もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

平成19年12月1日(土曜日)は
研究会参加のために
午前中の循環器外来は休診となります.

あしからずご了承ください.

今回は、定期的に参加している
i-iVUSという研究会です.

i-iVUS
http://i-ivus.jp/index.html

a0055913_1652269.gif


私の他、病院内の若手たちと一緒に参加します.

来週も週末は、鎌倉ライブのため
横浜方面に出張となります.

研究会、勉強会で得たことは
すぐに現場にフィードバックさせて行く予定です.
by yangt3 | 2007-11-30 16:52 | 学会、勉強、研修など
いくつかあるよくある質問ですが
「好きな戦国武将は誰ですか?」
というのがあります.

徳川家康が好きか.
豊臣秀吉がすきか.
織田信長が好きか.

血液型と同じく、好きな戦国武将というのは
いわゆる ベテランの年齢になった男性にとっては
興味深い話題かもしれません.

私の周りを見回してみると
織田信長が好きな人が割と多いようです.

そして 織田信長といえば 桶狭間の戦いで代表されるような
少数をもって多数を討つという
いかにも日本人好みな部分が、魅力となっていると思います.

a0055913_19382753.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-29 19:40 | 一般
最近、日頃の勉強会の成果と個人の努力もあってか
緊急症例の心電図について
看護師さんたちも、かなり読めるようになりました.

日々カテ室では、緊急症例の心電図を前にして
責任病変を当てる競争が行われています.

曰く;II、III、aVfでSTが上昇しているから右冠動脈だ、とか
曰く;前胸部誘導のV2 〜 V6 まで ST 上昇があるから
   左前下行枝だとか.

急性心筋梗塞などの緊急の場合は
すぐにカテ室で答えがわかってしまうのでごまかしが
ききません.
おのずと心電図読解力が身に付く事になります.

今、病棟スタッフとともに取り組んでいるのは、
心電図やレントゲンなどの
基本的な検査の理解だけでなく
診断学の基本である患者さんの経過から
病状を把握しようということです.

つまりアナムネ、問診、予診と呼ばれるもので
患者さんの話をよーく聞く事から、全てを始めようという
当たり前といえば当たり前の取り組みです.

a0055913_10155063.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-28 10:16 | がんばれ新人さん

不整脈

アメリカのチェイニー副大統領が不整脈で
手当てを受けたそうです.

-------asahi.com 2007.11.27
チェイニー米副大統領、不整脈で手当て
http://www.asahi.com/international/update/1127/JJT200711270007.html

 チェイニー米副大統領(66)が26日、不整脈の一種である心房細動を起こし、
 ワシントン市内の病院で手当てを受けた.
 ホワイトハウスによると、電気的な刺激による治療に成功、
 副大統領は無事帰宅した.27日に通常通り執務を再開する.
 副大統領は心臓発作を過去に4回起こすなど健康不安を抱えている.
------------------------------------------------------------------
記事によれば
チェイニー副大統領は、どうやら 心房細動だったようです.

不整脈で病院に受診された方々、とりわけ
年配の方には、病状説明しても
うまく伝えられない事がよくあります.

そんな時に、有名人のお話と関連させると
よく理解してもらえます.

心房細動は、ありふれた疾患ですが
きちんと管理と、治療が必要な不整脈です.

a0055913_17325282.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-27 17:33 | ニュース

時は金なり

Time is Money ;時は金なり.
そんな言葉があります.

子供の頃、学生の頃は、いろいろな格言や
こんな言葉を聞いても、今一つピンと
来ませんでした.

今から思えば、随分と時間を無為に過ごした思いもあります.
あの時、もっと勉強していたら、とか.
あの時、もっと頑張っていたら、とか.

タイムマシに乗って、あの頃に戻れば
もう少し、マシなやり方があるかも知れませんが
それもせん無き事.

時間のありがたみが身にしみる今日この頃です.
仕事のために、まとまった自分や家族のための時間が
なかなかとれません.

a0055913_13145091.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-26 13:15 | コーヒーブレイク(雑談)

正義の味方、誰の味方?

以前に勤めていた病院に紹介した患者さんが
無事に検査を終えて、本日の外来にやって来られました.

ちょっとした伝言を携えて.

仮にSさんとしておきましょう.
以前の病院で一緒に働いていた看護師さんが
ちょうどこの患者さんの担当だったそうです.

かなり個性的な看護師さんで、アルコールがめっぽう強く
つまりは大酒飲みで、酔っぱらうと
誰彼構わずに、プロレスの技なんかをかけてきて
私も、彼女の腰を痛めた事があります(笑)

看護の仕事のほうは、秀才肌でなんでもそつなくこなすという
タイプではなく、どちらかといえば直感型、もしくは直情型.

救急の修羅場をくぐってきたせいか、なぜか
動物的なカンは一級品であって
彼女が、「先生、やばいよ!」と叫ぶ時には
こちらも心してかからねば
患者さんの容体の急変に慌てふためく事になります.

a0055913_015399.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-25 00:03 | コーヒーブレイク(雑談)

12月は勉強の月

年末は、いつも忙しくなりますが
研究会や学会も数多くあり、こちらも
欠かす事が出来ません.

現在の所、参加予定にしているものは

12月1日 i-IVUS 第14回 研究会

12月7日~9日 第14回鎌倉ライブデモンストレーション

の二つがメインです.

これ以外にも、小さな会合も、暇を見つけては
参加したいと思っています.

i-IVUS 第14回研究会では
弱輩ながら、コメンテーターとして参加させて
頂く予定です.

こちらにも関連記事があります.
 タマ日記 i-ivus
http://blogs.yahoo.co.jp/tamaoking1029/38167.html

a0055913_011399.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-24 00:02 | 学会、勉強、研修など

へんなジンクス

長らく医者として仕事をしていると
自分なりに、いろいろとジンクスがあるのに
気がついています.

冬場となり、そろそろ冬タイヤに履き替える時期ですが
私の場合、タイヤ交換をすると
緊急が入るというのが、そのジンクスの一つです.

このジンクスに関しては、かなりの確率であって
年に2回はタイヤ交換をするわけですから
タイヤ交換の度に
緊急で呼ばれています.

困る事は、緊急で呼ばれても車がすぐには
使えない事で、呼ばれた方も、ちょっとだけ
どきどきしています.

そんなわけで、本日、ついに意を決して
我が愛車のタイヤ交換を決行することにしました.
はたして今年もジンクスが本当となるかどうか.

カテ室スタッフの皆さんは、そんなわけですので
よろしくお願いしますね(笑)

a0055913_1137312.gif

by yangt3 | 2007-11-23 11:37 | コーヒーブレイク(雑談)
循環器の外来では
ことあるごとに、通院されている方々に
運動を勧めています.

とはいうものの、日ごとに寒さが厳しくなる今日この頃.
運動といっても、一体何をしたらよいのやら.
かくいう私も、仕事から帰ると、もうぐったりで
今さら運動する気力もおきません(笑)

昔、一緒に仕事をしていた外科チームの人たちは
暇さえあれば、仕事の後に、近くのジムに通って
せっせと運動をしていました.

沢山運動をしていて、それはすごいと感心していたのですが
そのあと同じように沢山ビールを飲んでいたんで
効果は、プラスマイナスゼロといったところでしたね(笑)

ちなみにうちの子供たちは、パパと違って
地元のスポーツクラブでスイミングをやっています.

a0055913_18182749.gif


運動することが一番シンプルな心臓病の予防になります.

-------------CNN.co.jp 2007.11.18
「エスカレーターより階段を」 呼び掛けで大きな効果と
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200711180019.html

続きを読む
by yangt3 | 2007-11-22 18:19 | ニュース
人間の皮膚から各種の組織のもとになる
万能細胞を作成することに成功したそうです.

このほど日本の京大と
アメリカのウィスコンシン大での2施設での
同時に発表された成果です.

-----asahi.com 2007.11.20
人間の皮膚から万能細胞 京大教授ら、再生医療へ前進
http://www.asahi.com/science/update/1120/TKY200711200405.html

----YOMIURI ONLINE 2007.11.21
ヒト皮膚から万能細胞…京大チーム
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20071121ke02.htm

移植医療、再生医療で問題となっていた
組織の拒絶反応を
今回の万能細胞を用いることにより
克服することができるそうです.

a0055913_1784267.gif


続きを読む
by yangt3 | 2007-11-21 17:09 | ニュース