もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2007年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

地域の医師不足によって
小児科、産婦人科、そして循環器科などなど
さまざまな分野において
診療、救急のピンチが生じている今日この頃.
連日、緊急の仕事に追われています.

昨日も6時過ぎまで、カテ室にて仕事をし
術後管理やカル手書きを終わってみれば
もうすでに10時.

気がつけば、お昼ご飯を食べていないことに
今更ながらに気付いたりしました.

そしてまた、今日も朝一番で
緊急がはいり、カテチーム一同
大活躍の一日でした.

仕事も医療も結局は、熱意というかハートというか
気持ちの持ち方だと思っています.

誰にも負けない気持ちでいるつもりですが
こんな記事を読むと、まだまだ自分の未熟さに
思い至ります.

a0055913_1993991.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-30 18:56 | ニュース

糖尿病が増えている!

ご存知のように
狭心症や急性心筋梗塞の原因として
糖尿病は非常に重要です.

糖尿病の方の狭心症や急性心筋梗塞は
症状が重篤になることも多く
また糖尿病の治療をきちんと行わなければ
症状の再発も心配されます.

40齋以上の糖尿病の患者さんが増えているそうです.

-----MSN.ニュース(毎日新聞) 2007.5.25
糖尿病:40歳以上の患者・予備群、33.3%に
−−06年厚労省調査
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/archive/news/2007/05/20070525ddm013100171000c.html

 40歳以上の人で、糖尿病患者と予備群の割合が
 33・3%に達したことが、厚生労働省の
 「06年国民健康・栄養調査速報」で分かった。
 06年10月1日の推計人口に基づく推計では、
 有病者は約830万人、
 予備群は約1490万人に達することになる。

a0055913_7404730.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-29 07:36 | ニュース

進む医療崩壊

相も変わらず地域での医療崩壊が
進んでいます.

心臓救急、循環器においても
地域の医師不足が深刻です.

----------岩手日報 2007.5.27
循環器科、診療ピンチ 県立宮古病院
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070521_3

 宮古市の県立宮古病院では、循環器科の常勤4人のうち
 新年度になって2人に半減、残る2人も6月で転出となり
 循環器診療がピンチに陥っている.
 これまでに狭心症や急性心筋梗塞のカテーテル治療を
 年間100例ほど実施してきたものの
 4月以降は、治療が困難となるとのこと.
 医師不足は全ての科に及んでいる.

---------長野日報 2007.5.25
社会 : 伊那中央病院地域救急医療センター 専従医師4人減へ
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=7237 

 伊那中央病院(伊那市)の地域救急医療センターで、
 4月当初6人いた専従医師が大学病院などへの異動や
 退職により7月から2人となる見通しであることが
 5月24日、分かった.病院では医師の確保に努めるとともに、
 上伊那医師会と対応策の協議を始めたが、
 救急患者の8─9割を占める比較的軽症な1次救急患者は
 「受け入れを制限せざるを得ない」(小川秋実院長)といい、
 地域医療の在り方にも大きな影響を与えそうだ.

この医療崩壊を防ぐ手だては本当にないのでしょうか.

a0055913_014464.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-28 00:03 | ニュース

久しぶりに歯科へ

先日、歯科治療に出かけてきました
平日は、仕事が遅くまであって
ずっと時間を作れずにいました.

やっと念願の歯科通院となりました.
とはいうものの治療台の上で
順番を待つのは、やっぱりあまり
よい気分はしなかったですが(笑)

かの世界の王監督の
奥歯がぼろぼろであったという
有名な話があります.

超人的な努力と試合での集中から
奥歯をぐっと噛みしめるために
その長年のストレスでぼろぼろになった
ということらしいです.

医療関係者も、仕事は不規則で
夜間の呼び出しもあり、夜勤も多く
食事も不規則になったりと
歯科も含めて身体にはあまりよくない環境で
働いています.

歯科治療を受けながら
久しぶりに、自分の身体の手入れを
できる幸せを、しみじみと感じていました(笑)

a0055913_10331645.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-27 10:33 | コーヒーブレイク(雑談)
毎日、循環器の検査所見や
心臓カテーテル治療の所見は
わが愛しのMacBook Pro 17 インチで
レポートを作っています.

この何年かは、PowerBookから始まって
現在のMacBook Proに至るまで
ノートを愛用しています.

これまでマウスは使わず
トラックパッドだけで全ての作業を
行ってきました.

さすがに作業量が増えてくると
トラックバッドだけでは指が疲れてきました.

ようやくというべきか
先日、Apple wireless Mighty Mouseを
購入しました.

a0055913_0151271.gif


アップル
http://www.apple.com/jp/

続きを読む
by yangt3 | 2007-05-26 00:15 | マッキントッシュ

眠れない夜

最近、当直明けの次の日に
くたくたになって疲れ切った夜に
病院からの呼び出しの電話がなるという
そんなジンクスが定着しています.

先日もそんなわけで当直明けで
疲れて仮眠を取っているところに
病院からの電話が鳴りました.

急性心不全で起座呼吸となり
酸素投与によっても状態が改善しないとのこと.
取るものも取りあえず
すぐに病院にとって帰って
夜勤の看護スタッフとともに
救急処置を行いました.

循環器科医師にとって
平和な夜はあまりないみたいです.

a0055913_23353479.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-24 23:27 | 一般

診療科の消滅

私が研修医の頃に胃カメラ、大腸ファイバーなど
消化器の分野を教わった上司の先生は
それはそれは素晴らしい先生でした.

いまから思えばカリスマってやつで
救急外来で暴れている患者さんも
その先生が一言、一喝するだけで
たちどころに大人しくなるというような
そんな先生でした.

患者にも優しく、研修医や下っ端にも優しく
ばかな質問にも、怒ることなく親身に教えてくれて
その先生が話をする時には
研修医一同、目を輝かせて聞き入ったものでした.

今どき、なかなかそんな先生に
そんな上司に巡り合うのは、難しいことです.

a0055913_22422429.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-22 22:39 | ニュース

天竺熱風録

私が大学生になったころは
今のような1DKや個室マンションのような
こぎれいな下宿は少なく
ほとんど多くの学生たちは
いわゆるお風呂、トイレ共用の
アパートに下宿していました.

賄い付きの下宿は少なく、学生たちは
みんな思い思いに学生相手の安い飯屋で
格安のご飯を食べるか
料理の得意な先輩のお家に集まって
夕食をごちそうになるか、という暮らしでした.

大盛りカレーライスが一杯250円
夕食の定食が350円位だった頃の話です.

今から思えば随分安上がりな学生生活というべきか
苦学生だったようです.

a0055913_22282745.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-21 22:24 | 皆さんに紹介したい本

守護天使

連休中にやたらと緊急コールが多かった
わけでもないでしょうが
最近、携帯の調子が悪くて困っていました.

今の機種は使い始めて3年.
受診できてもこちらの声が聞こえないとか.
途中で急に電源が落ちてしまうとか.

たいていは、家と病院くらいしか
電話を使わないのですが(笑)
これじゃオンコールに困るので
昨日さっそく新しい携帯に交換してきました.

この古い携帯では、この3年間に
たくさんの救急コールを受けてきました.

恩師の訃報を知ったのもこの携帯電話でした.

a0055913_8512244.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-20 08:48 | 皆さんに紹介したい本
私が研修を始めた頃は
急性心筋梗塞の患者さんに対しては
すぐにカテーテル治療を行うよりも
まずウロキナーゼやヘパリンなどの投与を行う
非侵襲的な治療が主流でした.

医学部のポリクリ(臨床実習)で
循環器科をローテートした時にも
やっと急性期の冠動脈造影が行われ始めた頃で
少しずつPTCR (経皮的冠動脈再潅流療法)が
大学病院で行われ始めた頃でした.
(まったく時代掛かっていますね!)

PTCRというのは、冠動脈の入り口においた
カテーテルから血栓を溶解するための薬を
直接冠動脈に注入して治療する方法です.

その後、急性心筋梗塞、急性冠症候群の治療は
皆さんもご存知のように劇的な発展を遂げています.

a0055913_02191.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-05-19 00:13 | 古高先生の想い出