一般
先日紹介した 梅田 信夫氏の「ウェブ進化論」の話の続きです.

医療現場でもパソコンと同様に
日進月歩であらゆる医療機器が進歩を続けています.
電子カルテの導入も、徐々に進められており
医療の電子化と言う形で進化が進んでいます.
ウェブ進化論の知恵を医療に応用できるでしょうか.

a0055913_8244844.gif


もっと続きを読む.....
by yangt3 | 2006-03-30 08:27 | 一般
心不全で入院している患者で適応のある人全員に
ベータ遮断薬を退院時に処方すると何万もの命を救命できます.
心不全の方の退院時にベータ遮断薬であるカルベジロール
(日本での薬品名 アーチスト)を投与した患者の死亡リスクは
未投与の患者の半分以下になることが判りました.

a0055913_7485297.gif


続きをみる......
by yangt3 | 2006-03-29 07:50

みなさん、ご存知でしょうか.
心肺停止の心肺蘇生や
救急で日々活動しておられる救急救命士の方々ですが
法改正により 平成18年4月1日から
心肺停止状態の患者さんに対して
救急救命士の薬剤投与(エピネフリン投与)が
認められます.

もっと詳しく見る......
by yangt3 | 2006-03-28 17:37 | 一般
安静時および運動後の足首/上腕血圧指数(Ankle-Brachial Index)が、
死亡率の独立した予測因子である可能性あり

ABIという検査があります.
この比較的簡単な検査で末梢血管障害や
慢性閉塞性動脈硬化症(いわゆるASO)の
予後や死亡率を予測することができるそうです.

もっと詳しくみる.....
by yangt3 | 2006-03-28 08:46

禁煙はいくつになっても

禁煙はいくつになっても有用という
ニュースが掲載されていました.

続きをみる......
by yangt3 | 2006-03-27 13:50
東可児病院では、最新の乳房専用X線装置を
平成17年4月に設置し
乳房のX線検査(マンモグラフー)
を行うことが出来るようにになりました.

平成18年度より可児市の委託により
乳ガンマンモグラフー検診を行う予定でおります.

GE横河社製 セノグラフMDR+    
a0055913_8351690.gif


富士フイルム社製FCR PROFECT CS
a0055913_836214.gif


続きをもっとみる.....
by yangt3 | 2006-03-27 08:42
前の職場で、10年以上に長らく一緒に
仕事(苦楽)を伴にしたAさんが
退職されたそうです.
私がまだ 駆け出しの循環器科医のころからの付き合いで
もう10年以上になります.
人との出会いは、一期一会ですが
同じ職場で Aさんと含めて沢山の人たちと
10年以上一緒に仕事をしてきたものです.
恩師 古高先生も一緒でした.

私は、少しだけ早く 職場を移っていたのですが
Aさんは、これまで、ずっと働いてこられたのでした.

本当にお疲れさまでした.

またこれから、新しい場所で新しい生活が始まると思いますが
体に気をつけて お元気で過ごされることを
願っています.

またこれで 故 古高先生の思い出を共に語る人が
遠くに行ってしまわれます.

住む場所が遠く離れたとしても
思いが繋がっていれば 別れではないということです.

退職や、人事異動や新入職など
春は、出会いと別れの時期でもあります.

同じ思いや、希望や
そういったもので、これからも繋がって行けたらと思います.
by yangt3 | 2006-03-26 21:17 | 古高先生の想い出