もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東可児病院の関連施設である
介護老人福祉施設チェリーヴィラ広見苑では
平成18年6月30日(金曜日)に
半自動除細動器 AEDを設置しました.

a0055913_17502142.gif


AED設置により 施設の利用者の方々にも
安心して過ごしていただけると考えております.

可児市内の介護施設としてのAED設置は
かなり早いと思います.

今後、介護施設利用者の方々の心室細動や
救命救急に向けて
必要な救命処置が可能になりました.

チェリーヴィラ広見苑では
AED設置に伴い施設の全職員を対象に、
南消防署協力の下
7月2日、7月9日、7月16日に
施設2Fにて救命講習を予定しています.

これからもよろしくお願いします.
by yangt3 | 2006-06-30 17:51 | AED
最近、巷では、LOHAS(ロハス)という言葉が
話題になっていますね.
皆さんは、もうご存知でしょうか.

簡単にいえば、心と体と地球環境に優しい
生活習慣(ライフスタイル)がロハスです.
『ココロとカラダの健康と、
サステイナブル(持続可能)な地球環境を重視する
価値観とライフスタイル』ということになります.

LOHAS(ロハスまたはローハスと読みます)とは、
Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字をとった
キーワードです.

単なる一企業から発信されたキャンペーンではなく
健康や環境を守る新たなライフスタイルとして注目されています.
今後は、健康や医療への広まりが
期待されるところです.

a0055913_013647.gif


坂本 龍一 教授もロハスな人です.

続きを読む
by yangt3 | 2006-06-30 00:04 | ニュース
外来でもメタボリックシンドロームに当てはまる方が
増えてきたように思います.
以前とちがうことは、新聞やテレビで
このメタボリックシンドロームのことを耳にすることが
多くなり、多少なりとも自覚のある方、
直そうという気持ちのある方が増えてきた事でしょうか.

メタボリックシンドロームのキーワードは内臓脂肪です.
なんとかして、この内臓脂肪を減らす事が
できないでしょうか.

a0055913_016464.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-29 00:18

匠のわざ

先日御紹介したように
医療、病院の中では電子化、IT化が
進んでいます.
医療機器の驚異的な発展により
研修医の頃には、考えられなかったような
正確な画像診断が可能になっています.

高解像度、高性能となったCT検査により
心臓カテーテル検査でしか診断できなかった
冠動脈の狭窄や動脈硬化病変が
CTで診断ができるようになりつつあります.

最新のMRI検査を用いる事により
脳血管病変の高解像度の診断ができるように
なってきました.

医療技術、医療診断技術が進歩しても
それを扱うのは、人間です.
高度な機器の性能を最大限に使いこなしていくには
やはり専門の匠のワザが必要になります.

a0055913_0102336.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-28 00:12 | 一般
日本の医療は、今、大変な状況にあります.
小児科救急、産婦人科診療の危機的状況も
連日、マスコミを賑わせています.

国の政策として医療費抑制の圧力があり
看護師、医師などのスタッフの補充も十分でなく
医療現場の労働環境の悪化は深刻です.

増加する医療訴訟により安全要求も強い圧力と
なっています.

日々悪化する医療現場から中堅の医師たちが
病院から離れ始めており、
病院の医療は深刻な事態を迎えています.

このまま日本の良き医療は崩壊してしまうのでしょうか.

a0055913_044613.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-27 00:06 | 皆さんに紹介したい本
画像配信寿司手厶(PACS)を用いる事により
脳神経外科の診療のスタイルも変わります.
循環器科と同様に
脳血管外科においても多くの画像診断が
行われます.
CT検査、MRI検査、脳血管造影検査など
多くの医療画像が、PACSを用いる事により
より確実に、迅速に
救急外来の場から脳外科専門医の元に
必要な画像を届ける事ができます.

a0055913_0211881.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-26 00:28
東可児病院では、6月中旬より
新しい画像配信システム(PACS)が稼働開始しました.

このPACSにより
循環器診療のスタイルも変わりました.
より洗練されたスマートなスタイルになり
検査や治療を受けられた患者さんへの
説明もよりくわしく
より正確に行う事が可能になりました.

a0055913_042082.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-25 00:08
東可児病院では、院内IT化の一環として
画像配信システムを導入いたしました.

PACSと呼ばれるもので
従来の現像したフィルムによる画像から
デジタル画像配信による
高精度で迅速な画僧診断が
可能となりました.

当院放射線科よりその詳細を
紹介してもらいます.

a0055913_0104340.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-24 00:13
事故で頭部外傷となり昏睡状態にあった
10歳の女の子が、大好きな曲を聞いて
意識を取り戻したそうです.

昏睡状態の少女、ブラントの曲で目覚める
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2110442/detail?rd

a0055913_0114127.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-23 00:12 | ニュース
先日の6月17日(土曜日)に、
可児市文化創造センター(ala)で
医療接遇カウンセラーである大島昭子先生をお招きして
東可児病院とチェリーヴィラ広見苑合同の
接遇セミナーが開催されました。

a0055913_022252.gif


続きを読む
by yangt3 | 2006-06-22 00:04 | 学会、勉強、研修など