もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2007年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

これからの情報収集

医学部に入学が決まって喜びもつかの間
医学部新入生の入学説明会に出て
まず驚くのは、医学部の講義で使う
教科書がやたらと高価なことです.

医学部の講義に必須である解剖学の教科書は
知る人ぞ知る
グレイ解剖学 という大部の書物であり
購入させられたのは日本語ではなく英語で書かれた
原書でした.その当時で2万円ほどかかりました.

a0055913_0102230.gif


(けっこう、この本には、いろいろと恨みがあるせいか
 よく私のブログの記事に登場しますね.)

それ以外にも様々な基礎医学の教科書を
たくさん購入しなければならず
教科書代だけで軽く10万を超えてしまった
記憶があります.

それ以来、書籍に関する金銭感覚がおかしくなって
現在に至っています(笑)

高いお金を出して購入した原書の解剖学書ですが
持ち歩くだけで、かなりの体力を必要とする代物で
枕にするにはちょうどよいのですが
大きな本にびっしりと細かい英語の文字が
並んでいるのを眺めては
結局ほとんど目を通すことはありませんでした.

その後も、なんどか英語の原書や教科書に挑戦を
試みていますが、原書の敷居はかなり高く
実習や試験の前ともなれば、医学生の誰もが
英語の書を捨てて、われらの日本語で書かれた
容易な教科書を片手に勉強していたのでした.

もちろん医師国家試験の勉強もメインも
日本語の教科書でした(笑)

続きを読む
by yangt3 | 2007-04-30 00:13 | コーヒーブレイク(雑談)
医学部の臨床実習を前に
生まれて初めてのマイ聴診器を購入しました.
その後、実際に仕事に使い始めると
(それほど熱心に使ったわけでも内のですが)
耳に当てるゴムの部分がこわれたり
身体に当てる部分のゴムがとれたり
場合によっては聴診器の本体の部分が
ポキッと折れたりして、使用不能になりました.

そんなわけで、もう何本も
聴診器を買い替えて使い続けています.
今使っている聴診器は、そう5本目位じゃないでしょうか.
仕事には使えなくなった聴診器は
自宅に引き取られて、子供たちのおもちゃになっています.

もちろん子供たちが風邪を引いた時、体調が悪い時には
パパとママが聴診器を子供にあててあげて
肺の音や呼吸音を聴いています.

子供たちも家に聴診器が自然にある暮らしに
慣れてしまいました.(どんなお家でしょう!)

子供もある年齢になるとお医者さんごっこなどで
あそぶわけですが、うちの場合、本物の聴診器で
お医者さんごっこをするわけです(笑)

a0055913_752169.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-29 07:57 | ニュース

ドクターヘリ

4月27日(金曜日)の夕方のテレビニュースで
愛知医大のドクターヘリが紹介されていました.

おりしもドクターヘリの全国配備を目指す
特別議員立法が、今国会で成立する見通しです.

-------東京新聞 TOKYO Web 2007.04.26
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007042601000553.html

 ドクターヘリは、救急医療の専門医を乗せて
 患者の元に急行し、治療しながら病院に搬送する。
 離島や山間部など大規模な病院がない地域での
 救命率向上や後遺症軽減への効果が期待されている。
 同法案はドクターヘリの普及のため、ヘリを
 配備する救命救急センター指定病院に対する
 国や都道府県からの補助制度を定めたほか、
 民間からの寄付による基金を設置して助成金を交付する。
 ドクターヘリは現在、10道県で11機が導入されている。
---------------------------------------------
重症外傷、多発外傷、重症熱傷などや
急性心筋梗塞、心原性ショック、解離性大動脈瘤、
大動脈瘤破裂などの生命の危険が切迫している
患者さんの搬送に、ドクターヘリは
威力を発揮します.

これを機にドクターヘリの普及が期待されます.

a0055913_0291390.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-28 00:30 | ニュース
ブログの記事更新のために
毎日Googleで医療関係、健康関係の
ニュースをチェックしています.

ニュースソースとしては、様々なウェブサイト
各社新聞社のオンラインページなどがほとんどです.

最近のニュースでは、お酒に関して
2種類の記事がありました.

---------"休肝日"週2回以下だと死亡率は1.8倍!厚労省
http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/
200704/07/soci204455.html

---------心筋梗塞予防、やっぱり「お酒に効果」 厚労省研究班
http://www.asahi.com/health/news/
TKY200704060330.html

お酒をどのようにして飲んだら健康によいのか
ニュースを見るだけでは
よくわからないですね.
a0055913_0105048.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-27 00:12 | 皆さんに紹介したい本

長寿の秘訣?

このストレスの多い社会で
のんびり暮らしていくのは
なかなか難しいことです.

毎日毎日テレビや新聞では悲しいニュースが
流れています.

地球温暖化を含めた環境問題も
自分たちの子供のことを考えると
かなりせっぱ詰まった気持ちになり
いてもたってもいられない気分になります.

三つ子の魂百までといいますが
ストレスにさらされた時の反応というのは
あまり子供の頃と変わっていないのかもしれません.

a0055913_062195.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-26 00:07 | コーヒーブレイク(雑談)

進化する電子カルテ

病院で泊まり込みの日々が続いています.
通常の勤務、当直の分担の業務に加えて
受け持ち患者さんの調子が悪くなれば
ずっとベッドサイドでのケアが続き
病院に泊まり込みとなります.

家にもなかなか帰れず、子供の顔さえ
見られないしんどい日々が続くのですが
病院で元気に働けるのも
家族のみんながいつも元気だと思うからこそです.

お互いに連絡がないのは元気な証拠と
わりきって暮らしていますが
寂しいことには代わりありません

もし大災害が発生した時に
医療従事者としては、まず病院での患者さんの
安全確保に努める必要があります.

それでも一個人として、そんな時には
家族の元に駆けつけたいと思うものです.

GPSや、無線、電子機器、ネットを利用して
大災害の時も自分の家族の場所や安否が即座に確認でき
安心してまた仕事に専念できるシステムがあれば、と
思います.

a0055913_072768.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-25 00:12
心臓手術、外科手術、脳外科手術など
技術的に困難な治療や手術は
ブラックジャックのように
医師の華麗なテクニックや技術に
支えられています.

繊細な技術を必要とするために
プロのスポーツ選手や大リーガーのように
年齢とともに技術の衰えや視力、体力の衰えなど
によって、現役でいられる時間や年数も
限られてしまいます.

様々な経験知は、年齢とともに
上昇しますが、体力の低下によって
いつか手術現場から離れざるを得ないのが現状です.

a0055913_1424453.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-24 01:43 | ニュース

デジャビュー

ある物を目にしたり、音楽が耳に入ったりして
なぜだか涙がこぼれそうになることがあります.

いつかどこかで見たり聞いたりした風景.
Deja-vu(デジャ・ビュ)

たとえば子供が泣いている姿をみて
なぜだか自分の子供の頃を思い出したり.

病状を説明する席で
家族の方の目に涙がこぼれた時
自分自身の、昔の悲しみを思い出したり.

医療の世界に、永らく身を置いていると
幾度となく、物言わず、冷たい身体となって
病院から自宅に帰られるのを、何人も見送ってきました.

病院から離れる迎えの車の赤い光を
ぼんやり眺めながら、つらい気持ちを噛みしめていました.
これもなんども繰り返された風景.

大切なあの人を見送った時の記憶と
重なってきます.

a0055913_094256.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-23 00:11 | コーヒーブレイク(雑談)
慢性疾患の治療において
よく頭を悩ませることは
せっかく処方した治療の薬を
さまざまな理由によって服用してくれないことです.

高齢者の方、認知症のある方は当然のこと
身近な介助者の手助けがなければ
きちんと薬を飲むことができず
治療に支障をきたします.

たとえば結核のような伝染性疾患の場合は
抗結核薬のきちんとした内服が必要であり
経口投与が困難な症例でも
様々な工夫をして、結核治療を継続する必要があります.

心臓病においても降圧剤や利尿剤などを
飲みわすれたり、正しい服用ができず飲み過ぎたりすれば
治療に支障を来すばかりか、思わぬ薬の合併症に
苦しむことになります.

歯に仕込まれたサイバネティック装置を使い
自動的に慢性病の患者に薬を飲ませてくれる
研究が行われています.

a0055913_954508.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-22 00:24 | ニュース

消防救急車 登場!

医療関係の仕事をしているせいも
あると思いますが
私の子供たちは、救急車、消防車、パトカーなど
緊急自動車が大好きです.

街ですれちがえば「あ!救急車だ!」と
大喜びだったりします.

当直や緊急呼び出しでなかなか
家に帰ることのできないパパのために
小さい頃から、病院にきて
お弁当を届けてくれたりしていました.

だから子供たちは白衣の人をみても
それほど怖がることもありません.

そんな子供たちにとってびっくりするような
救急自動車が誕生したそうです.
消防救急車だそうです.

a0055913_0185489.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2007-04-21 00:19 | ニュース