もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

肥満とネットワーク

外来や病棟でいろいろな患者さんと
そのご家族に接する機会が多いです.

本当に親子というのは、良く似ていると思います.
見た目だけでなく、ちょっとしたしぐさや
話しぶりさえ、そっくりであったりします.

家族、血縁の関係だけでなく
尊敬する人に対しては、いつしか一挙一動、話し方に至るまで
知らず知らずのうちにまねをしている事がよくあります.

私の先輩の院長の元で働いている
これまた私の後輩は、最近、話し方や考え方が
院長とそっくりになってきて驚いています.

家族や血縁、環境などが物の考え方、生活習慣、哲学などなど
いろいろなものに影響しているということだと思います.

こうした中で、友人、兄弟姉妹のネットワークの中での
肥満の連鎖についての論文が発表されました.

a0055913_02025.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-31 00:03 | ニュース
少数をもって多数の敵を討つというのは
日本人の好む所です.

織田信長の桶狭間の戦いが然り.

歴史的には、興味のあるところでしょうが
こういった奇襲作戦はあくまで特殊な例でしょう.

やはり戦いの前に、よく研究をつくし、敵を知り
相手よりもより多くの物資と人員を整えて
戦いに臨むのが王道だと思います.

「要するに三、四〇〇〇年前から戦いの本質というものは
変化していない.戦場につくまでは補給が、
着いてからは指揮官の質が、勝敗を左右する.」
(銀河英雄伝説 黎明篇 ヤン・ウェンリー)

日本の医療問題も、医師、看護師の資質について
議論されることが多いのですが
医療に置ける補給の問題、つまり財政そして
ロジスティクスを忘れてはならないと思います.

ロジスティクス
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロジスティクス

a0055913_06348.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-30 00:07 | 皆さんに紹介したい本

「大学病院革命」を読む

最近、医療問題の本をよく読んでいます.
日々現場で働くものとしても
現在の医療を取り巻く環境に無関心ではいられません.

とはいえ毎日の外来、検査、治療、当直に追われ
ゆっくりと考える時間をとれないのも事実です.

またあまりに現場に近すぎて見えないものも
あるかもしれません.
現場でしかわからないことも当然あるでしょう.

ある方の勧めによって
黒川 清 氏の
大学病院革命 を読みました.

a0055913_082869.gif


いつも出かけている書店では手に入らず
ネットで購入でした.

続きを読む
by yangt3 | 2007-07-29 00:10 | 皆さんに紹介したい本

処方せん

医学部学生の頃は、大学病院には、当然のように
院内薬局があって、診察、診療を終えた患者さんたちは
同じ病院内にある薬局の窓口で薬をもらっていました.

研修先の病院でも、その後に努めた病院でも
病院内に薬局があって、院内処方を当たり前のように
思っていました.

最近では、院外処方のほうが多くなっているようです.
厚生労働省が進める医薬分業の精度の伴い
広まったものです.

院内処方であれ、院外処方であれ、こと治療薬、薬剤において
薬剤師の方々は、専門的教育を受けたプロフェッショナルです.

基本は、医師や病院スタッフと薬剤師が協力して
患者さんの治療にケアにそれぞれの責任をもって
努力するということだと思います

a0055913_7522458.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-28 07:55 | コーヒーブレイク(雑談)
うちの子供たちも小学生となり
一緒にテレビを見ていて
なにかあると、いつも「どうして」「なんで」と
質問攻めです.

そういう意味では、ポケモンの映画とかテレビは
安心して観ていられるのですが
他のものだと、時々びっくりしてしまう事もあります.

青少年に悪影響を及ぼすという問題について
子供の保護者として、毎日のテレビとかを
見てみると、気になる点も多いと思います.

ディズニー映画は喫煙シーンを全面追放するそうです.

a0055913_022988.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-27 00:03 | ニュース

地域医療

私が子供のころは
病院というと、近くの医院か
市民病院や公立病院にでかけていました.
田舎で少年時代を暮らした為
ちょっとややこしい病気となると
電車やバスを乗り継いで遠くの町の公立病院にまで
出かけていました.

大学病院まで出かけようとなると、それこそ一泊、二泊は覚悟して
それなりの準備をしていかなければ、受診できませんでした.

そう田舎の少年にとっては、大学病院などは
まるで王宮か宮殿のような響きがありました.

そんな地域医療を支えてきた自治体病院が
どんどん苦しくなっているそうです.

-------------asahi.com 2007.07.19
自治体病院の74%、赤字予想 診療報酬下げなど影響
http://www.asahi.com/health/news/TKY200707180672.html

a0055913_0164121.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-26 00:03 | ニュース

生物と無生物のあいだ

苦労して勉強してやっと医学部にはいって
やる気で満ちあふれた医学部学生を
満ち受けているのはいわゆる教養と呼ばれる講義です.

一般の大学生と同様に、語学があり、さまざまな
医学の専門以外の講義があり
今から思うと、ずいぶん大らかな2年間の教育機関でした.

そんな私たちを迎えたのは
分子生物学;Molecular Biologyでした.

解剖学、組織学も、病理学も従来のマクロの肉眼的、
顕微鏡的な観察に留まらず
電子顕微鏡をもとにした新しい知見や分子生物学的な話が
これから医学を学ぼうとする私たちの心に
ヒットしたのです.

a0055913_834193.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-25 08:35 | 皆さんに紹介したい本

WAVE Study

動脈硬化によるアテローム性末梢動脈疾患(PAD)は
高齢化とともに、増加しています.

当院では、開院当初に脳神経外科を中心として
始められた病院であることもあり
脳梗塞、脳出血などの脳卒中患者さんが多いのが
特徴です.

長期通院されている方も多く
パナルジン、バイアスピリンなどの坑血小板薬や
ワーファリンなどの経口抗凝固療法などの治療を
すでに受けられていることも多いです.

脳卒中、心筋梗塞などの疾患の動脈硬化リスクは
末梢動脈疾患と同様であり
坑血小板薬、坑凝固療法などの治療により
そのリスクを減らせると期待されています.

一方で、高齢者へのこうした坑血小板療法や経口抗凝固療法は
出血のリスクや出血性潰瘍などのリスクを
増加させることも懸念されます.

今回、NEJMにWAVE 研究の結果が報告されました.

a0055913_7341956.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-24 07:35 | ニュース

ガイドワイヤー

心臓カテーテル治療の基本は
閉塞したり狭窄した冠動脈の血管の病変部分を
バルーンなどで拡張し、最終的にはステントを植え込みして
冠動脈の良好な血流を保つ事です.

バルーンカテーテルや、最新の薬剤溶出ステントを
冠動脈病変に進めるにあたっては
冠動脈用のガイドワイヤーをまず病変に進める必要があります.

通常の狭心症や急性心筋梗塞などの症例においては
ガイドワイヤーが通らないということはめったにありません.

冠動脈の屈曲が強い病変であるとか
慢性完全閉塞病変のように、非常に石灰化の強い固い病変などでは
ガイドワイヤーの通過に難渋することがあります.

すべての心臓カテーテルの治療において
このガイドワイヤーの通過こそが全てのポイントになります.
ガイドワイヤーが通過しなければ、その後の治療も手技も
行う事ができません.

a0055913_8552763.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-07-23 08:57 | カテーテルの話題

B級

私は、昔からB級と呼ばれるものが好きです.
B級映画、B級フードなどなど.

映画でいえばアカデミー賞を受賞した作品とか
有名な監督の作品じゃなくて
日本では未公開というような、知る人ぞ知るというような
そんな味のある作品が好みです.

ちょっと昔の映画でいえば
「ハルマゲドン」とか「インデペンデンスデイ」よりは
「マーズ・アタック!」のような作品が好きです.
皆さんはご覧になりましたか?

a0055913_2401169.gif


鳴り物入りであった最近の「宇宙大戦争」よりは
「銀河ヒッチハイクガイド」の方が好きです.

その心は、権威に頼らないところだったり
しがらみに縛られず伸び伸びとやっているところだったり
ゼロから作っているところだったり、ということでしょうか.

実生活に話を戻せば、判官びいきということかもしれません.
弱いもの、はかないものを応援したくなるということでしょうか.

続きを読む
by yangt3 | 2007-07-22 02:42 | コーヒーブレイク(雑談)